今注目のニュース
総務省、2人以上世帯のネット通販利用率が5月に初の5割突破
福島県で激しい雨 夕方まで土砂災害など警戒
プロ野球ホークスが無観客試合の応援団に「Pepper」と4足ロボ「Spot」大量配置 「BAD END後の世界のよう」と評判

虐殺単語

ギャクサツ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(15)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

虐殺とは、むごたらしく殺すこと、また大量に殺すことである。

概要

どんな殺し方がむごたらしいかは主観による。またマスコミなどはしばしば(多くの場合少数者に対して多数者がする形、ないしは抵抗できない集団を一方的に殺すというニュアンスで)大量に殺す意味で使う。また、ゲームなどで一方的に惨敗することや、ザコ敵サクサク殺す様のたとえ。

これまでに知られている虐殺の例を見ると、何らかの宗教的信念、政治イデオロギーやそれに基づく全体主義民族的嫌悪・憎悪などが絡んだ際に虐殺が発生しやすい。

いくつかの宗教典には、神話時代における敵勢の虐殺を描く内容が含まれている。失敗はしたものの、オウム真理教サリンヘリコプターから東京に散布して東京都民を大量虐殺する計画を練っていた。

ナチスドイツユダヤ人やロマ(ジプシー)・同性愛者・障者などを強制収容所に送り大量に虐殺していたことはよく知られている。これはそれらの人々への差別感や偏見、そして嫌悪・憎悪が要因となっている。

共産主義生「スターリン義」や「毛沢東義」を絶対視する全体主義国家であったソビエト連邦中華人民共和国では、様々な虐殺が行われた。中国の「大躍進政策」の失敗による餓死者を虐殺にカウントするか否かによって人数が大きく左右されるが、どちらにせよ上記のナチスドイツの大虐殺をも大きくえる大量の人命が失われたと見られる。

ユーゴスラビア半島での内戦においては、対立する民族義・民族間憎悪の中で「民族浄化」とも表現される様々な残虐行為が行われ、その中には虐殺も含まれていた。その様は「民族浄化」として宣伝された。

関連動画

セラレナイヨ!

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/07/08(水) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2020/07/08(水) 20:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP