虫プロダクション単語

ムシプロダクション

1.5千文字の記事
掲示板をみる(7)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

虫プロダクションとは、日本アニメーション制作会社である。
通称「虫プロ」。 

1961年1973年に存在した旧法人1977年に旧法人出身者によって設立された新法人の2社がある。
本記事では分割して記述する。

虫プロダクション(旧法人・1961年~1973年)

1961年に「手塚動画プロダクション」として設立。
手塚治虫は幼少時よりウォルト・ディズニーアニメ映画しんでおり、アニメーション制作は長年のでもあった。
同社設立以前に東映動画と手を組んでアニメ制作を行ったことはあったものの、自身の手による制作を志し設立した。

1963年に「鉄腕アトム」が放送開始。これが現在テレビアニメ番組の一般的フォーマットに則って作られた日本最初の作品となった。
1965年には「ジャングル大帝」を製作し、同じく日本初のテレビアニメカラー作品を世に送り出した。

現在日本アニメにおける「制作費を著作権収入や海外輸出などでまかなう」というビジネスモデルの原を作った制作会社となった。

最盛期には400人の従業員を抱える会社にまで成長したが、人件費の高騰と後続アニメ制作会社の台頭による受注減により業績が低迷。さらに劇場作品の行も不振であったために資繰りが悪化。
その結果、1973年子会社の虫プロ商事と共に倒産した。

わずか12年のみの活動であったが、虫プロ出身者から数々の演出脚本家アニメーターを輩出し、独立した者を中心に設立されたアニメ制作会社も多い。 
東映動画タツノコプロと並び、日本アニメ産業勃期に多大なを残した会社である。 

COMとコミックマーケットの源流

旧虫プロをる上で、アニメーション制作と共に外すことのできないのが、子会社の虫プロ商事より発行されていた「COM」という漫画雑誌である。

手塚治虫が同誌でライフワークとなった「火の鳥」を長年連載した他、新人漫画家の育成にもを入れ、数多くの漫画家がこここから巣立っていった。

また、「ぐら・こん」という読者投稿コーナーにおいては、発展途上期であった漫画同人誌も積極的に紹介し、全セミプロ読者にも門戸を開くという革新的な姿勢を取った。

1973年の虫プロ商事倒産とともに「COM」も休刊したが、「ぐら・こん」で行われた同人作家の発表・交流の場を継承したいという流れから、米沢嘉博らが中心となって1975年に初開催されたコミックマーケットが誕生することとなる。

虫プロダクション(新法人・1977年~)

1977年、旧虫プロの労働組合が中心となって新たに設立。

アニメーション制作の他、旧虫プロ製作作品の版権管理も行っている。

手塚プロダクションとの関係

同じ手塚治虫によって設立された手塚プロダクションというアニメーション制作会社も存在するが、こちらは元々手塚漫画制作や版権管理を的に設立された会社であり、手塚が旧虫プロの経営から離れて同社が倒産する前後より独自にアニメーション制作も始めた経緯を持つ。

そのため、現存する新虫プロとは直接的な関係がい会社となっている。

主な出身者

いずれも旧虫プロ時代の出身者。ニコニコ大百科に記事のある者のみ。

虫プロ出身者が創業したアニメーション制作会社

いずれも旧虫プロ出身者。ニコニコ大百科に記事のある会社のみ。

COMとつながりの深い漫画家

ニコニコ大百科に記事のある漫画家のみ。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/11/28(日) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2021/11/28(日) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP