裏ゼルダ単語

ウラゼルダ

1.1千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

裏ゼルダとは、

  1. FCゼルダの伝説迷宮の細部などの難易度を高めた裏バージョンのこと。→「ゼルダの伝説(初代)
  2. ゼルダの伝説 風のタクトの予約特典として配布されたダンジョン部分を変化させた時のオカリナGC裏のこと。3DS版ではクリアコンテンツとして収録されている。→「ゼルダの伝説 時のオカリナGC
  3. ゼルダ無双DLCとして配信された追加コンテンツパックの1つ、及びそのコンテンツに含まれる追加アドベンチャーマップのこと。→「ゼルダ無双

2以降は1を由来としており、この記事では1のFCゼルダの伝説の裏ゼルダについて説明する。

表との相違点

アイテム配置及びダンジョンマップが異なる。

ダンジョンマップは第1迷宮が「E」、第2迷宮「A」といったようにZELDAアルファベットを元にした造りになっている。第6迷宮以降はガノンなどを模した形になっている。表に部屋数が少なくなっているが、一方通行などがあり見た以上に回りをさせられるだろう。ダンジョン入り口も見つけにくい位置に変更されており、特に第7と第8はノーヒントで発見できず詰まるプレイヤーが続出した。

表にはない仕掛けがある。

「すり抜けられる壁」

一度気付いてしまえばどうということはないが、右から左へはすり抜けられてもその逆は出来なかったりと、である可性がかなり高い。

「オカネカ イノチヲ オイテイケ」

ハートの器1個、もしくは50ルピーをオジイチャンに要される。ハートの器を差し出した場合二度と戻ってこないため、できるだけを支払おう。

新しいタイプの敵の登場

スタルフォスのビーム攻撃

表ではウロウロと歩き回るだけの存在だったスタルフォスだが、裏では時折立ち止まってビームを撃ってくるようになった。その攻撃は、実に接触ダメージの4倍。序盤から登場するだけに、1つのミスピンチに繋がる気の抜けない相手となっている。

ロープの耐久力アップ

地味ながら手ごわい変更点。表ではロウソクがあれば飛んで火に入る状態だったが、裏ではその戦法は通用しない。

赤バブル、青バブル

裏で特に頭を悩ませる存在、バブル。こいつに触れるとが出せなくなり、しかも点滅バブルと違って時間経過で回復しない。回復するためには全回復手段を使うか(トライフォースのかけら入手、命のを使う、妖精へ行く)、バブルに触れる必要が有る。同じ部屋に両種いれば問題ないが、ボス直前でバブルのみウジウジャいる部屋に入ると恐怖。大抵入り口付近まで戻らないとバブルがいない。

関連動画

 

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/26(月) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/26(月) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP