褐色単語

カッショク

  • 1
  • 0
掲示板をみる(14)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

褐色(かっしょく)とは一般に色と呼ばれている色のことで、クリの実のような色(このことから色とも呼ばれる)のこと。特に焦げ色だけをすこともある。

概要

色というと連想されるものは土、チョコレート、木の幹。褐色だとコーヒーの色や日焼けした肌、い液体が映える肌の代表的な色、ロマン、必ず露出度が高いを着ている人の肌といったものを連想させる色である。

ただし褐色の場合は焦色をさす場合もあるので、よい子のみんなは自分の持つ褐色肌女子の色が必ずしも伝わるとは限らないので気をつけよう。

JIS規格ではマンセル値(6YR 3/7)と表記されている。

語源

褐色のは「褐の色」のこと。褐(かつ)とは粗末なのこと。
つまり褐色とは昔の人が着ていた粗末なの色という意味の言葉。
時代劇などで色い粗末なを見たことがある人なら分かりやすいはず。

かち・・・いろ・・・?

褐色と書いてかちいろと読む場合もある。ただし、この場合は紺色の一種をすので注意が必要。

現在では勝色と書く。

関連静画

上記4作品を見ればわかるように、褐色と言っても度合いはさまざまである。・・・・ふぅ。なんで女体しかないんだろう・・・。

関連商品

 現実世界の褐色の代表格。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/26(木) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/26(木) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP