今注目のニュース
1度目は「ニャー」とお返事→しつこいのは「……(無視)」 2匹の猫との生活を描いた4コマ漫画に癒やされる
侵入者発見!ルンバが取り持つ仲もある?2匹の猫たちが共通の敵に出会ったとき
なぜ世界はそこまで男の育休を認めないか

西川秀明単語

ニシカワヒデアキ

掲示板をみる(48)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

西川秀明とは、日本漫画家である。
な代表作は『Z MAN』『アークザラッドⅡ~炎のエルク~』『職業殺し屋。』など。

概要

1990年エニックス催の『エニックスファンタジーコミック大賞』において、『Z MAN』で優秀賞を受賞。
その後、「ドラゴンクエスト4コママンガ劇場」の作家として活動し、月刊少年ガンガン創刊時に『Z MAN』で連載デビューを飾る。
圧倒的な書き込みの濃さと、熱い”少年漫画”らしい絵柄で、柴田亜美渡辺明・衛藤ヒロユキらと共に明期のガンガンを支えることとなる。
その後、『爆冒険メガバーン』『アークザラッドⅡ~炎のエルク~』とガンガンでの連載を経て、『六門モンコレナイト』『デーモン・ハート』と、ドラゴンJr.でモンコレ関連漫画も連載。
そしてヤングアニマルでの『職業殺し屋。』からは、本格的にその路線をハードエロス+バイオレンスへと転向する。
さらにヤングアニマル誌上にて偽書 ゲッターロボダークネス連載開始。
『本気のマガイモノ』を謳う西川ゲッターに、職コロ共々今後ともが離せない。

好きな音楽ZABADAK
かくいう記事作成も、西川先生の影ZABADAKを知り、ハマったクチというのは余談である。

「まみやこまし」の名義を知る人は、相当コアファンであろう。

作風

何と言っても、まずは『瞳』。熱く、まっすぐな瞳をしたキャラこそ西川漫画最大の特徴とも言える。
男は熱く、格好良く。女は可らしく、時に感的に。
『爆冒険メガバーン』『妖怪トロールナム』といった、全ライト・ギャグ作品も描けるが、『ZMAN』『アークザラッドⅡ~炎のエルク~』の頃から存在している、バイオレンス描写も西川漫画の味である。
それは『職業殺し屋。』で全に爆発し、ハードエロスと融合して新しい西川漫画を形成した。

また、デーモンハート、職コロ、偽書ゲッター主人公はともに『了』という共通点がある。

代表作

関連動画

(↑)よくわかる比較動画

鏡音レン雲の遺跡という歌に感動しました。生きててよかったと思った。」
ヤングアニマルコメントより)

関連市場

 

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/17(月) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/17(月) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP