今注目のニュース
松屋、豆腐メニュー「売れすぎ」で販売休止、豆腐キムチチゲ・牛鍋膳・豚汁・冷奴・湯豆腐など
『YOUは何しに』10時間かけ緊急来日した米国人 その目的に「スゴい」
ヘアカラーの色落ちが早い人と遅い人では何が違うの?

西村京太郎単語

ニシムラキョウタロウ

  • 14
  • 0
掲示板をみる(44)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(14)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

西村 太郎(にしむら きょうたろう、1930年9月6日 - )とは、日本の、推理作家である。トラルミテリーの、十津川警部シリーズで知られる。本名は、矢島八郎(やじま きはちろう)である。

第一章 愛と裏切りの概要

内でも、有数の、売れっ子作家であり、著作は、500冊をえる。累計発行部数は、2億部をえ、長者番付が、表されていた頃には、作家部門で、毎年のように、1位に、君臨していた。

十津川警部が、活躍する、鉄道や、観光地を舞台にした、トラルミテリーで有名。1年に、20冊近く、新刊が出ることもあり、に店を構える『キヨスク』で、よく売られている。また、2時間ドラマの、原作としても、お染みである。

1964年、『四つの終止符』で、デビュー。翌年、『天使の傷』で、第11回江戸川乱歩賞を、受賞する。初期は、それほど、売れていなかったが、1978年の、『寝台特急殺人事件』が、大ヒットし、それから、トラルミテリーの、第一人者になる。ミステリー女王と呼ばれた、山村美紗とは、家族ぐるみの、付き合いがあった。そのため、西村原作ドラマには、必ず山村紅葉山村美紗)が、出演している。また、山村の急逝後、未完だった作品を、引き継いで執筆し、完成させている。

日本一有名な、推理作家と、言っていいが、濫作のため、ミステリで、彼の作品が、話題になることは、ほぼい。とはいえ、初期には、社会ミステリや、海洋ミステリ、誘拐ミステリなどで、意欲的な作品を、多数書いている。十津川警部も、最初は、鉄道ではなく、『帆船』、『消えたタンカー』など、海洋ミステリが、中心だった。

おっさん向けの、しょうもない鉄道ミステリー作家だと、思っている人が、多いだろうが、初期の作品は、もっと評価されるべき名作いである。『四つの終止符』、『D機関情報』、『殺しの双曲線』、『消えたタンカー』、『麗なる誘拐』、『七人の人』など、代表的な作品は、今読んでも、面いので、食わず嫌いを、している人も、一度、手に取ってみてほしい。読点も、初期は、今ほどは、多くないので、この文体が、苦手な人も、安心してほしい。

シリーズキャラクターは、十津川警部ばかりが、有名だが、他に、初期作品に、左文字進という、アメリカまれの、私立探偵がいる。長嶋巨人軍が、新幹線から消える、『消えた巨人軍』、日本国全員が、誘拐される、『麗なる誘拐』、地方都市が、何者かに洗脳される、『盗まれた都市』などで、スケールの大きい事件に、挑んでいる。

神奈川県湯河原町に、「西村京太郎記念館」があり、生原稿や、著作などが、展示されている。

年会費2200円を、払えば、でも、西村京太郎ファンクラブに、入会することができる。年に2回、ファンクラブ会報、「十津川エクスプレス」を、発行している。

第二章 伊豆の海に消えた人物

昭和五年、東京原区小山町(現・品川区小山)に二人、一人の四人きょうだいの長男として生まれる。

少年時代運動は、得意でなかったものの、手先が、器用だったので、メンコとベイゴマは強かった。同じ頃、江戸川乱歩の作品と出会う。

電機工業学校を、卒業後、臨時人事委員会(現・人事院)の、職員となる。職場内の、文学同人誌パピルス』に、参加する。この頃は、太宰治が、好きだった。

将来に、不安を感じ、人事院を、退職し、作家を志す。退職、積立を、給料と偽り、図書館で、執筆を続けていた。

退職が、底をついた頃、パン屋で、住み込みの、運転手として働く。その後、私立探偵や、中央競馬会の、警備員などを、経験している。

第三章 危険な経歴

第四章 殺人者は主な作品を見た

2015年12月現在オリジナルの著作は、564冊(長編407冊、短篇集157冊)。

第五章 十津川警部「動画」

第六章 関連商品殺人事件

最終章 関連項目を消せ

掲示板

  • 42ななしのよっしん

    2017/05/30(火) 09:54:07 ID: aH3fmpCmhn

    本当は、歴史小説書きたいけど
    事務的に、十津川警部を書き続けてる点は、ドイルさんと似てる
    たまに歴史ネタを挟んで、そっちの方が面いと、切ない気持ちになる

  • 43ななしのよっしん

    2018/01/31(水) 15:34:40 ID: lMw8TXnCSJ

    >>42
    最近は、慢できなくなったのか、十津川警部シリーズでも、歴史小説を、書いている。
    暗号名は「カナザワ」とか、「ななつ星」極秘作戦などが、それに当たる。
    前者は、歴史小説というか、架空戦記に近いが、西村先生が、新たな挑戦をしているのは、間違いないだろう。

  • 44ななしのよっしん

    2018/04/10(火) 22:53:13 ID: q26NS2IwQM

    西村作品のワーストを探してるんだが、だれかオススメの駄作紹介してくれ
    京都よりを込めてとMの秘密以外でお願いしたい

急上昇ワード

最終更新:2019/11/21(木) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/21(木) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP