今注目のニュース
キモくてうまい! 高校生と地元企業が共同開発したヌメッとリアルな「オオサンショウウオこんにゃく」が話題に
『ストリートファイター』シリーズより神月かりんがBISHOUJOシリーズで立体化
ビットポイント、仮想通貨流出で緊急会見 「原因は調査中」 ホットウォレットの秘密鍵、窃取か

西鉄ライオンズ単語

ニシテツライオンズ

掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

西鉄ライオンズとは、かつて存在した日本プロ野球球団であり、埼玉西武ライオンズの前身球団である。

概要

西鉄ライオンズは、西日本鉄道西鉄)がかつて経営していたプロ野球球団である。パシフィック・リーグに所属し、平和台球場を本拠地にしていた。

誕生から黄金期を迎えるまで

西日本鉄道西鉄)は戦前、「西鉄軍(西鉄産業軍・西鉄野球楽部)」というプロ野球球団を経営していた(「大洋軍(大洋野球楽部)」を買収)。戦局の悪化もあり1943年のわずか一年しか活動することなく解散してしまう。

終戦後に西日本鉄道日本野球連盟に復帰願いを出すが、一度解散していることを理由に復帰を認められなかった。そこで、西日本鉄道は1946年にノンプロ西鉄チームを結成し、社会人野球の大会に参加することになる。1948年には第19回都市対抗野球大会に初出場し、初参加で初優勝という快挙を成し遂げた。この勢いに乗って再びプロ野球への復帰申請をするも、1949年にやはり却下されてしまった。

ここで、西鉄突然の追いが吹く。同年はシーズン中からプロ野球の再編問題が持ち上がり、翌シーズンからの2リーグ制以降が決まったため、ようやく西日本鉄道の「新規参入」が認められたのである。このノンプロチームの選手を中心にメンバーは集められた。

元々は西日本新聞社との共同経営になる予定であったが、読売新聞社の勧誘により両社で別球団を経営することになった。こうして、西日本鉄道の経営する西鉄クリッパーパシフィック・リーグ)、西日本新聞社の経営する西日本パイレーツセントラル・リーグ)の2球団が1950年シーズンより福岡の地で活動を開始することとなった。

ところが、読売新聞社はセ・リーグの6チーム化を実現するために広島カープ大洋ホエールズを合併させ、西日本パイレーツを解散させようとした。西日本新聞社は「読売の横暴には耐えられない」という明を出し、翌1951年1月西鉄クリッパースと電撃的に合併し、同時に球団名も西鉄ライオンズパシフィック・リーグ)にめられた。この動きに対し、巨人が「西日本の選手の保有権はセ・リーグにある」という難癖をつけたため、数名の選手を引き抜かれしまう。

そして黄金期へ

西鉄ライオンズは巨人で冷遇されていた三原脩の引き抜きに成功し、1951年シーズンより総監督に就任することとなる(名上の監督としては宮崎要選手兼任監督が留任したため)。首位の南海ホークスには大差をつけられたものの、前年の(7球団中)5位から2位に躍進した。この年のオフには中西太を獲得し、また翌1952年シーズン中には当時の大スターであった大下弘バット大下)を東急フライヤーズから獲得している。中西は新人王にき、チーム成績は前年を下回る3位ながらも首位南海ホークスとのゲーム差は大きく縮小した。また、この年のオフには豊田高倉照幸、河村久文、西村貞朗ら後にとなる選手を大量に入団させた。

1953年は4位に低迷したが、2年中西太本塁打王打点王の2冠にいた(打率2位)。また、豊田が新人王を受賞している。オフには仰木彬内弥瑞生ら入団した。

高橋ユニオンズが加盟して8球団となった1954年、西鉄ライオンズは初優勝を果たした。2位南海ホークスにわずか0.5ゲーム差、勝ちでは1つ劣るという薄氷の勝利であった。中西太本塁打王大下弘が最高殊勲選手にいている。しかし、中日ドラゴンズとの日本選手権では3勝4敗で惜敗した。オフには和田博実、若生忠男、玉造陽二、田中久寿男ら入団した。翌1955年は、90勝しながらも首位の南海ホークスに大差の2位に終わった。中西太が初の首位打者と3年連続の本塁打王いた。オフには稲尾和久幸らが入団する。

西鉄黄金期

1956年1958年にかけて三原監督の下、大下弘中西太豊田稲尾和久仰木彬などを擁し日本シリーズ三連覇を達成。特に1958年vs巨人日本シリーズでは3連敗のあと4連勝と奇跡の大逆転は有名。この際、7戦中6戦に登板し、逆転日本一へ導いた(5先発4投、4勝2敗、サヨナラ本塁打1)稲尾和久を称し 神様、仏様、稲尾様」という言葉が生まれた。

その後も南海ホークスや、阪急ブレーブスといった強チームと毎年しのぎを削りパリーグのペナントレースを盛り上げたが、1969年黒い霧事件の影チームエースである池永正明永久追放されるなどして人気が低迷し、1972年西日本鉄道が球団を手放し、1973年より福岡野球株式会社が親会社となり、西鉄ライオンズという名称は消滅した。その後、チーム太平洋クラブライオンズクラウンライターライオンズと名前を変え、1979年西武ライオンズとなり福岡を去ることとなった。

なお、戦前にも西日本鉄道を親会社とする西鉄軍という球団があったのだが、西鉄ライオンズは西鉄軍の復帰が認められなかったために新たに結成されたものであるため、親会社が共通しているだけで直接の関連性はない。

大百科に記事のある西鉄戦士

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/16(火) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/16(火) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP