見せ大谷 単語

2件

ミセオオタニ

1.1千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

見せ大谷とは、見せるだけの大谷翔平である。

概要

SMBC2016日本シリーズ第6戦。北海道日本ハムファイターズ広島東洋カープの試合中の出来事。

3勝2敗で日本一に王手をかけたファイターズは4-4の同点で迎えた8回表、2アウトからカープリリーフエースであるジェイ・ジャクソンを攻め、3連打で満塁チャンスを作る。ここで迎えるバッターはファイターズの4番、中田翔
しかしその時、ネクストバッタズサークルには途中交代で5番の打順に入ったピッチャーアンソニー・バースではなく、大谷翔平が現れたのだった。打つ気満々で素振りを始めた大谷一気に雰囲気は盛り上がり、ここで勝負をかける、あるいは代打で出場後に展開によってはそのままリリーフなどという、様々な状況が考えられた。
しかしジャクソンコントロールが定まらずに中田押し出しフォアボールを選んだ後、大谷は何食わぬ顔でベンチへと引き上げ、本来の打順の通りピッチャーバースバッターボックスへと入ったのだった。

「強バッターをネクスト代打としてちらつかせることで、ピッチャープレッシャーを与える」という作戦はよくあるが、栗山英樹監督はそれを実行したものと考えられた。果たしてその効果がどれほどだったかは定かではないものの、結果として中田は勝ち越しのフォアボールをもぎ取ることになる。

5-4で勝ち越したファイターズだったが、続くピッチャーバースがなんとセンタータイムリーヒットで1点追加(バース緊急来日)、さらにパ・リーグホームラン王の6番ブランドン・レアード勝利を決定づける満塁ホームランを放つ。この回一挙6点のビッグイニングとなり、10-4スコアのままファイターズ日本一へといた。

その結果、「大谷を見せただけで相手が動揺したのではないか」という話題ネットを中心に広まり、「見せ大谷」なる言葉が誕生した。さらには大谷ネクストに立った後の中田バースレアードで6点を上げていることから、全盛期○○伝説ネタになぞらえて「ネクストに立つだけで6点を取る男」「素振りで6打点」や、投打二刀流大谷がどちらも使っていないことから「無刀流」などという言葉まで生まれる事態となった。

なお、栗山監督は「作戦選択肢バースしかなかったので使うつもりはゼロ。当人にも伝えていて『戻ってこい!』と言ったのに知らん顔で打とうとしてて、嫌味みたいに戻ってきた。打ちたかったんでしょうね」という趣旨の発言をしており、本当に「見せ大谷」としての作戦だったようである。ちなみにバースは割とバッティングも得意な投手であり、交流戦時の打撃練習では何本も柵越え打球を放っていた。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/21(日) 20:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/21(日) 19:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP