覚醒 単語

1029件

カクセイ

2.0千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

曖昧さ回避

覚醒とは

  1. を覚ますこと。が覚めること。(Yahoo!辞書より)
  2. 迷いからさめ、過ちに気づくこと。(Yahoo!辞書より)
  3. 上記に関連して、キャラクターなどが本気のや潜在を発揮すること。本項解説する。
  4. スーパーロボット大戦シリーズで、2回行動が可になる精神コマンド
  5. 仮面ライダー剣の挿入歌(ED)
  6. THE BACK HORNシングル
  7. ファイアーエムブレムシリーズの第13作 → ファイアーエムブレム 覚醒
  8. PSRPGゼノギアス』の楽曲→関連記事
  9. モンスターハンターシリーズで、属性武器の隠された属性を使用可にするスキル
  10. onepieceシリーズの一部の者が、価を発揮した際に使われる単

 

1.の概要

睡眠寝起きの項も参照。

3.の概要

キャラクターなどが、それ以前には見せたことのない本気のや潜在を発揮することをす。
特に、「徴的な出来事」をきっかけとした劇的な変化について言われる場合が多く、日常の地な積み重ねや努の成果である場合は覚醒とは呼ばれない。(ただし、「徴的な出来事」以前にした努が、意味を持つ場合もある。)

徴的な出来事」としては、

  • 現状の自分ではできない危機的状況
  • 強い恐怖、怒り、悲しみ、絶望、憎悪、後悔、感謝などの感情
    • 残酷な事実提示、仲間や死者を侮辱する発言も含める
  • 自信を持つ、トラウマするなど自意識の
  • いままで知らなかった自分の才や素性に気付く

などがある。

主人公側が覚醒した場合、相手には死亡フラグが立ちやすい。
作品によっては「勝てる気がしない」とさながらラスボスのような様態になることも。

必殺技巨大化・強化されて発動する、新たな必殺技が登場する場合もある。

容姿・状態

禍々しいオーラなどを発する、笑顔がない、目が死んでる、鋭い眼(発)、一切のがなく急所を狙うなどガチで殺しに来ている…といった視覚的表現を伴う場合も多い。中には理性や感情を失って容赦なく敵を攻撃したり敵味方関係なく暴れまわる、が制御できず暴走するなど味方にとっても厄介パターンもある。(→フレンドリーファイア

ゲーム動画において怒りやダメージを蓄積したボスキャラクターなど、身体戦闘が格段に向上した状態に対し「覚醒した」と呼ばれる場合もあり、攻撃の化などで苦戦を強いられることも。

無我中というように、覚醒した事実や覚醒中に起きた出来事を本人が覚えていないパターンもある。

弱者側のキャラクターなどは覚醒しても無双できるとは限らないが、逃げだった自身を奮い立たせ立ち向かったり、大勢の敵を巻き込み自爆するといった胸熱展開もある。

弊害

敵を圧倒する強大な戦闘力が手に入るものは、バランスブレイカーとならないよう体力・精・身体・機体への負担が大きい、寿命が縮む、ゲーム等においてはそれらを常時または過剰消費してしまうといったデメリットも付与されやすい。

展開としての問題

覚醒して無双したり強敵/問題を打破する…といったシチュエーションしくない。

ただし特に理由や伏線もなく多用したり、覚醒したからとあまりにもあっさり敵を倒してしまうと作者の構成を疑われたり、かれる、熱い展開を期待していた読者の期待を裏切るなど諸刃の剣
(→ご都合主義)(→イヤボーンの法則

覚醒=圧倒的な戦闘力向上と仮定した場合、作中での戦闘力インフレーションにも繋がりやすい。

  • いつでも容易に覚醒状態の戦で戦えないよう一定の条件を設ける(制限時間など)
  • 修行等でいつでも覚醒状態の戦が出せるようにする
  • 周囲の物品や機械環境・人物を利用するなど、合理的な理由を用意する
    …といった対策・伏線・理由付けも必要になる。

覚醒の例

6.の関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/30(木) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/30(木) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP