解雇 単語

76件

カイコ

4.5千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

解雇(かいこ)とは

  1. 仕事を辞めさせられること。
  2. ニコニコ動画において様々な形で用いられるもの。

として、免職、解任、契約解除など様々な用があり誤用されやすい点も記載する。

概要

  • 使用者が、契約約することである。クビとも。(例:会社をクビになった)
    • 任期満了、定年退職、本人の意思で自退職した場合は解雇に含まれない。
    • 雇用関係にない場合はクビであっても解雇とは言わない。
  • 使用者側の都合により一方的に雇用関係を解消することをし、労働者の合意は必要としない。
  • 解雇が大規模に行われる様子を、「リストラ」と言われている

…要するに身も蓋もなく言えばお前はもういらん」と会社をやめさせられる事である。

理由は必要

日本においては社会常識に照らして納得できる理由が必要であり、好き勝手にクビにはできない。

この点は 解雇規制 の項にいろいろ記載されている。

…とはいっても、しょーもない適当な理由で社員、優秀な人間を解雇するような会社は「ウチは経営センスや見るのないクソ企業です」とご丁寧に言ってるようなものであるが。

によってはあっさりクビになる場合もある。

解雇される理由
  • 本人は特に悪いことをしていないが、会社の都合。
  • 本人に非がある場合
    • 業績が悪く、優先的に解雇されるもの。
    • 素行が悪く、再三に渡って警告しても善が見られなかった結果。
    • 犯罪行為など、悪事を働いた場合。(懲解雇)
      • 企業・組織・店・雇いの信頼を著しく失墜させる行為。
    • 拘束・留置・収監によって職務の続行が不可能なもの。
  • その他
    • 病気によって働くことが困難になった場合。
    • 会社自体が倒産し、自動的に解雇になってしまうもの。
  • 企業側が悪質なもの
あっさりクビになる場合もある

海外においては割と解雇の敷居が低い場所もある。ただし一長一短。

その他

  • 常軌を逸するレベル仕事ができないなど、退職を促される場合もある。
  • 窓際に追いやられる、追い出し部屋意味な作業を淡々とやらされる場合もある。
  • 義理堅い雇いの場合、退職時の給与に多少の色をつけてくれたり、別の働き先を紹介してくれる場合もある。解雇したことを恨まれないため…という意味もあるため意味ではない。
  • アメリカなど、解雇決定後に解雇者に嫌がらせされないよう、解雇の時点で会社の外へ追い出される。
    • 引き出しやロッカーの中身の私物などは返却してもらえる。

解雇ではないが上層部・経営方針が無能すぎたり報酬をケチるとせっかく入った優秀な人間が見切りをつけて次々と辞めてしまい、結果的に「優秀でない人」が残りやすくジリ貧人手不足になりやすい。もちろん多額の退職をつけて希望退職者を募っても優秀な人から辞めていく。

付けて退職を許可せず違約・損賠償・代わりを連れてくる事を要する事例もあるが、強制労働にあたるため違法であり義務は1ミリもない。人手不足だろうが退職は労働者の権利であり労働者側の意思が優先される。

再就職関連

転職 就職活動 …などの項も参照。

資格を取るのも良いが、名ばかりで役に立たないものも多いため要注意。
身を守るための十分な情報を備えて挑んでください。

辞職した際、雇用保険における失業手当(失業保険などもお忘れなく!

※手続きが必要で、辞職したら勝手に振り込んでくれる訳ではない

現在インターネット検索によっても企業レビューなど様々な情報を手に入れられるため、「調べるのが面倒」とか言ってるとブラックな企業を掴まされることになるので注意。

あまり偏見はない

「辞めたを雇ってくれる企業などない」なんて脅しもあるが、仕事を辞めても人生は終わらないし転職して普通に働いている人、中途採用者も大勢いる。むしろそういった企業説明会もあちこちでやっている。特に問題を起こさなければ偏見はない。優秀なら懇意にあしてもらえるかも。特に問題がないのに中途採用というだけで酷い偏見に遭うなら、その職場や人格を疑ったほうがいい。

元々が人手不足な業種や田舎など、割と好条件な場合はある。(肌が合えば)やってみたら思いのほか、割となんとかなる部分もある。「取り越し苦労」「住めば都」かも。

給与・職種・勤務地など希望条件を緩和して探すのも有効。資格や特技が活かせないかもしれないが。

犯罪で懲解雇される(前科・逮捕歴)、迷惑系Youtuberバイトテロとして悪名をかせる、年齢較し転職が多すぎると流石に厳重警されるので注意。

芸能人などに対する「解雇」の概念と誤用

その契約形態や、言葉の意味から、使用者会社員(給与所得者)やパートタイマーとの間において労働契約一方的に解消が使用される際に使用される言葉である。

しかしマスコミ報道などでは、芸能プロダクションに専属する芸能人などに対して、不祥事などで事務所とのマネジメント契約を解除するに至った際に、マスコミを含めて「解雇」という言葉が誤って使用されるケースがまかり通っている現状にある。

芸能人に支払われる報酬は、駆け出しの頃などを除けば通常全歩合給(フルコミッション)を基本としている。また仕事をする時間も一定ではない。このような環境で、芸能プロダクションが所属芸能人を雇用する形態を取ると、労働基準法をはじめ様々な法律に抵触する恐れが極めて高くなってしまう。

仮にタレントを雇用した場合、全く仕事タレントに対しても最低賃金または基本給の6割以上の固定給を支払うなどの制約が生じるため、売れっ子タレントの報酬に回せる報酬がその分少なくなってしまったり、休暇や労働時間の管理なども必要となってくる。芸能人の立場から見ても、給料制だといくら売れても手元に入るギャラが頭打ちになってしまうというデメリットが生ずる。

このため、芸能プロダクションに所属する芸能人を一種の自営業者(自由業者)とみなし、「専属マネジメント契約」という一種の委任契約を結ぶケースが大半となっている(ただし一部のプロダクションにおいては例外が存在する)。

しかしながら芸能プロダクションは所属芸能人に対して強い拘束性や排他性を有する契約内容となっており、所属タレント事務所が用意してきた仕事を遂行する義務を負わされているなど、ある面においては「労働契約」としての側面も有する契約内容であることは確かである。

このような関係から、芸能人プロダクションの間に労使関係が存在すると誤認している者が多いことも、不祥事などが原因で芸能事務所との契約を解消された際に「解雇」という言葉がまかり通る理由の一つになっていると言えよう(双方で締結されている契約の内容に則って言うならば、「契約解除」と言うのが正しい)。

なおプロスポーツ選手も同様、事業性の有(選手ひとりひとり個人事業主と扱われること)、所属する団体に対する従属性の二重構造(プロ野球の場合、球団と日本野球機構それぞれに対して従属性があり、なおかつ選手自身にも個人事業主としての側面がある)があることなどから、チームが所属選手を解雇するといった表現も厳密には誤りであると言える(選手なら「退団」、監督コーチなら「解任」といった言葉の方が適当と言える)。

その他の誤りやすい用法

  • ×公務員不祥事を起こして解雇 → ◯「免職」である。
  • ×取締役が経営責任を問われて解雇 → ◯「解任」である
     (会社役員はからの委任を受けて会社を経営している立場にあり、雇われているのではいため)
  • ×コンビニ店員不始末責任をとって、同時に店長も解雇 → ◯フランチャイズ契約の解除」
     (コンビニ店長の大半は個人事業主であって、雇われ店長ではない。ただし直営店を除く)
  • その他、芸能人などと同様に一社専属で業務の委託を受けている者が取引先からの契約を打ち切られる場合も解雇ではなく「契約解除」というのが正しい。
    (例)生命保険外交員、電気ガスNHKなどの集人、販売人(ヤクルトレディなど)、各種士業・サービス業、特定の元請工事業者一社に専属して働いている工事現場などの労務者(いわゆる「一人方」)、各種技術職・プログラマーetc
    これらの者は、皆従業員を持たず、自分の体ひとつで働いていることや、その会社を名乗って仕事をしていることが多いため、その会社等の従業員と思われがちだが、実際はそうではなく皆が「一人事業」なのである。
    即ちその企業とは業務請負(委任・委託)契約を結んでおり、雇用契約は結んでいないということである。
  • プロスポーツ選手も上記の例と同様であるが、相撲界だけは例外で、「力士日本相撲協会に勤務するサラリーマン」という立場にある。
    よって、力士不祥事などを起こして引退した場合に限り「解雇」と表現するのは、正しい用法となる
  • その他特殊な例として、住宅販売業者に勤務している者については、内勤に関する事務は「従業員(雇用関係有り)」、セールスに関する事務は「事業(雇用関係なし)」という特殊な契約を結んでいる業界もある。

編集者としては、一般市民に限らずマスコミがこれらの誤用を連発して、誤解を広めている点も問題視されるべきではないか、言葉の意味をちゃんと認識しておかなければいけないんじゃないか、と思うところである。

フィクションにおける解雇

極端な例が多い。解雇後から描写される場合もある。
部分的には現実にも起こりうる。

解雇された本人のえるべく、子供族が主人公となって活躍するパターンもある。

関連項目

この記事を編集する
関連記事

子記事

兄弟記事

  • なし

掲示板

  • 93 ななしのよっしん

    2024/04/30(火) 07:58:46 ID: rkl24VWJHP

    解雇するだけじゃなく採用も欧並みに回さないといけませんって意見を見て確かにその通りだと思った
    そこまで考えないとうざい辞めさせてぇ〜レベル愚痴でしかないしいざ解雇規制緩和されても潰れる
    そこまでのスキームを考えられてる経営者は何割いるんだろうか

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 94 ななしのよっしん

    2024/05/06(月) 19:16:01 ID: dGFcMD5LL7

    中小企業解雇の仕方を誤ったせいで
    訴えられそうになって示談で数千万の支払いをすることになったってニュースみたけど
    経営者からみたらすごいリスクだろうな

    が経営者でも絶対正社員なんて雇いたくないし雇ったとしても雇えるギリギリの賃金にするわ
    そりゃあ企業は給料上げたがらないし上がらないだろうな
    まあそもそも今の日本企業は給料上げれるほどかってないけど

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 95 ななしのよっしん

    2024/05/24(金) 11:48:03 ID: 2XLfNNBsr9

    結局簡単にクビにできるとしてもその分企業の収益が上がるだけで賃金は大して増えないのでは
    んでもしそうなったら労働者自己責任で済まされるんだろうな

  • 👍
    0
    👎
    0

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/21(日) 02:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/21(日) 02:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP