誤BAN単語

ゴバン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(14)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

誤BANとは、サービス提供する運営が誤って正常なアカウントを停止させる事である。

概要

インターネット提供されているサービスを利用する場合、多くのサイトでは会員制となっており、利用者情報である「アカウント情報」を登録する必要がある。

 このアカウント情報を登録する際は、長々とした規約をよく読まず、「同意しますか?」のチェックを入れ、登録ボタンをして利用が開始される。
 当然、この長々とした規約に反する行為を行った場合、「BAN」即ち、「アカウント停止措置」が行われる。

 通常利用している場合、サービス設計者の想定する通りの動きとなるため「アカウント停止措置」が行われることはほとんどい、しかし残念な事に、世の中、悪い事を企み実行する人間は山のようにいる。
結果として、「 運営 VS 悪人 」と言う、どこぞの劇場版開されるようなタイトルでの争いが毎日起こっている。

 このどこぞの劇場開される作品などで、例えば「劇場版○○ - A VS B - 」やようなタイトルの作品が見られる。この作品、何かと実際見てみると、実はそのタイトルに出ていない「C」の存在がある。
 この「C」は調停役だったり共通の敵だったりと何かと重要なポジションとなるのだが、この「C」からすれば、「A」と「B」が戦った事で被害を受けるが多いので、ある意味、悲しい役回りと言える。

 脱線したが、「 運営 VS 悪人 」と言う対立によって、その損な役回りの「C」の存在が判明する。
 それは、普段利用しサービス設計者の思い通りに運用する「正常なアカウント」である。この「正常なアカウント」は、晴れの日もの日もサービスログインして、いつも通り画像の閲覧や動画の閲覧、文字を書いたり、意見を言ったりと何一つ不自由なく利用できる良きアカウントである。

 ―しかし、そんな「正常なアカウント」に異変が起こる。―

 その日も、「いつも通り利用しよう」とログインしたところ、サービスが利用出来ないばかりか、ログインした直後に身に覚えがない「不正行為によりアカウントを停止しました」という、味も素っ気もない文章が表示され、一、「何が起こったのか」とあっけにとられてしまう。

 「正常なアカウント」は、当然、違反した行為に身に覚えがなく不思議に思う。
ふと、いつも使う電子メールサービスを確認すると「アカウントを停止しました」という件名とともに、本文に「こちらは~サービスです。不正行為が確認されましたので、アカウントを停止いたしました。」という内容が書かれたメールが、そのサービスを登録時に利用したメールアドレス宛に送られており、ここで初めて何が起こっているのかを把握する。

 「正常なアカウント」は、全くと言って良いほど心当たりがないので、そのメール本文についている「問い合わせ先」や、ログインした先の「問い合わせ」のリンクなどから、『不申し立て』と言う扱いで、運営に停止の理由を確認することになる。
 そんな『不申し立て』を行ってから、数時間もしくは数日経過して運営からメールが届く。
 そのメールの本文には、「悪人アカウント情報と同じような情報だったので予防措置として行われた」と一文と、それなりの謝罪のテンプレート文が書かれており、誤って処理された事が判明する。

 そのメールを読んだ、「正常なアカウント」は、事を取り戻し、これまでの様にサービスログインしていつも通り画像の閲覧や動画の閲覧、文字を書いたり、意見を言ったりと何一つ不自由なく利用できる様になりましたとさ、めでたしめでたし

  …
とはならない。

残念な事に、「正常なアカウント」は、「何で自分が被害を受けたんだ」と疑心暗鬼になり運営への不満が発生する。
 さらに、この事態に陥る「正常なアカウント」は、『SNSにおけるインフルエンサー』や『そのサービスで有名な人』、はたまたサービスの重役』だったりと、そのサービス運営にとっては「重要なポジション」を務めている事が多い。
そして、「重要なポジション」に限って、別のインターネットサービスなどを利用して「アカウントが停止された」の一文とともに画像などを添付し表してしまい、悪人を除いた「運営 VS 正常なアカウント」が別作品として発表。
「野次」という新たな「C」の存在を作りだす事で、物語は三作を迎えることで、見せ場のような盛り上がりで運営が対応に追われるほか、完結編としてサービス終焉エンディングを迎える事もしばしばである。

 このように、「運営が、誤って正常なアカウントを停止する」事を「誤BAN」と言う。

 近年は、AI技術や、挙動の監視をるす自動巡回等で、判断が規約に対してより正確な判定を下したり、明らかに急アクセスが増え『炎上』を思わせる場合などに対してサービスを守る「防御機」の動作をした結果、過剰に「誤BAN」されると言う事例も増えてきている。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 12ななしのよっしん

    2021/01/26(火) 11:01:48 ID: XnnB9c87m5

    >>11
    何その煽り

  • 13ななしのよっしん

    2021/01/26(火) 11:24:45 ID: GqmEXJXri/

    煽りではなくアドバイス、あるいは添削です

  • 14ななしのよっしん

    2021/01/26(火) 12:53:55 ID: eNsmszntID

    酷く読みにくい内容の記事ですね....

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/06(土) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/06(土) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP