諫山創単語

イサヤマハジメ

1.2千文字の記事
掲示板をみる(337)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(18)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

諫山創(いさやまはじめ)とは、日本漫画家である。代表作は『進撃の巨人』。

概要

1986年生まれ。大分県日田市大山町出身。
2006年講談社マガジングランプリに『進撃の巨人』で佳作を受賞。
2009年マガジンSpecial3月号にて第81回新人漫画賞入選作品の『orz』が掲載され誌面デビュー
なお、このデビュー作のアオリは
「編集部騒然!! 入選作史上、
最も絵が下手!! それでも、最果てまで突き抜ける衝撃!!」だった。
既にこの作品で筋肉を剥き出しにした巨大ヒーローを描いており、後の連載作の原の一つとなっている。

2009年から別冊少年マガジンにて『進撃の巨人』を連載中。たちまち大人気となり、一躍人気作家に。
2011年に『進撃の巨人』で第35回講談社漫画少年部門を受賞。
2013年にはアニメ化2015年には特撮実写映画化も行われている。(但し後者批判も多い)

趣味格闘技UFC)観戦と映画鑑賞。映画モキュメンタリーの手法が取られた作品を好んで観ている。
好きな歌手ももクロ有安杏果及び高城れに押し)と神聖かまってちゃん。 
作業中はTBSラジオ及びニコニコ動画作業用BGMを流している。
セブンイレブン飲むヨーグルト飲している。 

若くして額の髪の毛の後退を気にしている。 おい、やめてさしあげろ

進撃の巨人について

2009年に創刊された『別冊少年マガジン』にて21歳の時に『進撃の巨人』の連載を始める。
決して綺麗で丁寧な絵ではなかったが、人間巨人に食べられるという衝撃的な内容と、要なキャラクターが次々と死んでいく先の読めない展開が話題になり、徐々に人気を広げていく。
初期の非常にテンポの速い展開については、自らの画力さを自覚し、打ち切りを覚悟していた為、2巻までに自分の描きたいことを詰め込んだとテレビインタビューっている(2巻まではどんなに人気が出なくても刊行される為)。実際、前述の通り画力デビュー作で公式ネタにされていた。

コミックス9巻の発売時点で累計発行部数1000万部を突破。2013年アニメが始めるとクオリティの高さが話題になり、全の書店でコミックスの売り切れが続出する。2013年にはコミックス10巻までの累計発行部数は2000万部をえている。この記録は別冊少年マガジンという決してメジャーではない雑誌からデビューした新人作家の作品としては異例中の異例である。

進撃の巨人を作るにあたってを受けた作品として以下の作品を挙げている。
ウルトラマンサンダ対ガイラ坂の上の雲風の谷のナウシカARMSBLAME!シグルイ地獄先生ぬ~べ~(人喰いモナリザの回)、 マブラヴ
特にマブラヴに強くを受けており、マブラヴについて「作品に殺されると思った経験は初めて」、「この経験を自分も他者にしてみたかった」、「パクらせていただきました」とっている。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/12/08(水) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2021/12/08(水) 10:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP