謎マナー単語

ナゾマナー

3.3千文字の記事
掲示板をみる(125)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

謎マナーとは、マナーとして存在はしているものの、非常に不便で非効率だったり多くの人々から支持されていない面倒なマナーである。

または、一般的な認知度がとても低いものや、地域・会社・業界などの特定コミュニティに存在するマナー暗黙の了解ローカルルールとも。

こちら概要となっております。もしよろしければご一読いただけますと幸いでございます

そもそもマナーとは、社会の中で人間が気持ち良く生活していくための知恵であり、「他者を気遣う」という気持ちを所作として形式化し、わかりやすくしたものが形式としてのマナーである[1][2][3]。しかし、行うことで不便になったり効率が悪く感じられるマナーは本当に必要なんだろうか?また「他者を気遣う」という心が欠け、自分だけが満足しているようなマナーはないだろうか?近年では一般的とされてきた一部のマナーの存在意義についてよく議論されている。
しかしマナーとして存在し普及しているだけに、むやみに止めてしまうとマナー違反の対になってしまうため止められないというジレンマを抱えている。

また、一般的に普及していないマナーも多く存在する。誰も知らないようなマナーマナーと言えるのだろうか…。しかし、一部のマナー本などに書いてあったり"存在自体"はしているので一概には否定しづらいやっかいなものである。

特定コミュニティに存在するマナーは、内から見れば当たり前でも、外から見ると不思議なものも多い。どれだけ不要なものでも伝統として受け継がれていることが多いため、簡単にくすことはできないだろう。

こちらは「謎マナーの一例」でございます。他にもあれば、加筆編集していただけますと大変嬉しく思います。

ビジネスマナー編

  • 出先で出されたお茶コーヒーを飲むのは失礼
    • 「相手の条件を全部飲む」という意味になるという。しかし"そんなダジャレに付き合ってお茶駄にするなら飲んだ方がいい"などとネットでも何度か議論され話題となっている。
  • 座って良いですよと、3回席を勧めてもらうまで座ってはいけない
    • 回数にばらつきがあるものの、多くの場合勧められるまでは座ってはいけない。
  • 軽装でお越しください
    • 多くの人を悩ませる最悪な一文。それでもスーツなどで行くことが礼儀とされている場合と、そうではない場合の2パターンが用意されている。あなたはどっち?
  • 稟議書(りんぎしょ)で印鑑を押す時は、上の印鑑の方に傾けて押す
    • お辞儀をするように押して、敬意を表しているそうです。
  • メールを送ったあとに、電話をしてメールが届いているかの確認をする
    • 日本の一部ではマナーとされているようだが、海外ではほとんど行われていない。
  • ビジネスメールでの丁寧すぎる文章
    • 丁寧な文章は大切だが、日本ビジネスメールは定文や丁寧がふんだんに使われ、文章が長くなりがちで不便である。(本記事の見出し文のネタはこれを模倣したものである)
  • メールでのCC(カーボンコピー)は役職が偉い方から順にする
  • メモをする時は、携帯電話スマートフォン)ではなくメモ帳
    • デジタル機器を使用した方が効率的だが、印が悪く失礼とされている。

飲み会編

インターネット編

  • FF外から失礼します
    • SNSなどでフォロー&フォロワーの関係でない相手にリプライを送るときに書かれる挨拶。書いた方が好印だが、「書かなかったら失礼だ」とする人もいる。
      • 逆に、「失礼だと分かっているのならば、最初から返信しないでほしい」という意見もある。その考えを逆用してわざと失礼なことを言うために使われることも。
  • 言フォロー失礼します
    • フォローなんて自由にすればいいので、本来は挨拶の必要はない。

スポーツ編

スポーツでのマナーは、プレイの妨げとならないように、相手の面子を潰さないようになどの理由で存在し受け入れられている。Wikipediaでは野球マナーについて、「野球の不文律exit」というページが存在する。暗黙の了解MLBではアンリトンルールと呼ばれる。
しかし、一部認知度が低いものや、日本では普及していない、際感覚による認識のズレがあるものも多い。日本人選手が海外マナー違反を犯し、報復を受けるなどしたケースも。

スポーツでの"謎マナー"の定義は曖昧なので、この項ではマナーマナーについて記述する

長文失礼いたしました。こちらから関連のものになります。まずは関連動画はいかがでしょうか?

こちらは関連静画となります。

マナーに関する関連商品はとてもたくさんあります。カラーやイラストが使用されたものだと、とても読みやすいかと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございます。もしよろしければこちらの関連項目の記事もお読みいただけたら嬉しい限りです。

脚注

  1. *『絵でわかる マナー事典』 現代マナーフォーラム 西東社 1996年8月 p.1.
  2. *『恥をかかない マナー&エチケット事典』 清水勝美 新出版社 2000年9月 p.3.
  3. *ポイントがわかるマナー手帳』 外山子 西東社 2002年9月 p.1.。
この記事を編集する

掲示板

  • 123ななしのよっしん

    2021/08/23(月) 18:50:55 ID: jOR48srLXD

    謎マナーって気を使って言ってるけど実質嘘マナーとかもっと言えば出だからな
    基本的にマナーは生活を快適にするためのものだがこの手合いは不便を強要するものだから結構判別しやすい
    けどそれを言って争いにしないのが本来の意味でのマナーだから何ともしがたい

  • 124ななしのよっしん

    2021/08/26(木) 11:26:10 ID: pw3juis/6r

    Twitterという慣習法地帯
    FF外の口上とかが広めたんだ
    あいつら鎌倉武士かよ

  • 125ななしのよっしん

    2021/09/24(金) 16:30:37 ID: jOR48srLXD

    SNSに限らず昔からネット意味不明ローカルルール多いよ

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/28(火) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/28(火) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP