今注目のニュース
プレゼント蹴飛ばしファンに「ブス」、モデル大炎上
日本初『いじめ保険』の販売を開始 弁護士を気軽に利用し『愛する我が子をいじめから守る!』
『鉄腕DASH』陣馬山のPR方法に賛否両論 植物や生物の乱獲を危惧する声も

講談社ノベルス単語

コウダンシャノベルス

掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

講談社ノベルス

講談社ノベルスとは、講談社が発行する新書サイズ小説レーベル推理小説を刊行する。

概要

1982年に創刊。1987年綾辻行人デビューを皮切りに、歌野晶午法月綸太郎我孫子武丸、西澤保彦らを送り出し、「新本格」という用を生み出して本格推理小説の再に寄与した、新本格の総本山

また京極夏彦デビューをきっかけにメフィスト賞を創設し、森博嗣清涼院流水乾くるみ浦賀和宏殊能将之古処誠二舞城王太郎佐藤友哉西尾維新北山猛邦辻村深月古野まほろ深水黎一郎早坂井上偽など一癖も二癖もある作家を多数発掘した。

担当しているのは講談社文芸図書第三出版部、通称「文三」。雑誌「メフィスト」を編集しているのもここで、メフィスト賞受賞作は講談社ノベルスから出ることが多い。文庫レーベル講談社タイガ兄弟レーベルという位置づけ。

作品は推理小説が多いが、ライトノベル的なファンタジーや、伝奇小説なども出る。内田康夫や西村京太郎トラルミテリーが紛れ込むこともあるが、基本的には若者向けのレーベルで、ライトノベルと一般文芸の中間層あたりが読者層。西尾維新デビューあたりから明らかに装丁などがライトノベル寄りの作品が多くなった。書き下ろしが多いが、ハードカバーで出た作品が文庫化の前にノベルス化されることもある。

2013年ぐらいまでは年間4060冊程度が刊行されていたが、その後じわじわと刊行数が減っていき、2017年からは新刊の出ないもあるようになった。とはいえノベルスという判そのものが一般文芸では滅亡寸前で、他社ではずっとノベルスで書いてきた特定人気作家の新刊のためだけに存在しているような状況なので、講談社ノベルスはその中でなんとか踏んっていると言った方が正しいだろう。

講談社ノベルスで活動する主な作家

大百科に記事のある作家のみ。現在講談社ノベルスで書いていない作家も含む。

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/05/22(水) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/22(水) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP