今注目のニュース
海中で謎の巨大物質に遭遇! その正体とは?
追突事故で、示談を持ちかけられたらどうする?
「アナと雪の女王2」日本オリジナルキャラポスター 初登場となるサラマンダーの姿も

豊鉄バス単語

トヨテツバス

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

名古屋鉄道グループ > 豊橋鉄道グループ > 豊鉄バス

豊鉄バスとは、豊橋鉄道子会社愛知県東三河地域を一帯に路線バス事業を展開するバス事業者である。

概要

豊橋駅をターミナルとし、豊橋市豊川市田原市新城市・北設楽設楽町で一般路線バスを運行し、田原市豊橋市豊川市バスタ新宿練馬駅を結ぶ夜行バスほの号、豊橋市京都駅を結ぶ高速バスほの号、新城市名古屋市東部の藤が丘駅長久手市の長久手古戦場を結ぶ都市高速バス山の号を運行する。

毎年新(※地方の事業者でありがちな他社の中古ではない)を積極的に導入している一方、古い車両でも大切に使う。使用車両三菱ふそう製がほとんどで、ごく一部に日産ディーゼル車両が存在する。(ただし発売元は三菱ふそうトラック・バス

営業所と路線

豊橋営業所

豊橋市植田町にある。かつての豊橋鉄道自動車営業所。最寄りのバス停植田庫前で、隣接する庫の名前も植田庫である。ちなみに植田庫前には一般路線バスは発着せず、高速バスのみ発着する。車両の入出庫は較的距離の近い豊橋ハートセンター、西高師などを発着する便で行う他、豊橋駅との間を回送する場合もある。

担当路線

05・06・07・08・09中浜大崎線

豊橋駅を起点にユナイテッド・シネマ豊橋18のある藤沢町、ユタカ自動車学校豊橋校、中野町を経由し豊橋ハートセンター、トピー工業、デンソー豊橋工場までを結ぶ路線。藤沢町までは本記事初版作成者が最も多くお世話になった路線である。
05系統は平日に1本だけ運転される免許維持路線。09系統は1日1本だけ設定があるが、こちらは免許維持路線ではない。

11・12小浜大崎線

豊橋駅前から藤沢町までは中大崎線と同一ルートを走り、藤沢町から先は小・二回新田を経由して大崎までを結ぶ路線。日中大崎バス停まで渥美営業所担当の伊良湖本線が運行しており、終点大崎停留所には夕しかバスが来ない

21・22・25三本木線

1999年に運行を開始。西高師野依間の運行休止、くすのき特別支援学校への延伸と西高師野依間運行再開を経て現在に至る。

2016年にくすのき特別支援学校行の22系統でバス停飛ばしが発覚した。

32・34・35・36・37技科大線

豊橋駅前と豊橋技術科学大学、りすぱ豊橋、福村を結ぶ路線。

45・47天伯団地線

豊橋駅前と伯団地を結ぶ路線。45系統と47系統の違いはサイエンスコアを経由するか否か。

50牛川金田線

豊橋駅前と金田住宅前を結ぶ路線。特にこれといって書くことはない。

55・56・57二川線

JR東海バス名線の愛知県部分を引き継いで運行を開始。一里山を発着するのは平日の1日1.5往復のみで小学生登下校的での路線となっている。二東海大ホール前を結ぶ路線は不定期運行で、エホバの証人東海大ホールで何か行事がある時に運行される。ただし本記事初版作成者は一度も東海大ホール前に豊鉄バスが来たのを見たことがない。

61・62・63飯村岩崎線

いむれ いわさきせん」と読む。63系統の終点である岩口では路面電車の東田本線と接続し、毛湿原へ行くこともできる。

65西口線

バス豊橋駅東口から発するが、反対側の豊橋駅西口へ行く路線ではない。西口町という場所へ行く路線

西口豊橋市民病院線

平日のみ運行する。豊橋市病院行は巻取り式の行先表示器装備幕、西口行は幕で表示する。

68岩田団地線

岩田団地バス停周辺では循環しており案内放送でも「岩田地方面行」と案内される。

岩田団地豊橋市民病院線

平日のみ運行。豊橋市病院行は巻取り式の行先表示器装備幕、岩田地方面行は幕で表示する。

80・81牟呂線

かつては呂循環と呼ばれており、名称が変わった現在も循環している。80系統の最終便は西前まで行かず、西部団地止まりとなる。

82神野ふ頭線

終点の西ふ頭北バス停平日のみ乗り入れ。西ふ頭北バス停メルセデス・ベンツダイムラークライスラーという名前だったことがある。

83・87・88豊橋市民病院線(新栄経由)

豊橋駅前と豊橋市病院・総合卸団地・総合スポーツ公園を結ぶ路線。豊鉄バスで最初にノンステップバスが導入された路線でもある。

85・86・89豊橋市民病院線(吉川町経由)

2013年名鉄バス東部西浦豊橋線、西循環線の一部区間を引き継いで運行を開始。

84卸団地線

豊橋市病院線の影に隠れているがこんな路線も存在する。ただし本数は少ない。

レイクタウン線

レイタウンとその周辺を結ぶ路線。利用者数が少なく、止の危機している。

渥美営業所

田原市渥美町福江にある。かつての豊橋鉄道自動車営業所福江営業区。最寄りのバス停は保美。

渥美半島を走る伊良湖本線伊良湖支線の2路線を担当し、所属車両が全て大という営業所。

担当路線

02伊良湖本線

豊橋駅から田原前を経由し伊良湖岬までを結ぶ路線と田原市の中心部を走る路線の総称。02系統は豊鉄バスはおろか、愛知県内を走る路線バスで最長距離を誇る。田原前発江間・渥美支所経由の保美行は福江高校登校日のみ運行。豊橋駅発着の02系統を終点まで乗り通す人がいるのかとか考えちゃダメ。

かつては伊良湖特急フラワー号、伊良湖ライナー号という称の速達便もあり、フラワー号には2階建てバスエアロキングが使われていたこともある。

伊良湖支線

伊良湖本線の通らない地域をカバーする路線。

新城営業所

新城市富永にある。かつての豊橋鉄道自動車営業所新城営業区。最寄りのバス停新城富永。かつては新城市八束穂(現在新東名高速新城インターチェンジ付近)に所在したが、新東名高速の建設に合わせて移転し、一部路線の再編も行われた。

直営路線のほか、新城市コミュニティバスであるSバスの運行も一部担当する。

担当路線

70・71・72・73・74・75豊橋和田辻線

かつては富岡線と名乗り豊橋駅前から和田大原を経由し新城までを結んでいたが、補助の関係でで運行を分断。嵩山線と統合する形で現在の形となった。四ツバス停から歩いてすぐの場所に東名ハイウェイバス豊橋バスストップが存在するが、停する本数が1日1往復のみと非常に少ないので正直言って使い物にならない。

和田辻豊橋市民病院線

和田線と豊橋市病院線の直通系統。平日のみ運行し、この関係で豊橋市病院線も新城営業所の車両が使われるようになった。

豊川線

豊橋駅前と豊川市病院・豊前・本宮の湯を結ぶ路線。起終点だけ見るとJR飯田線と競合している。

2016年豊川市病院止まりの91系統、豊川市コミュニティバス一宮線直通の96系統でバス停飛ばしが発覚した。

新豊線

庫のある新城富永豊橋駅を結ぶ路線。こちらも起終点だけ見るとJR飯田線と競合している。

田口新城線

かつて存在した豊橋鉄道田口線止代替路線のような性質を持つ。

Sバス

新城市コミュニティバス。中利線、吉川市川線、作手線の3路線を受け持つ。いずれも豊鉄バスの路線図に記載されているが、豊鉄バスの乗車券は利用できない。

豊川市コミュニティバス

府線と一宮線を受け持つ。豊鉄バスの路線図に記載があり、乗車券も利用できる。豊府線では専用の小ノンステップバスが使用され、一宮線は全便が96系統豊川線と直通する。

高速バス

新宿豊橋線

正式名称「新宿豊橋エクスプレスほの」。田原前、藤沢町、豊橋駅前、豊前を経由しバスタ新宿中野駅練馬駅を結ぶ夜行高速バス。豊鉄バス豊橋営業所と関東バス丸山営業所の共同運行路線で、40人乗りハイデッカートイレ付き車両を使用する。続行便にエアロキングが入ったこともある。

その前身はジェイアールバス関東1993年撤退)・ジェイアール東海バスとの共同運行路線だった伊良湖ライナー号。現在のほの号とは異なり東京駅を発着する行便と夜行便が設定され、行便は2001年1月まで運転されていた。ちなみに2001年以降は運行に使用する車両の所属に関係なく、東名静岡に東をジェイアール東海バスの乗務員が、西側を豊橋鉄道(当時)の乗務員が担当する形になっていた。

豊橋京都線

正式名称「ほの」。豊橋駅前、豊前と京都駅を結ぶ高速バス。豊鉄バス豊橋営業所の単独運行。無料自転車積載サービスを実施している。こちらもトイレ付きハイデッカー車両を使用するが、三河の手筒花火ラッピングした専用車両が使用される。本路線運行開始前は中部国際空港エアポートバスに使用されていた。

新城名古屋藤が丘線

称「山の」。新城南の通から名古屋市藤が丘駅長久手市の長久手古戦場を結ぶ都市高速バス。豊鉄バス新城営業所が単独で運行する行路線で平日は3往復、休日は2往復が運行される。車両新宿豊橋エクスプレスほの号から転用されたエアロバス555が使われ、555号が運用できない時は貸切071号(平成10年エアロバス)で代走していた。2017年3月より555号はエアロエース636号に置き換えられたが、555号も予備として時折運行されている。

全席定で、乗には事前の予約が必要。まあ実際のところ閑古が鳴いているらしく、予約せずとも乗れる場合が多いが。

9m大型車の宝庫

豊鉄バスはその前身の豊橋鉄道直営時代、三菱ふそうの9m大バスを大量に導入していた。9m大とは体長が9mと中並ながら、体幅は2.5mと大レベルの物である。大ショートとも言う。

豊鉄バスは三菱ふそうバスを導入しており、9m大であっても例外ではない。9m大市場いすゞ自動車が一番強く、三菱ふそうは最もシェアが少なかった。しかし豊鉄バスは1988年エアロミディMM登場から1996年ニューエアロスターMMまで積極的に導入していた。カラーリング名鉄グループ共通の紅白塗装都市バスシステム対応カラー、復刻塗装など多種多様に存在した。

しかし老朽化とバリアフリーの進行には勝てず、年々数を減らしている。2017年3月現在新城営業所に集められており新城営業所の所管する一部の路線で運行されている。

関連動画

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/19(土) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/19(土) 19:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP