今注目のニュース
Gカップグラドル・安位薫、服着用の姿披露 表情に心配の声も
地下室にある12の物のうち、最初に注目した物であなたに潜んでいる悩みや思いをあぶりだす心理テスト
我が子がADHDと診断され、自分もADHDであることがわかった母親(オーストラリア)

赤沢泉美単語

アカザワイズミ

掲示板をみる(66)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

title

赤沢泉美(あかざわ いずみ)とは、小説アニメAnother」の登場人物である。

担当声優米澤円

概要

ここではアニメ版の活躍について説明する。

山北中学3年3組のクラスメイト。出席番号は1番。演劇部所属。

からクラスを守る対策係を務めており、3年3組のリーダー的存在。長いツインテールでまとめており、鼻のくっきり整った美少女リボンを付けることが多く、制服時はいつもニーソックスを履いている。望月優矢が働いている喫茶店ハワイコナエクストラファンシーがお気に入り。

桜木ゆかりの後任として中盤からはクラス委員長も兼任、名実共にクラスの中心人物となる。責任感が非常に強く、3年3組の災厄に対してよりも摯に取り組んでいるのだが、真剣すぎるあまりに、にでも厳しく物事をはっきり言うため、高林郁夫のように彼女のやり方に反感を持つクラスメイトもいる。

彼女が自ら危険を伴う対策係を買って出たのは、1年半前に従兄赤沢を災厄で失ったことに起因する。この時、後に3年3組に転校してくる榊原恒一と出会い、それが彼女の大きな転機となる。恒一に密かに思いを寄せており、見崎鳴と同様に「いないもの」とした際は、罪悪感から先立って謝罪の言葉をかける。恒一が「いないもの」から解除されると、次第に共に協し合うようになっていく。

しかし、現によるクラスメイトの悲劇が止まらないことに対し、「いないもの」である鳴が非協的と思うようになり、合宿で謝罪を要。鳴との関係が険悪したものになってしまう。そんな中で、対策係の相棒でもある杉浦多佳子暴走とその末路をにして逆上。恒一を殺そうとした風見智彦を逆に撲殺し、鳴も惨劇の元だと思って殺そうとするが、その最中に落によって割れガラスの破片を全身に浴びてしまう。多量の出血で意識が朦朧とする中で恒一との出会いを思い出すが時既に遅く、現による記憶の竄で恒一が覚えていなかったことに念の思いを残しながら、薄幸の短い生涯を閉じた。彼女の死によって、5人いた対策係全員が非業の死を遂げたのである。

彼女る上で欠かせないのは、「報われない想い」による悲劇である。先述の恒一への片想いもそうであるが、死んだの分まで現に懸命に立ち向かいながらも、その努回りすることが多く、友人たちが次々に死んでいくのをの当たりにする。そんな中でなにもできない自分に苛立ちと悔しさに苦悩し、悪循環が更なる悲劇を呼び、そして最後には赤沢さん自身が犠牲者になってしまったのだから・・・。現はなぜそこまで彼女を苦しめたのか、思わずを呪わずにはいられない。

アンチからは「無能」と非難される事もあるが、赤沢さんほどクラスのために必死になって戦った生徒がいないことは紛れもない事実である。視聴者の中には、赤沢さんの死を悼み涙する人も多く、それだけ彼女ファンからいかにされているのがよくわかるだろう(二次創作ギャグネタでは、無能と散々いじられているが)。

他メディア作品との対比

アニメ版で準役とも言える活躍を見せ本編を大いに盛り上げた赤沢さんだったが原作では名前こそ時々出てくるものの、直接登場するのは上記の10話における合宿シーンくらいしかなく、恒一と鳴を敵視するだけの単に嫌みな端役程度の扱いである(恒一に片想いする描写も当然い)。その結末も、発狂した管理人に襲われてもみ合いになる内に、ベランダから転落。首のを折って死ぬという、アニメ版の小椋由美ブリッ死に近い最期であった。

実写映画版では秋月三佳が演じた。開こそアニメより後だが、撮影がかなりい段階から始まっていた映画ではさらに扱いが酷くなり、災厄で自暴自棄になり、クラスメイトの和久井桜子に襲撃するなど、全に悪役ポジションになってしまっている。さらに鳴を殺そうと追いかける最中、ボートを止めていたピアノ線が引っかかって首が吹き飛ぶという悲惨な死に方を遂げた。この場面は予告編でも使われて衝撃を与えたが、まだ赤沢さんがアニメや後述の漫画人気が出る前だった故に、このようなキャラにされてしまったのだろう。

彼女キャラクターが大きく変わったのは清原紘の漫画版である。桜木とは親友であり、勅使河原直哉からは惚れられているなど、原作べて人間関係が広がった。そして従兄ではなく実)が災厄で死亡する悲劇に見舞われるといった描写があるのは漫画が初出となっている(但し、原作アニメ版と違って漫画版は小椋由美が登場しないため、赤沢さんの引きこもり設定になっている)。漫画版の赤沢さんは、鳴や恒一に対して怒りや憎しみの言葉をぶつけているが、こうした背景によって単なる悪役ではなく、現による悲劇が全面的に押し出されるようになっており、人間味がかなり増すようになった。桜木の死によってどんどん精的に追い詰められていき、狂気の中で鳴を殺そうとする姿は、恐ろしさよりも痛々しさを感じさせる。

メディアとの最大の違いは、合宿で怪はしたものの事に生き残ったことである。勅使河原に支えられ、も切ったラストの赤沢さんは、憎しみや怒りから解き放たれ、前向きな未来を感じさせる結末を迎えている。

アニメ版の反響

そしてアニメ本編が放送されると、漫画版以上にクローズアップされ、原作からのメインヒロインである見崎鳴と共にダブルヒロイン的存在にまで昇格した。加えて、恒一に密かに思いを寄せるが素直になれないツンデレキャラ確立し、最終話の悲劇的な結末に対し、水島努監督Twitterで謝罪するという異例の事態を起こすなど、その人気原作者の綾辻行人はもちろん、アニメスタッフも想像していなかったまでに上昇したのである(原作漫画版では恒一と敵対関係であったため、アニメ放送以前からAnother本編を知っている読者にとってはかなりの驚きだったらしい)。

こうしたこともあってか、二次創作でも赤沢さんは大変人気である。特にツンデレヒロインとしての側面を特に強調されることが多く、ギャグ方面になると恒一や鳴にいじられることが多い。他にも、アニメ第8話では中学生とは思えぬ巨乳であることが判明し、色気では鳴に勝っている。アニメ本編が悲しい結末だったこともあり、恒一と結ばれたり、鳴と和解するなど、ファンにとってどうしてこうならなかったと言えるような救済ルートの話もよく見られる。アニメ版の人気によっては、他の作品のようにゲームによるif展開も公式で起こりうるかもしれないため、今後の動向にも注したい。

ところで、こうしたファンのみならず、Another視聴者の多くから、彼女は「赤沢さん」もしくは「アカザーさん」と呼ばれることが多く、名前で呼ばれることは滅多にない(本編もそうなのである意味当然かもしれないが)。ファンだけでなく、なんと原作者の綾辻行人も、漫画版では「(原作と展開が異なる)赤沢さんがどうなっていくのか気になる」と、“さん”付けで呼んでいる。

また、あまりにも報われない悲劇のヒロインとして視聴者の記憶に強く残ったためか、非公式ながらもに報われない女性キャラクター人気投票では、めんま美樹さやかといった強を抑え、堂々の第1位いた(本人にとってはちっとも嬉しくないだろうが)。

余談だが、彼女を担当した米澤円は「けいおん!」の平沢憂役で知られているため、役のギャップに驚いた人も多かったという。

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 64ななしのよっしん

    2016/08/15(月) 03:04:48 ID: VlF2XOzORV

    よりも現を憎んでいた赤沢さん
    その現に取り込まれてしまったか……えげつない。
    ゆっくり眠らせてあげたいものだ。

  • 65ななしのよっしん

    2018/01/14(日) 16:05:36 ID: t4F9Qfwej2

    想くんが引き取られたってもしかしたら…

  • 66ななしのよっしん

    2018/11/21(水) 04:31:32 ID: Jor4dDt3r6

    来世では、恒一と結ばれて幸せになって欲しいな・・・TT

急上昇ワード

最終更新:2019/07/21(日) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/21(日) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP