今注目のニュース
「岸辺露伴は動かない」新作OVA制作決定ッッ! 「懺悔室」「ザ・ラン」を映像化、さらに全国6都市での上映イベントも
なぜ「ドラクエV」はここまで「語られる」のか? “ビアンカフローラ論争”がいつまでも終わらない理由と「ドラクエV」というゲームの巧妙さ
フェンスにくくりつけられたハスキーを救出した警官、すっかりほれ込み無事飼い主となる

軒轅剣外伝 蒼之濤単語

ケンエンケンソウノトウ

掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

軒轅剣外伝 蒼之濤とは、2004年に発売した、台湾RPGシリーズ軒轅剣」の第7作である。
本作を原作にしたテレビアニメ軒轅剣・蒼き曜」は2018年に放送された。

概要

物語舞台は紀元前629年、中国時期。世の中のあらゆる「生」を管理する「太一の輪」により、歴史は三つの平行世界に分岐した。歴史変ためにそれぞれの未来からこの時代に来た「桓遠之」「慕容「七曜使者」、彼らのに巻き込んまれたのは一人の少女芸」だた。

登場人物

主人公

時期小国」に暮らす14歳少女「木甲術」を精通している、両足は自製の木製義足、木甲を操って戦う。故に滅ばされ、身寄りが亡くなったから、戦争助けてくれた嬴と一緒に行動することになった。「機関」を操る七曜使者の関係者だと疑われ、「太宮」に追われる。終盤にて仲間と共に日曜使者たちを助けるため、月曜使者に立ち向う。物語の最後、桓遠之を阻止しようとして、彼に誤殺された(桓遠之はを破壊するつもりだが、芸はった)。
の養女、軒轅剣を持つの女士。本名は「慕容芸の生まれ変わり。千年後淝の戦いにて前が敗れた未来の武将。「留侯夫人」の協を受け、この時代に来た。
「太一の輪」がいる「界」を進入するに必要な「后祭器」を集めるために「塗山氏後裔」と名乗りする。芸死後、彼女の記憶を受け継いた。その後自分の時代に戻り、留侯夫人に従う、戦争難民を「郷」に導くことを務める。エピローグにて「太一殿」に行き、桓遠之と再会した。
オープニングムービーにて登場した慕容とは平行世界の同じ人)
桓遠之
宮の子「負屭」。通常攻撃は簫で刺す。千年後淝の戦いにて東が敗れた未来の文官。「疾鵬仙人」から「五岳結界」などの知識と書」を授けられ、この時代に来た。
かつて芸に命を助けた、彼女戦争中に亡くなったと重ねている。芸が太宮に敵視されも関わらず何度も彼女を助かった、挙句に太宮に追い出された。物語の最後、太一の輪に「」を刻し、成功したが、その代償として、芸が死亡、自分も「太一殿」に千年間囚われた。

太辰宮

の祭組織、君を棚上げにする、の実質的な権集団。

「太大人
宮の導者。下を統一することを予知、桓遠之の提案を採用し、五岳結界を実行した。
子「睚
負屭(桓遠之)の師匠。この時代の最強者であるが、月曜使者に全く敵わぬ、秒殺された。
子「囚
最弱ですが、太宮での地位は高い、最後は九一の生き残りになった。
子「螭吻」・子「嘲
子、負屭(桓遠之)の兄弟子。師匠と共に月曜使者に殺された。
子「」・陸子「霸下」・子「狻猊」・捌子「狴犴」
中国時代に存在した遊牧民族)出身、「山」と呼ばれる。地位が奪われ故に負屭を憎む、彼を殺そうとする時、嬴阻止され、殺された(嬴木曜使者に陰で援護された)。

七曜使者

年後の未来から来た七人の戦士、この時代においては「無敵」とも言える。彼らの歴史は元の歴史よりめに下を統一し、「機関術」を駆使して周辺の侵略し続ける。彼らはそのを反抗する組織のメンバーである、「中界人」と「二代中仙」の協によってこの時代に来た。

彼らの的は「歴史改変阻止」と「太一の輪の封印」、そのために五岳結界を破壊し、后祭器を集まる。しかし、任務の成功は彼ら自身の消失を意味する、彼らもこれを覚悟したが......

アニメ軒轅剣・蒼き曜」は彼らの前日譚である。

日曜使者 項楚
荊族、七曜使者のリーダー月曜火曜水曜木曜金曜は彼が拾った戦災孤児。
火」を起動した絶望し、仲間を連れてこの時代に来た。「歴史を元に戻す」という使命の裏に、「子供たちが絶望の世界から逃げて、安らかな最後を迎える」の願いを秘めている。
檀越之のを反対し、彼に重傷され、自分を助けた主人公たちに檀越之の阻止を頼んだ。
最後は養子たちの悲劇を見届けた後、「太一の輪」を封印し、自分の歴史と共に消失した。
月曜使者 檀越之
族、項楚の養子、慕輿柔の人。七曜使者の中でも最強である。歴史修正の自殺任務に反対、この時代で理想のを作ると計画した。そのために義を重傷させ、仲間を「伏琴心法」で操る。主人公たちに敗れた後、項楚の説明によって自分の計画は根本的に実現不可能のことを悟り自害した。
なお、項楚の計画を反対するきっかけは子供時代のトラウマを見せられ、暴走して子たちを殺したこと。アニメによると、その暴走には「火の」が関わっているかもしれない。
火曜使者 欒提熾
匈奴族、で仁義を重んじる男。項楚の養子であることはアニメにて判明した。
項楚を守るため月曜使者に立ち向う、同時に五人の七曜使者と対抗し、戦死した。
水曜使者 慕輿柔
鮮卑族、項楚の養女、檀越之の人。苻殷に「自分が操られたら止めを刺してくれ」と頼んて、檀越之を説得しようとした。結局、檀越之に術をかけられ、苻殷に殺された。
木曜使者 苻殷
族、項楚の養女、拓跋淵の人、芸の生まれ変わり、慕容とは同じ魂を持つ。書を使って戦う。任務以外は拓跋淵と一緒にこの時代の平和を満喫している(自殺旅行)。一度檀越之に操られたが、慕輿柔に術を解けてくれ、主人公たちに加勢した。最後は拓跋淵と相打ちとなり死亡
軒轅剣・蒼き曜」では主人公された。
金曜使者 拓跋淵
鮮卑族、苻殷の人。軒轅剣を使う士。項楚の養子であることはアニメにて判明した。
昔から傷によって口がきけなくなったが、苻殷はから彼の考えを読める。終盤にて檀越之に操られ、最後は自分を阻止しようとする苻殷と相打ちで死んだ。死に際、「殷」の呻きを出した。
土曜使者
族、項楚の旧友、桓遠之と同じ魂を持つ。元はの首席機師だったが、項楚にめされ、彼の営に寝返た。芸の木甲術に夢中したせいで、パートナーの檀越之を放っておいて、彼の暴走を止められなかった。一度檀越之に操られたが、桓遠之の瀕死によって術が解け、主人公たちに加勢した。
最後は芸の記憶を受け継いた慕容に自分の教えた技術を濫用しないように忠告して、消失した。

其他

留侯夫人・二代中仙・疾鵬仙人
前作「軒轅剣」の主人公三人組、それぞれは「慕容」、「七曜使者」、「桓遠之」の協者。ここにおける彼らは別々の歴史の者、特に七曜使者の歴史では「」の出来事が存在しないはず。
中界
初代中仙の子、二代中仙の兄弟子、七曜使者の協者。

用語解説

上古十大神
東皇鍾、軒轅剣、盤古、煉妖、太一輪、伏羲琴、、崆峒印、崑崙、女媧石。
軒轅剣
大神器の中でも「最強」と言われる、限のを持つ。本作は二つの軒轅剣が登場する、一つは慕容、もう一つは拓跋淵が所持している、「軒轅剣vs.軒轅剣」の対決が見られる。因みに、この二つ両方とも未来から持ってこられたもの、この時代の軒轅剣は初代中仙の封印に使われている。
太一の輪
界」にいる「太一殿」に蔵され、世の中のあらゆる「生を管理する器。
例えば、太一の輪に「」を刻むと、「に勝つ」ことになる。本作にては、中国歴史上名前は「」と「」の政権が複数いるため、意外の結果になった。
太一の輪に生を刻む方法二つある。一つは太宮が伝承する「五岳結界」:五人の童女を生贄にして、五岳にて結界を設置し、外部から生変する。も一つは千年一度、太一殿が開ける時、后祭器」を三つ集め、それを使って界に進入し、直接輪に生を刻む。
物語の最後、太一の輪は「封印」に封印された。そのため、生変は不可能になった。そして、その「」は「輪」のかわりに十大神器の「」になった。
伏羲琴、、崆峒印、崑崙、女媧石で組み上げる法。崑崙を中心にすると時間移動できる。
機関
子、輸盤、子共に発明した技術。古代ロボット工学。歴代多数の作品にて活躍した。
木甲術
機関術より前に生まれた技術、機関術と似て非なる。
中には十大神器の「東皇鍾」によって作られた「世界」が存在する、生物妖怪などを捕まえて町を作ることができる。ゲーム的にはアイテムと装備の生産、スキルの習得などの機がある。
伏琴心法
大神器の「伏羲琴」のを模した法術、人の精を操る、人の今生、前生、後生を調べることができる。十大神器を持つ者には効、だから解放された軒轅剣を持っている主人公たちに効かない(拓跋淵たちにかけた時、拓跋淵の軒轅剣は封印されたまま)。操られた者が瀕死になったら術が解ける。
軒轅剣」にて登場した、限のエネルギーを持つの物質、かつてこれを発明した古を破滅した危険のでもある。「」にて初代中仙が火に殺された(項楚の発言によると、彼らの歴史でも同じだた)。火の正体は地獄間を物質化したもの、地獄人間界の間の通路を開けることができる。(後付け設定だが)「之舞」のヒロイン「桑紋錦」は火から煉妖を使ってつくられた。

平行世界について

平行世界

本作において三つの平行世界がある。

A歴史の桓遠之が過去に行き、歴史

B歴史誕生

B歴史の慕容過去に行き、歴史

C歴史誕生 ←「軒轅剣・蒼き曜

C歴史の七曜使者が過去に行き、歴史変 ← 本編

だが、歴史が決定されると、他の歴史とその歴史人間消失する。例えば、七曜使者が太一の輪を封印して、歴史がA歴史に戻ると、B歴史とC歴史消失する、C歴史から来た自分たちも消える。桓遠之は「失」を使って過去に来たため、「崑崙」に守られている、消えることがない。

物語の最後は歴史がB歴史になった。中界人によると、A歴史は繁栄の歴史になる。

同じ魂を持つ別人

本作では、時間旅行平行世界によって、「同じ魂を持つ人」同士が会える。例えば、芸にとって、慕容と苻殷は自分の違う未来と時代の生まれ変わり(が、芸は最後までそれを知らない)。

同じ時間にいる「同じ魂を持つ」人同士は、相手が危機する時それを感知できる。また、相手が瀕死になると伏琴心法の効果が解ける。前世と来世の場は、前世が死亡すると記憶が来世の人に受け継ぐ。

「秦」と「晋」

中国歴史上には「殽の戦い」と「淝の戦い」という二つの戦闘が存在する。前者の時代は前627年(芸の時代)、交戦双方は「」と「」、後者の時代は約千年後の383年(桓遠之と慕容の時代)、交戦双方は「前」(慕容)と「東」(桓遠之の)。

A歴史は淝の戦いにて前が東に勝つ、その歴史の桓遠之はその結果を変わるため太宮のいる千年前に行く、五岳結界ので太一の輪に「」を刻む、東が前に勝つにした、それはB歴史

B歴史の慕容は太一殿が開ける千年前に行く、后祭器を集め、界に進入、輪に「」を刻った。それによって、「殽の戦い」にてを勝つ、元より下を統一した、それはC歴史

本編物語の最後、太一の輪が封印され寸前、桓遠之が輪に「」を刻む、歴史をB歴史にした。

関連動画

関連項目

外部リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/18(日) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/18(日) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP