転職単語

テンショク

1.6千文字の記事
掲示板をみる(70)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
  1. 現在ついている職を他の職に変えること
  2. RPGなどにおける「職業」「クラス」を変更するシステム。 → クラスチェンジの記事参照

ここでは、1.について解説する。

概要

ざっくり言うと、今勤めている会社をやめて(あるいは自営をやめて)、別の会社に就職する(あるいは自営を始める)こと。

転職理由はさまざまであるが、概ね

などがある。

転職活動について

もしあなたが退職届を今まさに出そうとしてるなら、ちょっと待って欲しい
就職活動時にはなかった、転職活動のメリットみすみす捨てている。

就職活動であれば、「内定がでない」ということは既卒になることや就活留年しなければならないなど、もう数え切れないぐらいデメリットがある。

でも今あなたには職がある。別に内定が出なくたって何の不都合もない。
内定が出なければ普通に働き続ければいいのだ。

第三志望程度まで会社を絞り込み、それ以外の会社は面接カンを養う場として捨てる。
自分が納得の行く会社にめぐり合うまで延々と転職活動できる。
これが在職中に転職活動を行うメリットである。

どうせやめるなら、今より待遇のいいところに転職しないと意味がない。そうでしょ?

明らかブラック企業に働いており、精的にボロボロ限界
 自殺しか考えられない場合はまず逃げてください。(緊急避難) ブラック企業も参照。

リベンジ転職について

就職活動との転職活動の最大の違いは、問われるのが「学生時代にやってきたこと」から「社会人時代の実績」に変わること。より実勝負に近くなる。

逆に言えば、学生時代のクラブ活動や、バイトリーダーボランティア海外に行ってきました~など就職活動に役立ちそうな経歴はあまり問われることはない。
これは新卒には「自社で育てるに値する優秀な素材」をめているのに対して、社会人には「すぐ戦になる人材」をめているから。

ゆえに、就職活動時に上記のようなリア充経歴をほとんど持っていないものの、社会人になってからその業界で有用な資格を取ったり、それなりの業務経歴を明できれば転職活動がスムーズに進むであろう。

リアだが職場で重宝される人材が就職活動時の失敗を取り戻す、これがリベンジ転職である。特に採用時に不気だった人は回復時に上記のようなリベンジ転職を行う場合が多い。

今の会社が実を評価してくれない?じゃあ一度自分の実が世間でどう評価されるか、転職市場に聞いてみればいいんじゃない?

転職サイトの過信は厳禁

転職先がブラック企業だった…

今の時代は直接企業ハローワークに出向かなくても就職先を探すことはできる…が

転職サイトサービスによって得意分野や取り扱う企業も異なるため、「いい所を見つけてくれるだろう」「どこでもいいや」と手放しで全部を任せ、何も考えず紹介された企業に即就職…というのは危険。

転職サイトを使うのも手ではあるし、絶対に悪いという事ではないのだが、向こう側のノルマ就活成立)のために向こうからブラック企業適当に選んでくる場合もあるため、過信は厳禁。

 「紹介した企業が絶対にブラック企業ではありませんよ」と保付きで保してくれる訳ではない。その企業は必ず調べておこう。「ブラック」「残業」「帰れない」などネガティブな要素も併せて検索すること。

年齢学歴、成績、資格といったあらゆる面で不利なのにも関わらず、妙にあっさり内定が出る場合も警しておいた方が良い。(人材消耗がしく、新しく使い潰せる人材を探している場合もある)

→ ブラック企業 の項も参照。

関連項目

関連動画

関連商品

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/11/29(火) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2022/11/29(火) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP