今注目のニュース
ついに高齢者の「事故多発」原因が判明!?その理由は...
声優・小野友樹が優れた運動神経を披露も、足つぼマットの激痛には“瞬殺”
ヒトと交流するために進化? オオカミにはないイヌの表情

軽井沢スキーバス転落事故単語

カルイザワスキーバステンラクジコ

掲示板をみる(54)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

軽井沢スキーバス転落事故とは、2016年1月15日長野県軽井沢町で発生した交通事故である。

概要

2016年1月15日午前1時55分頃、群馬県から長野県に向けて碓氷バイパスの入山付近の緩やかな下り坂を走行していたバスが、左側のガードレールに接触した後に、反対線に飛び出して右側のガードレールを突き破って転落。バスは横倒しとなり、木に衝突するなどして大破した。
乗客乗員41人中、乗客13人、乗員2人(運転手と補助員)が死亡し、1人が重体、24人が重軽傷を負った。バス事故として10人以上の死者が出たのは30年ぶり、つまりここ30年で最悪のバス事故である。

このバスは、東京都渋谷区ツアー会社「キースツアー」が企画し(ただし、別の旅行会社2社の客も乗していた)、(旅行会社「トラベルスタンドジャパン」を仲介する形で契約した)東京都昭島市バス会社「イーエスピー」が運行していた原宿から長野県飯山市斑尾高原に向かうスキー旅行企画旅行)の貸切バスであった。格安であったと言うこともあって乗客の大半が大学生であり、死亡した乗客は全員大学生であった。

死者

道路の状況

事故を起こした現場である碓氷バイパスは、碓氷峠経由の国道18号バイパスとして1971年に有料道路として開通したが、急カーブが多い難所である。後に1993年上信越自動車道藤岡IC佐久IC間)が開通し、楽に碓氷峠えられるようになったため、群馬県長野県の間は上信越自動車道を通過するのが基本となっている。
それでも碓氷バイパスを通過するは存在し(特に無料化された2001年以降)、ある程度交通量がある。ただし、間はが少ないため、走行するには注意が必要である。

事故を起こしたバスも行程表では松井田妙義ICから上信越自動車道に乗ることになっており、この計画は安全基準を満たしていた。しかし、実際に運転手に渡された運行示書には出発地と的地しか書かれておらず、どこを経由するのかは全く記載がかった。このため、不慣れな運転手がに迷って上信越自動車道ではなく碓氷バイパスを走行した可性がある(運転手については後述)。しかし、これについては乗務員が死亡してしまったため、のままである。

事故現場については道路凍結していなかったことや入山付近(つまり上りから下りに切り替わる部分)であることから、居眠り運転もしくは上りが終わって気が緩んでしまったものと考えられるが、これものままである。なお、事故現場にはタイヤが1本しかないことから、下り坂でスピード過になっていたところで事故直前にカーブを曲がろうとして急ハンドルを切った結果(急ブレーキを踏んだ可性もある)、片輪走行状態になってしまったようである。

ツアー会社とバス会社について

まずツアー会社である「キースツアー」であるが、格安・安を謳って格安の企画旅行を販売していた。その安さは長野県スキー旅行が最安で1万円を切るほどであった。なぜ安価格を提供できたかというと、代理店販売やシャトルバスカットしたからと公式には記載されているexit。当然ツアーの中身も値段相応であり、手配されたホテルボロボロであったり、食事が貧相である、契約内容と実際が異なるなどかなりよろしくないものであったようである。また、旅行条件書exitには事故を起こした際の賠償・回収が困難であるため、保険加入をお願いするような文章が書かれている。
最終的に「キースツアー」は、1月15日以降のツアーを全て中止した。
その後、「キースツアー」は「トラベルスタンドジャパン」に対して、「今は少なく運賃を値下げしなければ客が来ない」として、往復バス運賃の法定運賃(約27万円)を下回る運賃(約19万円)でバス手配の契約を結んでいたことが明らかとなっている(本来は安全軽視を防ぐため、法定運賃を下回ると道路運送法違反となる)。また、こういった低い運賃での契約があったために高速道路を一部区間しか走ることが出来なかったとの言もある。

次にバス会社である「イーエスピー」。この会社は2012年に運送事業許可を得たばかりで、乗務員は他からの転職であった。事故を起こしたバスの運転手も昨年までは別の会社で小バスを運行しており、大バスの運行経験はかったようである。
2015年2月国土交通省の立ち入り捜では、運転手の健康診断、気帯び確認、入社前の適性検などを怠っていたことが発覚し、事故の2日前にはバス1台の運行停止処分を受けていた(たった1台に見えるが、「イーエスピー」は全部で8台しかなかったようで、これは運行に影を及ぼすものである)。事故を起こしたバスの運転手は1度も健康診断を行っておらず、2月に行う予定だったとしている。
シートベルトの装着を底していなかったことが明らかになったほか、事故による特別監では事実と異なる書類が発見され、安全管理がずさんであった可性が浮き彫りとなっている。

ツアーバスの抜け穴

一般的に「ツアーバス」と言うと、2013年に新制度高速バスに統合された「バスだけの企画旅行」のことを想像しがちであるが、本来の意味では「企画旅行の一部であるバス」も含むのである。一般的な「ツアーバス」は2012年関越自動車道での事故が起きたことや、格安料バスが存在していたことから、新制度高速バスに統合されて消滅した(このあたりは「ツアーバス」が詳しい)。
しかし、本来の意味での「ツアーバス」は残っており、そこでの格安設定のバス今日まで事実上見過ごされていた。これは「バス企画旅行の一部」にしてしまえば、格安バスを走らせられると言うことになり、これが抜けとなっていた。こういった抜けが今回の事故を起こしたとも考えられることから、いつこういった事故が起きてもおかしくない状況だったとも言える。

バス全体でめて安全対策を見直さなければならないのは明らかであり、場合によっては企画旅行の格安設定も困難になることであろう。もはや、格安で旅行すると言うことが現実的ではなくなってきたとも言えるかもしれない。

再発防止策とこの事故の教訓

まだ事故が起きたばかりなので、具体的な政府の施策等は未定であるが、インターネット上では規制緩和の見直しや、安全基準の強化、許可制から免許制への回帰といった対応が考えられている。

また、々消費者としても、安値思考になり過ぎないことや、高くても鉄道飛行機と言った移動手段を採用することで被事故確率を格段に減らすことが可である。死亡事故に至らずとも、報道されないだけで死者が出なかった接触事故や危うく事故になりかける事例はもっと多く起きているのである(ハインリッヒの法則

今回の事故でも、難を逃れ救助された人の中には「で帰りたくない、新幹線で帰りたい」と訴えた人もいたが、事故に遭ってから嘆いても遅いのである。食品でもそうだが、特にこういった自身の身体・生命に関わるような事に対して、投資を惜しむのは悪手だろう。ちなみに、とある会社の社長は「若い時こそ理してでも新幹線グリーン車飛行機ファーストクラスに乗れ、世界が違って見える」と言ったそうである。

関連動画

碓氷バイパスの車載動画。入山は7分22あたり。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/19(水) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/19(水) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP