輪廻天狗単語

リンネテング

  • 0
  • 0
掲示板をみる(51)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

輪廻天狗とは遊戯王OCG海外先行収録のカードReborn Tenguの日本語版名称である。

概要

海外版のExtreme Victoryexitで登場した効果モンスター

効果モンスター
4/属性/戦士族/ATK1700/DEF 600
このカードフィールド上から離れた時、
自分のデッキから「輪廻天狗」1体を特殊召喚する。

極めて緩い条件で後続を展開するを持った効果モンスター
強制効果ゆえ、この手のカードにありがちなタイミングを逃すこともなく、効果が発動し、
較的、高めの攻撃から戦闘でも運用でき、対応が難しい除外や手札に戻すなどの各種除去も苦にしない。
何も考えずにデッキに3枚入れただけでも、場持ち優れ、戦線を維持してくれる強カードだが、
最大の持ち味は相性抜群の自己蘇生を持ったチューナーを使った連続シンクロ召喚である。
TG ハイパー・ライブラリアンを組み合わせると手札を増やしつつ、大量展開を行うことができる。
貪欲な壺墓地のこのカードを戻して、後続を補給しつつ、ドローを行うなど非常に相性が良い。
このカードの発売後、貪欲な壺は制限化したのだが、このカードの存在が影している意見も多い。
また海外では、一時期、エクシーズ素材フィールドに存在するルールが存在していたため、
エクシーズ素材となったこのカードを取り除いて、後続を展開するということが起きていた。
上のとおり、あまりの強さから天狗じゃ、天狗の仕業じゃ!というが聞こえるくらい暴れまわっていたようである。

そして、2012年3月の制限定で相性のいい自己再生を持つチューナー
グローアップ・バルブスポーア(禁止入り、これは現行のエクシーズ推しを進める意味もあるのだろうが)共々、
日本未発売でありながら、禁止制限リスト入り(準制限)となった。
(なお、グローアップ・バルブスポーア現在2016年制限となっている。)

10月発売なんだから規制すんの9月でよくね?
 
例年より、発売日が遅れたものの、事にEXTRA PACK5の発売が決まり、このカードの収録も決まった。
デステングなどとネタで予想されていた日本語版名称も輪廻天狗と割と普通なものになった。カードパワーのほうも、周りのインフレ環境の変化により、少々大人しめになったらしく、2018年4月頃に制限化した。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 49ななしのよっしん

    2018/03/24(土) 00:15:41 ID: QytVvrVx9/

    確かにムーブとして決まればクソ強いけど
    ハンドに2枚きた場合途端に弱くなっちゃうあたり
    ぶっ壊れって感じでもないしまぁいいんじゃない
    3枚引くようなデュエリストはドロー鍛えるところからやり直せ

  • 50ななしのよっしん

    2018/04/14(土) 14:01:29 ID: xxOEcf7XeP

    そういうものか
    まぁ今だと他にも優秀なモンスターいっぱいいるだろうしコイツが2枚から3枚になったところで大して変わらないか

  • 51ななしのよっしん

    2018/12/04(火) 17:41:19 ID: p+O8M7ubBx

    相方次第では化けそうだが、あくまで復帰にてっしてるからかも。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/21(月) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/21(月) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP