轟悠単語

トドロキユウ

2.9千文字の記事
掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

轟悠(とどろき ゆう)とは、宝塚歌劇団の専科に所属している現役男役スターであり、劇団の理事。元トップスター

8月11日生まれ、熊本県人吉出身。血液型A型身長168cm称はイシさん、トムさんなど。

略歴

1985年宝塚歌劇団に入団。71期生である。『あれば命は永遠に演で初舞台を踏む。同期現在女優として活躍中のゆうき(元トップ役)、つばさ(元トップスター)、愛華みれ(元トップスター)、稔幸(元トップスター)という5人のトップスター経験者のったやかな期である。初舞台演後に組に配属された。

1988年組に組替えし、1997年トップスター就任。当初はまりを相手役としていたが彼女が宙組に組変えしたため、新たなトップ月影瞳を相手役に迎える。2000年に『凱旋門』で文化庁芸術演劇部門優秀賞を受賞。

2002年月影瞳が退団したのを期に「春日野八千代に続くような存在になってほしい」と請われ専科へ異動した。2003年に劇団理事に就任。2017年には読売演劇大賞の優秀女優賞を受賞した。

人物

出演作品

凡例

演名(芝居、一幕もの、コンサート等)
演名(レビュー

バウ
:TMP音楽祭・TMPスペシャル・TCAスペシャル

下級生時代

1985年 二都物語 ときめきの伝説
ヒートウエーブ ザ・スイング
1986年
ロータス伝説 パリそれは悲しみのソナタ
哀愁 ラ・ノスタルジー
1987年 ラ・シャンソン ME AND MY GIRL 青春の旋
1988年 リラの壁囚人たち 南の哀愁 永遠のポップ 永遠物語 たまゆらの記 ツーロン薔薇
ビバ!シバ ダイナモ
(東京演)
1989年 ムッシュ・ド・巴里 ザッツ・ムービー! ベルサイユのばら[1]
ラ・パッション! おもかげ
1990年 守に匂い立つ[2] ツーロン薔薇 サウンドインビック・シティ 黄昏色のハーフムーン[3] のもとにて
ブライト・ディライトタイム パラダイストロカー
1991年 [4] エスノ・ポップ 麗なるギャツビー[5] スポットライト・マジック
さわぎ バーズ・コンチェルト
スイートタイフーン
1992年 このの涯まで SONGS IN
YOUR HEART
人たちの神話[6] 忠臣蔵
1993年 天国と地獄 青春フォーエバー ブルボンの封印
TAKE OFF コート・ダジュール
1994年 二人だけの戦場 風と共に去りぬ
(スカーレット編)
まつり’94
を描いてやかに
(70周年記念式典)
雪之丞変化
サジタリウス
1995年 JFK
マニフィーク
タカラヅカ
あかねさす
バロック一夜 マ・ベル・エトワール
1996年 エリザベート メロディーズ・アンド・メモリー
ナターシャ アナジ
La Jeunesse!
1997年 仮面のロマネス ザ・祭典~四組の競宴~
ゴールデンデイズ

雪組トップスター時代

1997年 真夜中のゴースト[7] 第38回宝塚舞踊会 アデュー・
東京宝塚劇場
レ・シェルバン
1998年 タカラジェンヌ 風と共に去りぬ
(全ツアー)
浅茅が宿 THE FICTION
LET'S JAZZ ラヴィール
1999年 再会 ハロー!ワンダフルタイム レビュー記念日 バッカスと呼ばれた男 レビュースペシャル’99
ノバ・ボサ・ノバ 麗なる千拍子’99
2000年 寺田作曲生活40周年記念コンサート 凱旋門 アデュー・TAKARAZUKA
1000days劇場
デパートメント・ストア
2001年 猛き 凱旋門 燃える
パッサージュ パッサージュ
(博多演)
Rose Garden

専科生時代

2002年 風と共に去りぬ
(合同演)
逸翁デー~
タカラヅカホームカミング
STYLISH!
2003年
レヴュー誕生
2004年 飛翔 供養 青い鳥を捜して
タカラヅカ・ドリーム
キングダム
2005年 長崎しぐれ坂
ソウルオブシバ!
2006年 ローマ オクラホマ!
レ・ビジュー・ブリアン
2007年 Kean キー
2008年 明の
Passion
2009年 の錦絵 コインブラ物語
2010年 オネーギンEvgeny Onegin
2011年 おかしな二人
2012年 おかしな二人 エリザベート
スペシャル ガラコンサート
2013年 太平洋 第二章
2014年 風と共に去りぬ The Lost Glory 日本舞踊×オーケストラVol2 Thank you for 100 years
2015年 風と共に去りぬ オイディプス王 New Century,Next Dream
2016年 For the people 双頭の エリザベート TAKARAZUKA
20周年 スペシャルガラコンサート
2017年 長崎しぐれ坂 神家の七人 ジュテーム・レビュー
ルーセル輪舞曲
2018年 ドクトル・ジバゴ 凱旋門


関連動画

関連商品

※キャトルレーヴに行けばもっといっぱいあります。最近アクリルスタンドが出た

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *新人演初
  2. *新人
  3. *新人
  4. *新人
  5. *新人
  6. *バウ演初
  7. *トップお披露
この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 9ななしのよっしん

    2019/09/09(月) 02:24:30 ID: tEHp2oeW2t

    ニコニコ動画で存在を認知してから10年近く経った去年、『凱旋門』で初めて舞台姿を見ました。
    渋みが増されてて哀愁ある役に似合ってて、とても良い観劇体験になりました。

  • 10ななしのよっしん

    2019/12/09(月) 13:11:19 ID: s27f3+82VM

    ゲバラ役の説得がとても良かった。さすがに歌は加齢を感じたけれど、最初の坊っちゃん臭さあふれる青年医師から晩年までの様子が身のこなしで徐々に変わってくる見せ方が上手い。組時代はどれだけすごかったのだろう。

  • 11ななしのよっしん

    2021/03/20(土) 05:06:27 ID: hz2l2TT0go

    理事が退団すると聞いて・・・

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/11/30(水) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2022/11/30(水) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP