今注目のニュース
「鍛えていたら熱中症で死なない」? 『モーニングショー』、元高校野球監督の主張がスタジオ内でも物議
板野友美がすっぴんを披露 「顔や雰囲気が変わった」との声も
「次にくるマンガ大賞」 コミックス部門1位は『薬屋のひとりごと』

近藤浩治単語

コンドウコウジ

掲示板をみる(73)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

近藤浩治とは、マリオシリーズなどのゲーム音楽で知られる日本作曲であり、ゲーム音楽界を開拓したである。

433
 マリオ♪ スーパーマリオブラザーズ

概要

任天堂に所属し、現在の役職は情報開発本部技術部技術課課長サウンド担当。マリオシリーズゼルダの伝説シリーズなどの音楽で知られ、世界でもっとも有名なゲーム音楽ともいえる「スーパーマリオブラザーズ」のステージ曲(「テレッテッテレッテッ♪」で始まるアレ)を生み出した人物。
あのポール・マッカートニーから、マリオの大ファンだという息子をダシに食事に招待され、宮本茂と共にサインをねだられたというぐらい有名。同業者では、下村陽子などが尊敬するゲームミュージックコンポーザーとして近藤の名前を挙げている。

1961年8月13日愛知県名古屋市生まれ。幼少の頃から音楽に親しみ、大阪芸術大学に在籍中はカシオペアなどのコピーバンドを組んでいた。

大学芸術学部芸術計画学科を1984年卒業後、任天堂に入社。なおマリオのキャラクターデザインなどをてがけた現・任天堂情報開発本部製作部長手塚卓志は、大学からの同期である。同年、「デビルワールド」(FC)でデビュー。これは流行にはいたらなかったが、2作に手がけた「スーパーマリオブラザーズ」(FC)が大ヒットとなる。

ゲーム音楽作曲に対して非常にしっかりした信念を持っていて、作曲の際には、ゲームにあった「リズム」、様々な「バランス」、そして「インタラティブ」を生かしたサウンド作りを心がけていると2007年に行われた基調講演でった(→参考リンクexit)。また、バンドオーケストラを使わずに、内蔵音によるシーケンシャルサウンドにこだわる理由もゲームリズム音楽を合わせるため、ともっている。

代表作

シリーズタイトルに関しては、全ての作品を担当しているわけではない

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/23(金) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/23(金) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP