迷列車で行こうシリーズ単語

メイレッシャデイコウシリーズ

  • 21
  • 0
掲示板をみる(1,660)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(21)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。

迷列車で行こうシリーズとは、うp主たちの鉄道の結晶である。なお、同名のコミュニティーについてはコミュ記事を参照のこと。

 概要と歴史(ナレーション:中性ゆっくりさん)

鉄道車両を中心にSofTalkなどの読み上げソフトを用いて解説する、いわば鉄道雑学紹介する動画みたいなものである。
内容も投稿者によって幅広く取りえられており、単なるネタから資料に基づく考察まで様々なバリエーションがある。現在鉄道雑学は迷列車で行こうシリーズ、その他の雑学迷○○シリーズという棲み分けが進んでいる。
ピンときた方もいるだろうが、シリーズ名はジャズスタンダードナンバーの曲名であり、アートディンク社の名ゲームシリーズでもある「A列車で行こう」の韻を踏んでいる。

作者の違いを表わすため、「迷列車(○○)の人」と呼ばれたりタグが付けられたりする。

2009年11月11日迷列車(本家)の人該当記事参照)が投稿した「サンパチ君」こと113系3800番台紹介する、『記憶に残る迷 サンパチ君【迷列車列伝#01】』が投稿された。そのあんまりな車両インパクトもさることながら、軽快なBGMと共に展開される話のテンポの良さ、そして信頼と実績のゆっくりボイスに魅せられ、多くの視聴者を引き付けた。
この面さにホイホイ引き付けられた迷列車(東日本)の人によって2009年12月08日、『【迷列車で行こう/東日本編】しぶとく最前線で生き続ける東武8000系』が投稿された。いわば本家オマージュ作品であるが、西日本エリア以外の車両紹介一号となり、数多くの投稿者が参入するきかけとなった。

以後、毎常連や新人を含め多くの動画投稿されており、のちに一周年記念祭(※後述)の直前の生放送で取られたアンケートでは、100人以上の来場者に対し4割近くが祭の参加者(=投稿予定者)となったほどである。

発展と現在(ナレーション:新人君)

当初は「様々な事情で失敗作(あるいは失敗作と呼ばれた)になってしまった車両」による迷エピソードエピソードが作品の中心ではあったが、徐々に路線やダイヤ、はては鉄道以外にも広がっていった。
そして、列車などの名・哀エピソード体とした作品も登場し、それは後に「名列車で行こうシリーズ」や「哀列車で行こうシリーズ」へと発展していった。詳しくは該当記事や関連動画を参照されたい。

一方で、作品が増えるにつれ動画として完成度が低いと思われる作品や、アクセス数稼ぎのための強引なタグ付けなども発生している。
それらの作品に付けられたタグから、「迷うp主シリーズ」というものも生してしまった。現在シリーズ拡大に伴いタグの分散化、荒らしの発生など問題も発生している。

そんな中、本家の第一作投稿日に合わせて「迷列車で行こう一周年祭」が2010年11月11日~13日に開催された。また、迷列車コミュニティでの生放送オフ会も開かれるなどオンオフを問わず活気を見せており、今後の発展に期待したい。

関連動画

主な作者

大百科に記事のある作者のみ掲載しています。

作者一覧については迷列車まとめwikiexitも参照のこと。

ご意見のある方は掲示板にてお願いします。

ア行 カ行 サ行
タ行 ナ行 ハ行
マ行 ヤ行 ラ行
ワ行

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

以下、外部リンクの本題とはやや離れるが、迷列車などの動画自由に使える鉄道関連の画像集URLをまとめておく。なお、転載等に関する必要条件などについては各ページローカルルールらびに本人に連絡を取るなどして確認されたい。

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/12/03(木) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2020/12/03(木) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP