迷子単語

マイゴ

1.2千文字の記事
掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

迷子とは、がわからなくなった状況をした言葉である。

転じて、人物や動物、物品が行方不明になる/なった状況をすなど意味は分岐する。

概要

一般的には的地が分かっているにも関わらず的地にたどり着くための順が分からない様をす言葉であるが、中には的が明確ではない場合も存在する。

  • 的を達成できないもの
    • 的の中、どうすれば良いか分からなくなる
    • 的とは異なる場所や望まない結果にしかならない
    • 結果や評価
  • 群れや集団、行動していたが、離れ離れになってしまう

フィクションでは、はぐれた者の孤独な心情や状態を描かれたり、わずかに残された情報や本人の性格からはぐれた人物と合流する、探し出すといった話は警察探偵ものでおなじみ。

原因

不注意や興味災害、人混み、見間違い、悪間や濃霧などの視界不良、痴呆症、戦闘など。森林や山岳といった広大自然はもちろん、スーパーレジャー施設、構内など広く入り組んだ、死が多い場所でも起こりうる。見知らぬ土地で一時的に居場所が分からなくなるのも迷子の一種ともいえなくない。

個人の判断・生命生存が劣っていれば行方不明死亡(転落死・滑落死)といったリスクが高く、特に子供の場合は交通事故犯罪に巻き込まれる危険性もあり早急な発見が望まれる。

痴呆症の老人など、時間や場所の判断もなくするため危険が大きい。

対処法

迷子になった、迷子を捜す両面で対処の特性は異なる。

現在位置の確認、後戻り、民家、位置の分かる場所への移動など。

ただし自然の場合は地形・地物に注意しなければ足を取られたり、滑落・転落といった危険も伴うため、最悪の場合はげる安全な場所を探すといった選択も視野に入れる。(→サバイバル

最後に確認された位置や時間からおおよその行動半径を割り出す事も可だが、生い茂った藪、人気のない場所に迷い込まれる、日が暮れる、意識を失う(呼びかけに応答できない)、用水路といった水中へ転落される、乗り物に乗ってしまうと捜索は困難を極める。

場合によっては店舗や警察、住民、地元消防団への協も必要となる。

予防策

万一の際の集合地点や印となる建物や場所などを決めておく、不慣れな者からを離さない、集団の後方にも監視をつける、定期的な人数確認といった予防措置が望ましい。近年は携帯電話が普及したとはいえ故障[1]バッテリー切れ、紛失といったリスクはある。

子供など、立つ色やデザインがあるのは発見しやすさを的とした側面も一部ある。

関連項目

脚注

  1. *性の低いもの、耐衝撃でないものは水中への転落や滑落で使用不能になりうる。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/09(火) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/09(火) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP