今注目のニュース
台風11号は沖縄の南へ 大雨もたらす暖湿気が本州へ
NHKの一部番組、民放ポータル「TVer」で見逃し配信 「受信契約の対象ではない」
EUが「顔認証」の無差別な使用を取り締まる規制を計画中

速杉ハヤト単語

ハヤスギハヤト

掲示板をみる(12)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

速杉ハヤトとは、テレビアニメ新幹線変形ロボ シンカリオン」に登場するキャラクターであり、シンカリオン E5はやぶさ及びシンカリオン E5はやぶさ MkII運転士である。同作品の主人公

CV:佐倉綾音

プロフィール

生年 2007年10月17日(11歳)
血液型 A型
星座 天秤座
身長 145cn
体重 36.5kg
家族構成 ホクト)、サクラ)、ハルカ
学校 大宮小学校(5年2組)
得意教科 理科社会
苦手教科 国語算数
趣味 鉄道全般
好きな食べ物 駅弁
読書 コンパス時刻表
所属 新幹線進化研究所大宮支部
搭乗機体 シンカリオン E5はやぶさ
シンカリオン E5はやぶさ MkII

概要

さいたま市在住の小学5年生。何よりも純新幹線が好きな少年一人称は「」。いわゆる乗り鉄新幹線運転士になることが夢。「は『時間と言ったことは守る男』だからね!」が口癖。責任感が強く、「新幹線を好きな人に悪いはいない」が信条であり、それは敵であっても例外ではない。

父親ホクト新幹線運転士だった影もあり、幼い頃から人生そのものと言われるレベル新幹線好き。物事を始め数値や可性などを何かと新幹線鉄道に例える癖があり、毎回周りをドン引きさせている。新幹線に乗った際は、周囲を気にせずにハイテンションで叫んだり、思考と言動が臨界点以上まで達して昇天してしまうこともある。列車そのものだけでなく、列車ダイヤの構造、駅弁の発ベルの音まで熟知。自分が生まれる以前の鉄道ネタまで把握している筋入りの鉄オタである。そのオタクぶりに、ハルカには「変態」、幼馴染上田アズサには「キモい」とまで言われている始末。反面、鉄道関連以外の世間一般の話題や芸関連の話題恋愛には全くの関心。だが、なぜか尾崎紀世彦TM NETWORKといった昭和世代の歌手の歌は知っている。また、本人に自覚はないものの、第3新東京市に迷い込んだ際、洞木ヒカリに対して心を抱いたと思わせる描写がある。

父親ホクトが落としたICパスポートの「Shinca」を届けようと大宮鉄道博物館を訪れた際、そこで新幹線進化研究所の導長であることを知り、シャショットが偶然触れたことでシンカリオン運転士としての高い適合率を持っていることが発覚。他のロボットアニメにありがちなマイナスな理由からではなく、「お父さんの役に立ちたい」という理由から自ら志願してシンカリオンに乗ることとなる。

当初は、シンカリオンを操縦する楽しみが運転士として戦う動機となっていたが、同じ運転士男鹿アキタと出会ったことで「かの夢を守ること」を標に戦うこととなる。他の運転士べても極めて高い適合率を持っていることもあり、戦いを重ねていくたびにその進化はめざましいものがあり、敵であるエージェントたちからも「人の進化の行く着く先」として注されるようになる。ただ適合率は高いものの、武道スポーツバックボーンがいこともあって体格面や体面では他の運転士より劣っており、その弱点を補わなければならないことを自覚して清洲リュウジ空手の特訓を依頼している。

好きなものに一直線な純さに加え、大人以上に周りの気持ちを大事にする優しい性格である。それぞれ違った趣味、趣向を偏って持つ他のシンカリオン運転士たちに出会った際にも、その違った趣味を否定せずに理解をしようとし、そういった姿勢が他の運転士たちから厚い信頼を得る理由となっている。導長代理である三原フタバは、彼の成長のスピードに驚きながらも「ハヤトくんには他人と分かり合える不思議ながある」と評されており、ハヤト自身も2度ブラックシンカリオンとの戦いでセイリュウと言葉を交わしたあたりから敵種族キトラルザスとの対話を模索するようになる。

ハヤト進化出水シンペイ大人たちが想定ができないほど加速しており、を乗り越える強い信念を持つことでライバルであったセイリュウと交流を深めていく。カイレンとの決戦時に適合率がついに100%えるにまで到達。しかし、それによって悲しい出来事に直面することに・・・・。

地底世界においてドクター・イザと対面した際にシンカリオン E5はやぶさ MkIIを託され、以後はこちらの機体を機として使用するようになり、カイレンとの最終決戦に挑む。第64話以降は6年生に進級。それと共に装がリニューアルされる。再び大宮に戻ってきたアキタツラヌキとの再会を喜び、再びシンカリオンで出撃するが、人類との共存を提唱するエージェント・キリンから仲間になるように誘われ、小学生にとってはあまりにも重たい決断を迫られることとなる。

玩具版では、住んでいる場所は架の「新さいたま市」になっている。また、地元が強く地元の少年サッカーチームに所属。運動の高さが認められてシンカリオンパイロットに抜されるなど、アニメとはキャラクターの設定に違いがある。

ハヤトキャラクター性について、監督の池添博は「『キャプテン翼』の大ように素直でまっすぐ新幹線を追いかける鉄オタ」であると評しており、そのオーダーを受けたキャラクターデザインのあおのゆかは「ハヤト爽やかなのかどうか混乱したが、実際は新幹線好きのよい子に落ち着いた」とっている。

また、プロデューサー渡辺信也は、「彼の『新幹線が好き』という気持ちの熱量が、いろいろな人の気持ちも動かしていくという展開は、まさにシナリオ打ちの中で生まれてきたもの。それによって、ハヤト君の主人公としてのキャラクター性の厚みがどんどん膨らんでいって、よりチャーミングになっていった」とっており、「あるリミッターをえた『好き』だと、人の気持ちを動かすこともできる」ことをアニメの放つメッセージとしている。

新幹線ネタ

概要の項でも触れたとおり、ハヤトにとって新幹線人生そのものといっても過言ではないほど重要なファクターである。自室には、全鉄道の経路がポスターとして貼られており、読書としてコンパス時刻表を楽しそうに読み風呂でも鉄道唱歌を熱唱している。作中でられる鉄道ネタは、鉄道ファンならもがうなずくものから、地域の人でなければ分からないレベルローカルネタ、非常にディープなネタまでバラエティに富んでいる。

そして、ハヤトの代名詞ともなっているのが、鉄道たとえである。相手が鉄道に詳しかろうが、詳しくなかろうが息を吐くようになんでもかんでも鉄道に例えてしまい、これを聞いた相手が分からずドン引きしてしまうというのがアニメの定番となっていた。だが、純新幹線するハヤトにはどこ吹くである。ついには、新幹線るために新幹線で例えるという離れ業までやってのけている。これに付いていける人物は進化研究所総長の東スバルくらいだろう。

作中で新幹線と遭遇したときは、周りを気にせずに奮するだけでなく、とても子供向けアニメ主人公がやっちゃいけない顔で昇天してしまうことすらある。新大阪駅500 TYPE EVA と遭遇した際には突然碇ゲンドウモノマネを始め、生まれて初めてグランクラスに乗った際には「孤独のグランクラス」というの番組を1人でやり始めた。また、自分が生まれていないはずの時代の新幹線CMにも詳しく、「クリスマスといえば山下さん(山下達郎)だよね!」と発言し、突然かつてのJR東日本CMパロディが始まり、視聴者驚愕させた。

おもな名言

  • は「時間と言ったことは守る男」だからね!
  • 新幹線を好きな人に悪いはいない
  • 新幹線は止まらないよ!
  • もみんなの夢を守る!は絶対に止まらない!
  • シンカリオン同士で戦って、嬉しくなんてないよ
  • また戦うことになってもを折り続ける。なら弾がなくなるまで耐え続ける。は君たちが話す気持ちになるまで言葉のない対話を続ける!
  • 好きって・・・その人を表すものかな
  • 新幹線好きな人に…シンカリオンが好きな人に悪いはいない…でも、其れを馬鹿にする絶対に許さない!
  • シンカリオンじゃなきゃダメなんだ

関連動画

関連商品

関連チャンネル

関連静画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/24(土) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/24(土) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP