速水守之単語

ハヤミモリユキ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

速水守之 / 速水守久(?~1615)とは、戦国時代の武将である。

概要

豊臣に使える大坂七手組の番頭の一人。通称は甲斐守。

近江浅井速水村の出自らしく、羽柴秀吉の初期の臣団を残す『奉加帳』には速水勝太を称していた彼の名前が残される。諱は『譜帳余録後編』の守之の他、『駿府記』の守久、『蜂須賀臣成立書并系図』の守直と時行、『寛政重修諸譜』の時之、といった具合に地味にぶれまくっている。

羽柴秀吉臣団としては中国攻めから姿を見せ、実際にあったかどうかは別として『太記』では衣衆に選抜されている。としては最上位にいた人物であり、小田原攻めの際には石田三成の部隊にいた。

の役の際には名護屋豊臣秀吉の傍におり、以後も催しの際の警護や奉行としての活動が多々見られる。関ヶ原の戦いに際しては他の豊臣秀頼らと大津攻めに加わったようだ。

以後も豊臣秀頼臣の最重要人物としてあちこちに名前が見られ、慶長17年(1612年)ごろに大坂七手組に編成されなおしたようだ。しかし、大野治長片桐且元が対立していくと、他の番頭とともに調停に回っていくが、両者の決裂と開戦に至る。かくして大坂冬の陣が始まると、大野治長大坂七手組の面々が信用されていなかったらしく、浪人たちが附けられることはなかった。

以後、大坂七手組は和に回り後藤次と交渉していく。和徳川秀忠からを与えられたほどの人物だったが、大坂夏の陣の開戦後5月7日に敗戦の混乱の中、大坂城に退却する。大野治長自害を試みる豊臣秀頼を止め、櫓に退却したものの、豊臣秀頼淀殿の命が助からないことを覚悟すると、櫓に火を放ち、共に自害していった。

妻は同じく豊臣秀吉だったらしい河村図書の。長女は兵衛に、次女は佐々成治にいだ。長男速水則守は大坂冬の陣ですでに戦死しており、次男は蜂須賀臣となって速水不休を名乗る。三男の速水敏守は戦後有馬に仕えていった。

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける速水守久の力一覧。

ある時期から徐々に登場し始めた。諱は速水守久が採用されている。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S1) 戦闘 政治 野望 教養
覇王 采配 戦闘 智謀 政治 野望
天翔記 戦才 智才 政才 野望
将星 戦闘 智謀 政治
烈風 采配 戦闘 智謀 政治
世記 采配 48 智謀 50 政治 45 野望 55
蒼天 統率 知略 政治
下創世 統率 59 知略 45 政治 45 教養 52
革新 統率 59 武勇 59 知略 56 政治 62
統率 57 武勇 59 知略 56 政治 62
創造 統率 60 武勇 59 知略 56 政治 61

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/18(月) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/18(月) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP