今注目のニュース
私たちは「日本は先進国である」という概念を、一度捨てねばならないのではないか
NZ議会、議長が赤ちゃんにミルクあげながら議事運営
Netflixはなぜ「全裸監督」を作れたのか

週刊ニュース新書単語

シュウカンニュースシンショ

掲示板をみる(12)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

週刊ニュース新書とは、2008年から毎週土曜11:30テレビ東京系列で放送されている役のニュース番組である。

概要

元日経済新聞記者ジャーナリスト・田勢康氏がメイン会を務めており、正式タイトルは『田勢康弘の週刊ニュース新書』。ゆるいワイショーバラエティ番組が多い土曜のおに「敢えて大人のための硬ニュース番組を」が基本コンセプトであり、休日の働く大人ターゲットにしている。経済番組に定評があるテレ東だけあって経済報道にはを入れており、政治家もしばしばゲスト出演する。

が、そんなで硬な雰囲気を全く感じさせない特徴が、「スタジオ内を常にが歩いている」という稀に見る演出である。これはとして知られる田勢氏が提案したもの。当たり前だが動物というのはしばしば予想もつかないハプニングを起こすため、生放送に使うのは非常にリスクが高い。実際しばしば軽い放送事故が起きているが、普通にゴーサインを出してしまうのがテレ東の恐ろしさである。

当初は田勢氏本人の飼い猫を出演させるつもりだったが、妻の反対によって断念し、ペットプロダクション所属の「まーご」(アメリカンショートヘアー、オス)が起用された。スタジオ自由に動き回るまーごの姿には視聴者ゲスト政治家もしばしばデレデレになり、政治報道らしからぬこの番組の温かみを決定づけた。みんなからされたまーごだが、2014年10月10日に急性心不全のため8歳7ヶで死去。番組内で訃報が伝えられた際には、実況の住民も涙した。

その後、ペットプロダクションで田勢氏が後継を探していたところ、ゴミ捨て場に捨てられていたのを拾われ、事務所にもらわれてきたばかりという「にゃーにゃ」(雑種三毛猫、メス)と出会う。生い立ちを聞いた田勢氏は即座にこの子を二代に決めた。

にゃーにゃ2014年11月15日の放送でデビュー。2歳(放送開始時)の成で、CM撮影などのお仕事にも慣れていたまーご較的おとなしだったのに対し、まだ生後4か子猫でこれが「デビュー作」であるにゃーにゃは非常にお転婆で、スタジオ中を動きまわっては出演者にモフり要をし、初出演にも関わらず場を和ませた。

まーごと政治家と時々女子アナ

政治家もさすがにの前では言い合いをしない。むしろ話を聞いていない。出演回数が多い石破茂氏とまーごは仲がいい。

ゲストとして出た政治家まーごに一置いている。

ちょっとした名場面

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/23(金) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/23(金) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP