進撃親友組単語

シンゲキシンユウグミ

1.3千文字の記事
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

進撃親友組とは、「進撃の巨人」に登場するジャン・キルシュタインマルコ・ボットコンビの総称である。

概要

104期訓練兵団に入団し、共に3年間訓練に従事してきた。お互い憲兵団志望であったが、マルコは王に仕えることを標にしていたのに対し、ジャンは安全な内地で暮らしたい為であった。

で人望の厚い優等生マルコと、自己中心的で正直過ぎるために他人(特にエレン)と轢を生みやすいジャン。性格は逆ながらも互いに良き友同士であり、特にマルコは周りから誤解を受けやすいジャンの一番の理解者であった。マルコ同期から指揮官に向いていると言われておりジャンもそう評価していたが、マルコは自分よりもジャンの方が揮役に向いていると断言している。

そしてジャンは6位、マルコは7位の成績で卒業し、標であった憲兵団への入団権利を得た。卒業後の翌日にトロスト区で行われた演習を終えれば、彼らは内地に配属されるだった。しかし、その最中に突如超大型巨人が5年ぶりに襲来し、内は再び巨人の脅威にされ、彼らは絶望的な戦いの前線に立たされる事となった。そして・・・


「おまえ・・・マルコ・・・か・・・?」


エレンたちの活躍で辛うじて人類が勝利し、死んだ兵士たちの遺体の回収を行っていたジャンが見たものは、右半身を失い変わり果てたマルコ遺体であった。彼の遺体は他の兵士遺体と共に々に火葬され、ジャン同期たちと共にその炎を見つめ、もはやのものかもわからないの燃えカスを手に取りながら、巨人駆逐するために調兵団に入団すると言っていたエレンの言葉を思い出していた。例え内地に行っても、内にいる限り巨人恐怖から逃れることはできない。巨人から逃れられないのなら、戦うしかないのはわかっていた。しかしそれができる程自分は強くはなかった。

ジャンは強い人ではないから、弱い人の気持ちがよく理解できる。それでいて現状を正しく認識することに長けているから、今何をすべきか明確にわかるだろう?」

「まぁ・・・もそうだし大半の人間は弱いと言えるけどさ・・・それと同じ線から放たれた示なら、どんなに困難であっても切実に届くと思うんだ。」

かつてマルコから自分が揮役に向いていると言われた時に、マルコが言っていた言葉を思い出ジャン。当時は何とも思わなかった言葉であったが、その言葉をきっかけにジャンは自分の成すべきことを認識し、奮える手を抑えながら、同期たちの前で彼は宣言する。は、調兵団になると。

それ以来、自己中心的であったジャン覚ましく成長を遂げる。そんな彼の言動から、彼の中にマルコの存在が大きくを与えていることが伺える。この二人を取り扱った動画も、訓練兵として過ごしていた幸せだった日々からマルコの死による二人の別れ、そしてそれを胸に前に進んでいくジャンの姿が描かれたものが多い。

関連動画

進撃親友組に関するニコニコ動画動画紹介してください。

関連商品

進撃親友組に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

進撃親友組に関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/12/01(木) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2022/12/01(木) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP