今注目のニュース
レゴでウクレレを作ってみた! 本物を参考にした本格的な機構を備えるも、ミシミシと音を立てるチューニングにイヤな予感が…?
【商社・卸売業界編】ホワイト度が高い企業1位は住友商事「付き合い残業やだらだら残業はほぼ皆無」
仕事ができるOLの正体は美「少女」戦士!? 社会人が納期と世界平和を守る漫画がTwitterで人気

遊☆戯☆王混戦記〜絆が繋ぐ世界〜単語

ユウギオウコンセンキキズナガツナグセカイ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(20)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

遊☆戯☆王混戦記〜絆が繋ぐ世界〜とは、俊製作による2010年2月5日から2012年1月29日まで放送(投稿)された架空デュエル戦記である。

概要

2010年2月5日プロローグ投稿された。
製作くまおっちさん製作架空デュエル(『ゆぎおん!』)の出会いをキッカケに自らも創作を決意したとのこと。
本作においては主人公不動遊星が幾つもの世界(例.「涼宮ハルヒの憂鬱世界」「けいおん!世界」等)を巡る物語であり、遊戯王シリーズを皮きりにオリキャラオリジナルカードを参戦・使用する等、ある種カオスとも言える程の<クロスオーバー>作品である。
ちなみに本作品の時間軸は遊戯王視点では不動遊星が「クリアマインド」を会得し、プラシドのせいでWRGPが休止に追い込まれからジャック・アトラスが「バーニング・ソウル」を会得するためにナスカへと立つ前のお話である。
また、本編の解説・コメント返答動画遊☆戯☆王混戦記~ネットが繋ぐラヂヲ~』とを同時進行で投稿されている。
初期ライフポイント4000とそれ以外は遊戯王OCGに準拠ずる。

 

打ち切りEND

7月27日、一本の動画投稿された。(現在削除)



それはこの作品シリーズ打ち切りを意味し、同時にこれまでのシリーズ動画も全て削除された。打ち切りの理由に作者く「うp主モチベーションの都合」とのこと。
それによりこの動画シリーズ視聴者に見る機会を失われたと思われたが・・・

 

 

 

そして復活

そんな中、2010年9月12日において、一本の動画投稿された。

それと同時にこれまでのシリーズが順次再うpされ、新作も作成していった。

そして2012年01月29日についに最終話うpされ完結した。

その後ネットが繋ぐラヂヲの最終回うpされ数日後にアンケート結果と次回作予告っぽい動画なるものがうpされたふが数日後にさらに作者突然の全話削除が行われた。最終話のできが良く、まだみてなかったまた見たかった人も多かったため全話削除を嘆くファンが多い

遊星達が旅をした世界

 

登場人物

不動遊星・・・
 『遊☆戯☆王5D's』の主人公にして、本作の主人公ドラゴンヘッドの痣を持つシグナー。未知の敵によって他のシグナー全員が敗れて消滅する中、1人だけ生き残った。女性に導かれ、様々な異世界を渡りながらシグナーの代理人となる仲間を集める。使用デッキは低レベルモンスター軸にして高速シンクロ召喚を得意とする。エースカードは『スターダスト・ドラゴン』。

ジャック・アトラス・・・
 不動遊星ライバル元キングドラゴンウイングの痣を持つシグナーパワーデッキの使い手で、エースカードは『レッド・デーモンズ・ドラゴン』。夏目とのデュエルに敗れ消滅するが、その際『レッド・デーモンズ・ドラゴン』は新たな持ちめて女性の手へ導かれ、遊星へと渡された。本作の時間軸ではバーニング・ソウルを会得していない。

クロウ・ホーガン・・・
 ドラゴンイルの痣を持つシグナー遊星ジャックとは同じサテライトで育った幼馴染みBF(ブラックフェザー)デッキの使い手で、エースカードは『ブラックフェザー・ドラゴン』。本作では本編に登場しないが、治に敗れ消滅した様子。その際『ブラックフェザー・ドラゴン』は新たな持ちめて女性の手へ導かれ、遊星へと渡された。

十六夜アキ・・・
 ドラゴンレッグの痣を持つシグナー植物デッキの使い手で、エースカードは『ブラック・ローズ・ドラゴン』。本作では本編に登場しないが、刑也に敗れ消滅した様子。その際『ブラック・ローズ・ドラゴン』は新たな持ちめて女性の手へ導かれ、遊星へと渡された。

龍可・・・
 ドラゴンクローの痣を持つシグナー龍亞双子妖精デッキの使い手で、エースカードは『エンシェント・フェアリー・ドラゴン』。本作では本編に登場しないが、亜と共に桂言葉に敗れ消滅した様子。その際『エンシェント・フェアリー・ドラゴン』は新たな持ちめて女性の手へ導かれ、遊星へと渡された。

龍亞・・・
 龍可双子ディフォーマーデッキの使い手で、エースカードは『パワー・ツール・ドラゴン』。本作では本編に登場しないが、龍可と共に桂言葉に敗れ消滅した様子。その際『パワー・ツール・ドラゴン』はシグナーと共に新たな持ちめて女性の手へ導かれ、遊星へと渡された。本作の時間軸ではシグナーとして覚醒していない。

鬼柳京介・・・
 かつて遊星ジャッククロウと共に『チーム・サティスファクション』を結成し、そのリーダーだった人物。また、遊星達とはダークシグナーとして死闘を繰り広げた。現在は、元クラッシュタウンことサティスファクションタウンで暮らしている。ハンドレスコンボを得意とするインフェルニティデッキの使い手で、エースカードは『インフェルニティ・デス・ドラゴン』。女性からジャッククロウが敗れ消滅した事などを伝えられ、遊星達の助っ人として戦いに参戦。『涼宮ハルヒの憂鬱』の世界で合流してキョン危機を救い、朝倉涼子を倒す。しかし、『Angel Beats!』の世界において・・・。

牛尾哲・・・
 ネオドミノティ治安維持局セキュリティ課長補佐。すでに敵組織の手で消されたと思われる風間の代役として女性によって理矢理『瀬戸の花嫁』の世界へと飛ばされ、遊星達の助っ人として戦いに参戦する。

カーリー渚・・・
 ジャックに想いを寄せる女性記者。かつてディヴァインによって殺され、ダークシグナーとなりジャックと死闘を繰り広げた。牛尾と一緒にいた所を女性によって巻き込まれる形で理矢理『瀬戸の花嫁』の世界へと飛ばされる。その後、遊星達と合流して行動を共にするが・・・。

涼宮ハルヒ・・・
 SOS団団長。自覚こそないが、世界を自分の思い通りにできるの持ち。しかし、朝倉によって世界バランスが崩された事でそのルールも崩れ、を失いつつある。朝倉によって消されたと思われていたが・・・。
終盤でその魂を砕かれ、敵組織のメンバーとして魂を再構成されていた事が判明。その際のデッキスフィンクスデッキエースカードは『邪神アバター』。

キョン・・・
 『涼宮ハルヒの憂鬱』の主人公長門古泉世界の異変について話していたところで遊星と出う。その朝倉洗脳されたみくるとの闇のデュエルシグナーの代理人として覚醒し、『ブラックフェザー・ドラゴン』に選ばれる。
岩石族デッキの使い手で、エースカードは『地球巨人 ガイアプレート』。

長門有希・・・
 宇宙人情報統合思念体)によって作られた対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース。寡黙で読書ばかりしているが、キョンに対しては心を開いている様子。自身のに変化が起きた事で世界の異変に気づき、その事をキョン古泉に話していたところで遊星と出う。その朝倉涼子の存在に気づき単身で対峙するが、世界ルールが崩れた影情報操作間を展開できず闇のデュエルで対決し敗北、消滅する。使用デッキネオスペーシアンとのコンタクト融合軸とする。エースカードは『E・HERO ネオス』。

朝比奈みくる・・・
 未来人であり、SOS団萌え要員。すでに朝倉によって洗脳されており、キョンとの闇のデュエルに敗れ消滅する。天使デッキの使い手で、エースカードは『界王 シナト』。

古泉一樹・・・
 超能力者であり、SOS団団長キョン長門世界の異変について話していたところで遊星と出う。その三沢洗脳によって発生した『機関』の内部崩壊に巻き込まれ、消滅する。

コンピ研部長・・・
 ハルヒ達の高校コンピュータ研究会部長朝倉によって洗脳されており、遊星との闇のデュエルで敗れ消滅する。巨大戦艦デッキを使う。

 

平沢唯・・・
 『けいおん!』の主人公放課後ティータイムギターボーカル担当。ライブ帰り道に遭遇した須子との闇のデュエルシグナーの代理人(?)として覚醒し、シグナーではないはずの『パワー・ツール・ドラゴン』に選ばれる。使用デッキ魔法使いモンスター若干多いが、戦術よりも自分好みの可愛いカード体としたデッキの様子。デュエルタクティクスもあまり高くはない。

秋山澪・・・
 放課後ティータイムベースボーカル担当。刑也によって洗脳され、を消そうとするがそこに現れた美枝との闇のデュエルに敗れ消滅する。氷結界デッキの使い手で、刑也に洗脳された事でダークシンクロモンスター氷結のフィッツジェラルド』を使用していた。

田井中律・・・
 放課後ティータイムドラム担当。刑也によって洗脳され、遊星と闇のデュエルで戦い敗れ、消滅する。デュアルモンスターデッキの使い手で、エースカードは『ブラックブルドラゴ』。

琴吹紬・・・
 放課後ティータイムキーボード担当。通称、ムギが消滅する中、と共に生き残り、その際に再会した美枝の意を知るため、そして達のになるために遊星達と同行する。『Angel Beats!』の世界において洗脳されたかなでとの闇のデュエルシグナーの代理人として覚醒し、『ブラック・ローズ・ドラゴン』に選ばれる。ナチュルデッキの使い手。

中野梓・・・
 達の後輩放課後ティータイムギター担当。洗脳されたによって消滅されてしまう。

美枝・・・
 本作のオリキャラ達の高校転校生だが、1度も登校していない様子。顔全体をい覆面で隠している不気味少女過去と親しい間柄にあったらしく、からは『みっちゃん』と呼ばれる。を守るように洗脳されたの前に現れ闇のデュエル勝利するが、消滅寸前で正気を取り戻したに追い討ちをかけるなど冷な姿が確認できる。『シリーズ』のひとつ『シリーズ』(オリカ)の使い手。『シリーズ』を手に入れて以降は、刑也によって迷宮化された間に入り込んだり、異世界へ渡る事ができるなど間に干渉するを手に入れた様子。

 

瀬戸燦・・・
 瀬戸内組長瀬戸三郎で、瀬戸内出身の人魚。永澄に正体を知られた事をきっかけに埼玉の永澄のぐ。瀬戸内組や江戸前組の異変に不安を感じ、一度瀬戸内に戻ろうとしたところに現れた政との闇のデュエルシグナーの代理人として覚醒し、『エンシェント・フェアリー・ドラゴン』に選ばれる。属性デッキの使い手。

満潮永澄・・・
 埼玉中学生で、の正体を知った事をきっかけに結婚する事となる。也との闇のデュエルに敗れ消滅する。エースカードは『ギガンテック・ファイター』。

政・・・
 瀬戸内組若頭。通称、政さん。也によって洗脳され、瀬戸内組、江戸前組を崩壊させてしまう。さらにに闇のデュエルを挑むが、最後に洗脳に抗い、伏せていた『激流葬』を発動せずに敗れ、に永澄の身の危険を伝え消滅する。六武衆デッキの使い手。

シャーク代・・・
 瀬戸内組構成員。政同様、也に洗脳され岡崎が戦うための人払いを行った。

 

仲村ゆり・・・
 に抗う『SSS(死んだ世界戦線)』のリーダーかに似ている。自分達が暮らす死後の世界の異変に気づき、調のために戦線メンバーを引き連れギルドへと向かうが、実はすでに桂言葉によって洗脳されておりキョン達の邪魔が入らないギルドへ向かうの途中で戦線を壊滅させる。ガーディアンデッキの使い手。

音無結弦・・・
 『Angel Beats!』の主人公。本作では登場時にすでに桂言葉によって洗脳されておりキョン達の邪魔が入らないギルドへ向かうの途中でゆりと共に戦線を壊滅させる。言葉の示に従いかなでを洗脳してを狙い、さらに遊星達を騙しギルドへと向かわせた後、用済みとみなされたのか言葉に惨殺された。

立華かなで・・・
 戦線メンバーから天使と呼ばれる少女。自分のを失った事で世界の異変に気づき洗脳されたゆりを倒すが、その直後に心の弱さをつけこまれてしまい音無によって洗脳されてしまう。洗脳後、遊星達への発奮材料としてに闇のデュエルを挑み、敗れ消滅すr。もけもけデッキの使い手。

直井文人・・・
 催眠術の使い手で自身をと自称する。自分のを失った事で世界の異変に気づき戦線メンバーとは別行動を行い、桂言葉と対峙する。しかし、言葉が持つ『』の前に敗れ消滅してしまう。

日向・・・
 戦線のムードメーカー洗脳された音無との闇のデュエルに敗れ、消滅してしまう。

野田・・・
 本作では本編に登場しない。戦線本部入り口のトラップうっかりかかってしまった際、世界ルールが崩れていたために生き返る事ができずにいるらしい。

 

泉こなた・・・
 『らき☆すた』の主人公。年齢的に知らないはずの知識まで備えている重度のオタク女子高生。本作では登場時にすでに治によって洗脳されている。絶版の通常モンスター軸にしたデッキを使う。

柊かがみ・・・
 こなたの友人でライトノベルを好む。つかさ双子。本作では登場時にすでに治によって洗脳されている。機械デッキの使い手で、エースカードは『パーフェクト機械王』。

柊つかさ・・・
 こなたの友人。かがみ双子。本作では登場時にすでに治によって洗脳されている。

高良みゆき・・・
 こなたの友人。おしとやかなお嬢様。本作では登場時にすでに治によって洗脳されている。

白石みのる・・・
 デュエルを汚す治の存在に気付いた『らき☆すた』の世界の住人であるデュエリスト達で結成された集団のメンバー。先を切って仲間と共に治を倒しにきたが、他のメンバーがすでにかがみ達によって消されていたため1人で戦うハメになり、こなたとの闇のデュエルに敗れ消滅する。族、戦士族を軸にしたデッキを使い、『暗のマンティコア』を何度も生させた。

兄沢命斗・・・
 通称アニメ店長デュエルを汚す治の存在に気付いた『らき☆すた』の世界の住人であるデュエリスト達で結成された集団のメンバー。その中でメンバーの1人だった様子。かがみと対峙して相討ちに持ち込み、仲間治を倒す事を願い消滅する。戦士デッキの使い手で、エースカードは『ユーフォロイドファイター』。

泉そうじろう・・・
 こなた父親小説家ロリコンデュエルを汚す治の存在に気付いた『らき☆すた』の世界の住人であるデュエリスト達で結成された集団のメンバー。その中でメンバーの1人だった様子。治との闇のデュエルシグナーの代理人として覚醒し『レッド・デーモンズ・ドラゴン』に選ばれる。使用デッキは低レベル通常モンスター軸にしてエクシーズ召喚を狙う。本作で一のエクシーズモンスターの使い手。

沙里亜・・・
 本作のオリキャラ。『チートサリー』と呼ばれ圧倒的強さを持つデュエリスト。かつては引き運に恵まれず『手札事故サリー』と呼ばれていたようだが、悪魔契約する事で驚異的な引き運を手に入れた。『らき☆すた』の世界において落ち込んでいた遊星を励ますために達が半ば理矢理参加させたデュエル大会で、遊星と決勝戦で戦う。アンデットモンスター軸に高速シンクロ召喚を狙うデッキの使い手で、『シリーズ』のひとつ『悪魔シリーズ』(オリカ)の持ち

 

『あの方』・・・
 敵組織のリーダー。『コードギアス 反逆のルルーシュ』のゼロと同じ姿をしているがルルーシュとは別人であり、名前を持たない様子。配下からは『あの方』や『が君』などと呼ばれているので、本記事では『あの方』と表記する。かつて誕生するはずだった新世界の神になるべく発生した存在。しかし、その世界の誕生が止められたため、意味のない存在となっていた。自分がになるための『大いなる新世界』創造を企み体を得る。その後、仲間を集めてあらゆる世界バランスを崩してひとつにする事で『大いなる新世界』の創造を狙う。また、それを可とするシステムを稼動させるとしてを欲している。そのためのとして様々なを生み出しているようで、彼の配下は闇のデュエル洗脳術、ダークシンクロなどを行う事ができる。また、配下を『同志』と呼び、全治全を持つ『大いなる新世界』のになったには彼らの願いをえる約束をしているらしい。武藤遊戯遊城十代の混合デッキを使い、三幻神までも操る。

夏目・・・
 『アスラクライン』のキャラクタープロローグにおいてジャックを倒す。かつて自分の世界を救うために戦い敗れた過去を持っているようで、その事に触れられ仲間と衝突しかける事もある様子。普段は洋館で暮らしているようだが、ベアトリーチェに勝手に入り込まれたり、ティセットを持ち込まれていたりする。炎属性デッキの使い手で、エースカードダークシンクロモンスター『機巧魔神 』(オリカ)。

ベアトリーチェ・・・
 『うみねこのなく頃に』のキャラクター。通称、限の魔女。組織内ではそれなりのポストにいるらしく、言葉からは『ベアトリーチェ様』と呼ばれている。也を組織にスカウトし、朝倉鬼柳に敗れた際はハルヒの魂を砕き、組織のメンバーにするなど組織強化を行う姿が見える。『ラヴァ・ゴーレム』や『トーチ・ゴーレム』の効果を逆利用した永続カード軸のデッキを使う。エースカードは『炎皇ウリア』。

朝倉涼子・・・
 『涼宮ハルヒの憂鬱』のキャラクター。かつては情報統合思念体の急進に属する対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェースであり、長門との戦いで消滅したが、『あの方』のり組織のメンバーとなって『涼宮ハルヒの憂鬱』の世界バランスを崩す。長門へのリベンジを果たし、シグナーの代理人として覚醒したキョンを仕留めようとするがそこに現れた鬼柳との闇のデュエルに敗れ消滅した。エーリアンデッキの使い手で、エースカードは『降ハモン』。

岡崎朋也・・・
 『CLANNAD』の主人公妻とを失い、絶望していたところに現れたベアトリーチェスカウトされ、失った妻とを取り戻すために組織のメンバーとなる。『瀬戸の花嫁』の世界で、瀬戸内組や江戸前組を壊滅させ、さらにの前で永澄までも消し去り、世界バランスを崩す。その後、遊星と戦い敗れ、願いをえられなかった事を強く悔やみながら消滅する。悪魔デッキの使い手で、エースカードは『幻魔皇ラビエル』。

桂言葉・・・
 『School Days』のキャラクター。本作では終始ヤンデレ状態。龍亞龍可を倒した様子。『Angel Beats!』の世界バランスを崩し、戦線を崩壊させた。ドラグニティデッキの使い手で、エースカードは『邪神ドレッド・ルート』。

三沢大地・・・
 『遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX』のキャラクター。十代とユベルの戦いの後に三幻魔を回収したらしく、そので歳をとっていない様子。『デュエル統一理論』の完成を強く願い、そのための手段として『大いなる新世界』創造を願う。仲間との会議に参加しても気づいてもらえない事があり、その度に「わかりやすいようにエメラルドグリーンを着てこい」と言われる。『ウォーター・ドラゴン』や『リトマスの死の士』(オリカ)などデッキ軸はデュエルアカミア時代と変わっていない様子。エースカードは『邪神イレイザー』。

須子・・・
 本作のオリキャラ。『けいおん!』の世界バンド活動を行う一方、レアカードを持った弱小デュエリストばかりを狙い闇のデュエルを仕掛け、レアカード狩りをしていた。ライブハウスからへの帰路の途中にいるに闇のデュエルを仕掛けるが、シグナーの代理人(?)として覚醒したに敗れ消滅する。智や刑也の会話によると、実も低く任務を半ば放棄していたようで仲間内の評価は良くなかった様子。『シリーズ』のひとつ『残虐シリーズ』(オリカ)の持ち

治・・・
 本作のオリキャラクロウを倒した様子。こなた達を洗脳し、『らき☆すた』の世界バランスを崩す。さらに、自身のカーリーダークシグナーとして復活させ配下とした。闇のデュエルシグナーの代理人として覚醒したそうじろうに敗れ消滅する。エクゾディアデッキの使い手であると同時に、『シリーズ』のひとつ『完璧超人シリーズ』(オリカ)の持ち

刑也・・・
 本作のオリキャラ。自分が楽しむ事を優先し、仲間示を視してかなり自分勝手な行動を起こしているようだが、『大いなる新世界』創造のための活動自体は行っている様子。間を操るようながあるらしく、須子消滅後に『けいおん!』の世界で自身が作り出した迷宮化された間に遊星達を閉じ込め洗脳し、戦わせた。過去と何らかの因縁があるらしく、『シリーズ』を使う『』の名前を持つ人間についても何か知っている様子。禁断の『シリーズ』である『運命の王子シリーズ』(オリカ)の使い手。

 

  • その他

女性・・・
 遊星の前に現れ、異世界へと導いた女性。『コードギアス 反逆のルルーシュ』のC.C.と同じ姿をしているが別人であり、名前を持たない様子。『あの方』の半身にあたる存在で、かつて誕生するはずだった新世界の神になるべく発生した存在。しかし、その世界の誕生が止められたため、意味のない存在となっていた。『あの方』とは互いに『が半身』と呼び合っている。自分がになるための『大いなる新世界』創造を企む半身を止めるために体を得て、その対抗手段となる遊星達を導く。海馬瀬人万丈目サンダーヘルカイザーの混合デッキを使う。エースカードは『サイバー・ダークドラゴン』。

・・・
 本作のオリキャラ洗脳されたこなたを倒した長少年少女?)。一人称は「ボク」。何らかの因縁がある刑也を探し、いくつもの世界を渡っている。『シリーズ』を使う『』の名前を持つ人間について何か知っている様子。刑也からは『ちゃん』と呼ばれている。刑也と対峙した際はリアルファイトを仕掛けた。『シリーズ』のひとつ『伝説人(レジェンドシリーズ』(オリカ)の使い手。

 

余談

一時期、うpの作品更新日のペースがすこぶる速く「下手すりゃ過労死同盟要員なのでは?」が囁かれた時にとある本記事編集者があえて製作者に問いかけた会話のやりとりがあった。

↓(問題のやり取り)↓

Q.そんな(動画制作)スピード大丈夫か?

A.一番いい(大百科)クオリティを頼む。by俊

 

関連動画

最終話

プロローグ

 

 

関連マイリスト

関連コミュニティ

 

関連項目

掲示板

  • 18ななしのよっしん

    2013/10/14(月) 09:17:17 ID: ZlgYTJofvC

    また復活して良かった

  • 19ななしのよっしん

    2013/12/02(月) 15:45:28 ID: Hqnzteyt0a

    復活ktkr
    最終話1回しか観れてなかったから嬉しい

  • 20ななしのよっしん

    2015/05/29(金) 00:28:59 ID: yf9Se/U2Tf

    きえてる

急上昇ワード

最終更新:2019/11/21(木) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/21(木) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP