遊戯王OCG 単語

13867件

ユウギオウオフィシャルカードゲーム

3.9千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

遊戯王OCGとは、漫画アニメ遊☆戯☆王シリーズに登場するカードゲームデュエルモンスターズマジック&ウィザーズ)」カードゲーム化したものである。
正式名称は遊戯王オフシャルカードゲーム デュエルモンスターズ。発売元はコナミデジタルエンタテインメント

アニメ遊戯王5D's」以降、放送中のアニメに合わせて名称を「遊戯王ファイブディーズ オフシャルカードゲーム」、「遊戯王ゼアル オフシャルカードゲーム」、「遊戯王アークファイオフシャルカードゲーム」と変えていた時期もある。現在は初代の名称に戻っている。

概要

遊戯王OCGは、漫画遊☆戯☆王」に登場するカードゲーム再現するというコンセプトで作られたカードゲームであり、ゲームデザインコナミが担当した。

1999年に発売を開始して以来、日本だけでなく全世界において幅広い人気を誇る。公式大会も開催されている(遊戯王ワールドチャンピオンシップデュエリストキングトーナメント等)。

世界で最も売れたトレーディング・カードゲームとしてギネスブック認定されている。2011年6月14日には記録を自己更新し、販売枚数251億7000万枚を突破した。

カードの一覧

→「遊戯王OCGカードリスト
遊戯王OCG公式データベースexit

遊び方、ルール

モンスターカード魔法カードカード等を駆使して、先に相手のライフポイント(LP、開始時8000)を0にした方が勝ちとなる。また、カード効果や相手がデッキからカードを引けなくなるなど、条件によってはLPが0にならずとも勝利が決まる場合がある。

デュエルスタンバイ!

  1. 40~60枚のメインデッキと15枚以下のエクストラデッキを用意。(マッチ戦ならサイドデッキを用意)
  2. リミットレギュレーション(旧:禁止・制限カード)をクリアしているかチェック
     →リミットレギュレーション(毎年1,4,7,10月に更新)exit
  3. 計算機(携帯も可)やデュエルフィールドがあると便利かも。
  4. 対戦相手に挨拶し、じゃんけんで勝った方が先攻・後攻を決定。
  5. メインデッキの上からカードを5枚引き、手札とする。
  6. 決闘開始!

1ターンの流れ

ドローフェイズ 自分のデッキの一番上からカードを1枚引く(ドローする)。
先攻の1ターンのみはドローできない(昔はできたが、ルールが変わった)。
俺のターンドロー!」 
スタンバイフェイズ 「スタンバイフェイズに〜する」と書かれているカードの効果を処理する。 
メインフェイズ1 モンスターの召喚、表示形式の変更、カード効果の発動、魔法セットなど
○○を生け贄に(リリースし)、いでよ!青眼の白龍!」
バトルフェイズ モンスター戦闘する。
青眼の白龍ブラック・マジシャンに攻撃!滅びのバーストストリーム!!」
メインフェイズ2 バトルフェイズを行った場合のみ生じる。
メインフェイズ1と同じようなことが出来る(回数制限があるものは除く)。
カードを2枚せる」
エンドフェイズ ターン終了を宣言する。
エンドフェイズに〜する」と書かれているカードの効果を処理する。
ターンエンドだ」

ルールの詳細は以下のWEBサイトWikiを参照。

カードの種類

通常モンスター 特別な効果をもたないモンスター
例:青眼の白龍ブラック・マジシャンE・HERO ネオス 
効果モンスター 魔法カードのような特別な効果を持つモンスター
例:ユベルブラック・マジシャン・ガールクリボー 
 エクシーズモンスター
(Xモンスター)
フィールド上に存在する同じレベルモンスターを複数重ね、その上に重ねることで特殊召喚できるモンスターエクシーズ召喚
例:No.39 希望皇ホープ、No.32 シャークドレイク超銀河眼の光子龍
シンクロモンスター
(Sモンスター
フィールド上に存在するチューナーと1体以上のモンスターの合計レベルが、シンクロモンスターレベルと等しい場合に特殊召喚できる(シンクロ召喚
例:ジャンク・ウォリアースターダスト・ドラゴン 
ペンデュラムモンスター
(Pモンスター
ペンデュラムケール(Pスケール)という数字が書かれ、ペンデュラムゾーン(Pゾーン)に置くことで魔法扱いとなるモンスター。Pゾーンに置かれた2枚のPスケールの数の間のレベルを持つモンスターを手札から特殊召喚できる(ペンデュラム召喚
例:時読みの魔術師星読みの魔術師オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン
リンクモンスター
Lモンスター
カード右下に書いてあるLINK数字分のモンスターテキスト欄に書かれた条件を満たすようにフィールドから墓地へ送って特殊召喚できる(リンク召喚
例:デコード・トーカーファイアウォール・ドラゴン
融合モンスター 融合召喚によって召喚できるモンスター
例:E・HERO フレイムウィングマン青眼の究極竜サイバー・エンド・ドラゴン
儀式モンスター 儀式召喚によって召喚できるモンスター
例:サクリファイスカオス・ソルジャー 
魔法 基本的には自分のメインフェイズでのみ発動可(速攻魔法除く)。
例:光の護封剣融合エネミーコントローラー
相手ターンにも発動することが可。一度フィールドセットする必要がある。
例:落とし穴くず鉄のかかし聖なるバリア-ミラーフォース-

カードの詳細はこちらのWEBサイトに詳しい。 →遊戯王カードwikiexit

原作・アニメとの相違点

全体的なルールは「デュエルモンスターズマジック&ウィザーズ)」と同じであるものの、ゲーム化するにあたり、細部はかなり変更が加えられている。

よく使われる公式用語

召喚関連

関連動画


関連項目

一般項目

デッキタイプ・戦術

遊戯王OCGの用語

カード名前などモンスターの区分に関しては「遊戯王OCGカードリスト」のカード群の項を参照。

この記事を編集する
関連記事

子記事

兄弟記事

  • なし

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP