運炭単語

ウンタン

掲示板をみる(25)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

運炭とは石炭を輸送することである。

概要

石炭産業の全盛期は石炭を炭坑から港まで鉄道で輸送していたが、石炭産業の衰退によって運炭列車は数を減らし、2009年現在JRによる運行は一切行われておらず、一部の私鉄によって運行されているのみである。

また、石炭石灰輸送への転用が行われたが、こちらの運用も少なくなっている。

これ以上の情報については、アンサイクロペディア詳しく記載exitされているのでそちらを参照のこと。

現在残る石炭輸送列車

春採(釧路コールマイン)~知人 (太平洋石炭輸送販売)

釧路コールマイン選炭工場から知人貯炭場までの石炭輸送専用の貨物線。出炭がない限り運行されない。

扇町~三ヶ尻 (太平洋セメント)

三井埠頭から輸入した石炭を太平洋セメント熊谷工場へ輸送する。
2009年現在定期的に運転される(1本/日)運炭列車である。

に運転され、列車番号は「5783レ」である。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/10/06(木) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2022/10/06(木) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP