違法マイク単語

イホウマイク

  • 10
  • 0
掲示板をみる(45)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(10)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

違法マイクとは、違法なマイクである。

概要

東方天乙統女(おそらくラップによる)クーデターヒプノシスマイク以外の武器止されたH歴。天谷奴零によって開発されたヒプノシスマイクの、精干渉を起こす類の攻撃は、強い精を持つ人間のみを使用者に限定していたにもかかわらず、言の葉党の支配下での一の殺傷手段として多くの人々にその所持を渇望させた。

まず、ヒプノシスマイクはそもそも普通マイクではない。一見普通マイクのようだが、中王区によって登録されたものであることを示すかのように中王区のマークが記入されており、このマイクを通してラップすることで人の精に干渉することができるのである。なお、精干渉の対は使い手によって当然選択できるようになっている。

また、ヒプノシスマイクはそのから使い手に強い精を持つことを要し、ヒプノシスマイクを使う際には各々のアイデンティティを反映したマイクの形状変化とスピーカーの現出を引き起こす。さらに使い手のによっては固有のラップアビリティーが発動する。つまり、ラップしている間だけ固有結界が発動していると考えてほしい。要するにあれだ。あの爆発やらなんやらは精神攻撃イメージってことにしといてほしい。

実は言の葉党はH歴制定と同時期に希望全員ヒプノシスマイクをいったんは配布している。しかし、H歴2年のThe Dirty Dawg解散と同時期に、一度は配布したヒプノシスマイクを破壊し、現行のディビジョンラップバトル方式に切り替えた、というのが大前提である。

というわけで、認可されたヒプノシスマイクがある一方で、旧日本を支配する中王区の言の葉党が認可していない、所持者が登録されていない非合法なヒプノシスマイクが違法マイクである。H歴元年に多くの武器止されたことで違法マイクが多く市場に出回り、わずか2~3年の間に裏社会で流通し続けていた。中王区はこの事態に対し、ラップバトルを施行する直前に管理体制を底したことで、ほとんどは処分されたが、いまだなお違法マイクを用いた犯罪が続いているというのが現在の時間軸である。

なお、違法マイクの多くは粗悪品だが、中には天谷奴零離脱後の旧軍によって開発されたヒプノシスマイクプロトタイプすら出回っている。こちらは軍用に開発されており、従来ヒプノシスマイクより精干渉性が増強、つまり有体に言えば殺傷が上がっている代物だが、より制御困難になった存在である。マインドハックレベルまで実現したハイスペック故に使用者を殺す域にまで到達したがために、それ専用のクローンが開発されたヒプノシスマイク程ではないとはいえ、そんじょそこらの違法マイクとはべ物にならないほど、こちらは高額で取引されている。

ちなみに、なぜ言の葉党がヒプノシスマイクの独占体制に失敗しているのにレジームが確立しているかというと、言の葉党が一ヒプノシスキャンセラーを独占しているからである。このヒプノシスキャンセラーは起動させるとヒプノシスマイクを強制的に化することができ、言の葉党の支配体制に貢献しているというわけである。

なお、ディビジョンバトルに挑んでいる正規品のヒプノシスマイクを使う人々の中には、当然こうした違法マイクを人を傷つけるためのものと毛嫌いするものもいる。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/25(水) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/25(水) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP