今注目のニュース
動画内の顔をそっくり変えて身バレを防ぐ画期的ソフトウェアが開発
「ポケットモンスター ソード・シールド」,「カモネギ」が進化した新ポケモン「ネギガナイト」が公開
「雑務減らして練習増やす」「社内メール使いません」――東大アメフト部とメルカリの「Slack」活用術

遠坂葵単語

トオサカアオイ

掲示板をみる(154)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

遠坂葵は、Fate/Zeroの登場人物。CV伊藤葉純。
遠坂時臣の妻で母親

概要

旧姓はは元々魔術師系であったが数代前に魔術師としては絶している。
しかし、類稀な資質を継承する、特殊な血統の系でもあった。

間桐雁夜とは幼馴染であり、雁夜が間を出奔してからも交流があり、親しい間柄であった。
しかし、雁夜から異性として見られている事には気付かず、後に知り合った遠坂時臣婚を受け入れて8年前に結婚。長女と次女をもうけた。を間に養子に出す時には心を痛めたが、夫の魔術師としての決定を重んじ、異を唱える事はなかった。 

第4次聖杯戦争開始により、を連れて実家に帰し、夫の勝利を祈願する事になるのだが・・・。

人物

綺礼から見ても、遠坂葵という女性は妻として出来すぎた人物だった。慎み深くも気遣いは細やかで、
夫を理解しつつも干渉はせず、情より忠節を前に立てて日々の務めを 果たす、
一昔前であったなら良妻賢の鑑であっただろう。フェミニズムの浸透した昨今では化石のような人種である。なるほど時臣という男は、自分にうってつけの人間 を配偶者として選んだようだ。


時臣いわく、体として優秀すぎるらしい。時臣自身の才は歴代遠坂の当としては庸であり、遠坂にしてもキシュア・ゼルレッチ・シュバインオーグの最も芽が出ない高系であったが、は全元素・五重複属性
は架元素虚数属性という賦というよりは呪いにも等しい資質を持って生まれる事となった。

にもの血が流れており、については不明だが、については間桐臓硯60年後予定の、
第5次聖杯戦争の間魔術師を生む器としても見込まれている。(の血だからとは明言はしていないが)
また雁夜が知り合ったのは臓硯の手によるという設定が存在する。
 
母親だけあって美人であるが、は祖時臣母親)の方に似ているらしい。

下ネタバレ
第4次聖杯戦争の後期に、雁夜によって首を絞められ、欠によりに障を負ってしまう、Fate/stay nightの開始時点ではすでに病死して故人となっている。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 152ななしのよっしん

    2019/04/25(木) 03:31:01 ID: SdX9p7oGo6

    五次アーチャーこと英霊エミヤとは、夫(婦)仲間として仲良くなれそうだね、さんは。

  • 153ななしのよっしん

    2019/05/02(木) 21:38:45 ID: f8PRXIUMeV

    一見型月キャラにしては常識人っぽくて良心もあって典的な母親って印だけど、実態は全部良かれと思って何もしないアレだったからな
    旦那も典的な魔術師人間性とかあまりないし間の実態もロクに知らないで勝手にを預けるくらいにアレ親父だし、不幸は全部遠坂と間のせい

  • 154ななしのよっしん

    2019/06/30(日) 11:29:00 ID: RrVlCVYP1I

    >>151
    多分この人は、「が稀有な属性持ちで、下手したら魔術協会に捕まってホルマリン漬け」とか、「才ありすぎて悪いものを引き寄せた時のために自衛のが必要」とかいうことを知らないんだろう。

    性①
    時臣「間からを養子に欲しいって言われたから出すことにするわ」
    「(本当は嫌だけど)アッハイ

    性②
    時臣「間からを養子に欲しいって言われたから出すことにするわ」
    「え、なんで?
    時臣魔術は一子相伝だから片方は養子に出すしかないんだよ」
    「(本当は嫌だけど)アッハイ

急上昇ワード

最終更新:2019/09/19(木) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/19(木) 07:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP