邪馬台国単語

ヤマタイコク

掲示板をみる(313)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

邪馬台国とは弥生時代日本のどこかに存在したである。
様々な説があるがその場所は定かではない。 

概要

当時の日本では文字歴史を記録していないため、この時代の歴史中国歴史書にわずかに登場する日本(倭)の記述のみが頼りとなる。

つまり「三国志」の中の「書」の中の「東夷伝」の中の倭人に関する一節、よく言うところの倭人伝」が邪馬台国に関するほぼ一の文献資料である。それによると、
 

の中で長期の内戦があったのち、卑弥呼という女性を邪馬台国の王にすることによって争いを収めた。彼女は「」 に長じ、うまく人々の信頼を受けて支配している。夫はいないが、政治を補佐している。

彼女皇帝に使者を送り「親倭王」に任じられ、印を授けられた。

彼女の死後、大きな墓を作り、100人をえる奴隷が殉葬された。男の王が即位したが争いが絶えず、最終的に卑弥呼の一族である壱与という少女を王にすることによって、ようやく争いが収まった。


・・・といった感じである。そのほかにも邪馬台国が近隣の20数カを支配していたこと、その位置や風俗、身分構造などについて書かれている。 

邪馬台国はどこにあったのか?

倭人伝には邪馬台国への程が下記のように記されているのだが、この記述のままに地図をたどると太平洋上に出てしまうため、邪馬台国の位置を特定するには至っていない。また、卑弥呼の墓や印といった物的拠も発見されていないため、様々な人々が自らの思う邪馬台国論を唱えている。

江戸時代後期に新井白石が「大和奈良県)」にあったと説き、後に新井白石が「筑後福岡県)」にあったと説いたのが議論の始まりとされている。そう、発端はコイツである。

その後、本居宣長が「九州襲説」を提唱するなど、今日に至るまで結論の出ない論争が続いている。

な説としては、上記の「近畿説」と「九州説」が有名。しかし、やれ諏訪だ、山梨だ、インドネシアエジプト海底都市竜宮城、と様々な説もある。

東洋史学者の岡田氏や文芸評論家歴史オタク小谷野氏のような知識人はそんなもの実在しないか規模が小さすぎて見つからないのだろうと述べている。

魏志倭人伝の記述

  1. 朝鮮半島沿いに航行して、を経て東へ南へ7000里で倭の対、狗邪韓国に至る。
  2. を渡って1000里で対馬
  3. さらに南へを渡って1000里で壱岐
  4. またを渡って1000里で末
  5. 東南へ陸路で500里で(邪馬台国に従している)
  6. そこからまで東南へ100
  7. 不弥へは東へ100
  8. へは南へ船で20日
  9. 邪馬台国へは南へ船で10日、陸路で一か
  10. (その南に狗があり、邪馬台国には従していない。)
  11. 帯方から邪馬台国までの距離12000里
※1里≒80mという説と1里≒400mという説が存在する。

前述の通り、この記述だと太平洋上に到達するため、解釈を加えてどうにか日本国内に到達するように様々な説が唱えられている。

放射読みから先はを起点にする読み方)や、方角を修正(南→東など)などする読み方、古代地図が間違っていたとする説など実に様々。

なぜ場所が問題なのか

ところで、なぜ邪馬台国の場所を特定する必要があるのか。その大きな理由として大和政権の成立に関する問題がある。

仮に近畿に邪馬台国があったとすると、3世紀にはすでに近畿北九州を支配する勢があったことになり、この勢大和政権につながったと考えることができる。

一方、九州に邪馬台国があったとするならば、日本における統一権の登場はより後の時代になる。
ちなみに邪馬台国が大和政権によって滅ぼされた説と邪馬台国が東遷して大和政権へつながった説とがある。 

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 311ななしのよっしん

    2021/07/24(土) 18:41:32 ID: W6jswLGDQT

    間違えた卑弥呼が死んだ年が248

  • 312ななしのよっしん

    2021/07/24(土) 19:32:13 ID: Ff6PcVVgPK

    倭人伝の「何で上陸してから異様に時間がかかっているの?」という疑問は
    『見ず知らずの異の地での使者は慎重になったから』と解釈すれば何の不思議もないんだよな

  • 313ななしのよっしん

    2021/07/24(土) 20:19:21 ID: gTCCmhQIts

    東遷は、恐らくあったんだろうね
    大和朝廷が最初から大和に出現したなら、大和天下りしたと神話に書けばいい
    しかし記紀神話には、に降り立ち、子孫のイワレビコの代に同じ孫だと互いに認め合ったニギハヤヒを破って大和を征している
    おそらく、この神話に意味はあるんだろう
    ただし、考古学の根拠は薄い。九州文化が大和を征した形跡は乏しい
    遺跡に文化の異変が現れない程度の同じ文化内の争いならありうるか

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/07/31(土) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2021/07/31(土) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP