部落単語

ブラク

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

部落とは、

1.較的少数の人が集まって住んでいる場所。集落。「山のふもとの部落」

2.被差別部落のこと。同和に同じ。「部落解放同盟

差別部落が少ない地域(東日本)では1の意味で使われることが多い。この場合は集落と同義だが2のせいで放送禁止になっている。以降2について記述。

概要 

近代以降朝鮮人が住むようになった地域を朝鮮部落もあるがここでは触れない。通説一般的には江戸幕府が身分制度の下、食、皮革、廃棄物処理や死刑執行人などを一定の地域に住まわせたことが起だと言われている(異説や批判あり)。言ってしまえばエタやヒニンと呼ばれる身分の人々が住んでいた地域のこと。こういった人々は江戸時代社会差別を受けていたが(下駄を履けない、差別戒名、火の貸し借りをしない等)、それが現代まで続いている(とされている)のが所謂部落問題や同和問題という物である。

関西に多いと言われるがその他の地域にもある。とりあえず現代では部落差別は(的には)ない(ということになっている)。

悪用した犯罪・脅迫

本物でないにも関わらず、以上の立場を騙ったり悪用する手口もある。

被害に遭っている場合や、起業や経営時の危機管理の一環として覚えておきたい場合は

部落解放同盟科記事に手口・対処法が記載されている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

ないでしょ・・・

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/23(金) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/23(金) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP