都市伝説単語

トシデンセツ

  • 24
  • 0
掲示板をみる(397)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(24)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
ブラックジョークを含んだ記事 この項は、ブラックジョークを含んで書かれているらしいよ。
うっかり読んでしまっても私は知らないよ。

・・・ねえねえ? 知ってる

都市伝説(としでんせつ)とは、口承(口伝え)で伝播する噂話、デマ、作り話などの類のことみたいだよ。アーバンフォークロアとも言われるみたい。

近代になってから発生したものを古くからの伝承などと区別するために都市伝説と呼ぶらしいの。発生や伝播範囲が都市であるかは関係がないみたいね。

最近では伝播手段にネットが加わっているのが特徴らしいよ。

概要

なんでも、1980年代初頭にアメリカの民俗学者ジャンハロルド・ブルンヴァンって人が提唱してこう呼ばれるようになったみたい。
英語では「urban legend(アーバンレジェンド)」っていうんだって。アーバンって言うのは「都市」って意味だってね、レジェンドは「伝説」。日本語はきっと直訳したものってことかな?

これは、口承の一種なんだって。これ書いてる編集者の7代前のニコニコ大百科編集者がそう書いてた。ネットでも見たから多分本当。

なんだか聞いたときは説得があるような気がするけど、よくよく考えたら実際はそうでもないって話。

この話もさっき話したニコニコ大百科編集者の次の代の編集者が書いてたんだけど、
ほら、「この話、わたし友達友達から聞いた話なんだけれど・・・」で始まる噂話はよく聞くけど、
その友達友達のことは誰も知らないし会ったこともない!その友達の存在が既に都市伝説なのかも…
実はその噂話が都市伝説でしたってこと。結構あるらしいんだって。この「友達友達」ってのもある意味そうだよね。

でも面いからかに話したい! 教えてあげたい! 伝えなきゃ!

ホラー的な例1

あるアパートで一人暮しをしている女性のもとに、同年代の友人が遊びにやってきたときのことだ。
時間を忘れておしゃべりに中になるうち、辺りはすっかり暗くなってしまい、友人彼女部屋に泊まっていくことになった。

彼女ベッドの上に、友人ベッドに敷かれた布団の上に、それぞれ横になる。
部屋の中はすっかり静まりかえり、彼女はうとうとと眠りに就こうととしていた。

すると突然友人が布団から飛び起きて彼女のことを揺さぶり、

「急にアイスが食べたくなっちゃった。一緒にコンビニまで買いに行こうよ」と言い出したのだ。

彼女はもう眠かったし、別にアイスなど食べたくなかったので「私はいらない。一人で行ってくれば」と答えたのだが、
友人は「を一人で歩くのは心細いから」と言って聞かない。
根負けした彼女は仕方なく友人と一緒にコンビニへ行くことにした。

ところが、を出た途端に友人彼女の手を強く引き、なぜかコンビニとは逆方向に向かって走り始めたのだ。

いったいどうしたというのだろう。

不審に思った彼女が理由を尋ねると・・・

「大きなを出さないで!今から交番に行くのよ。
私、見てしまったの。ベッドの下に、大きな包丁を持った男が隠れているのを!」

エンディング的な続き(反転
その後数人の警官と共に戻り部屋を調べたが男はおらず、いくら調べても男がどうやって侵入したかはさっぱりわからなかった。
はじめから部屋にいたとしか思えない、とういう結論に達した・・・

ホラー的な例2(コピペとして普及しているもの)

  一人暮らしをしている大学生の男がいた。

男が住んでいるのはごく普通アパートだが、たまにおかしなことが起こった。

大学から帰ってくるとカーテンの形やゴミ箱の位置などが微妙に変わっている気がするのだ。

最近はかにつけられてる様な気もしてきた、流石に気味が悪くなってきた男は大学友人に相談した。

男が「もしかしてストーカーかな?警察に言うのが一番良いと思うけど…
警察は実際に被害いと動いてくれないって聞くしなぁ…どうしよ……。」


と困っていると、友人
「…じゃあ大学に行ってる間ビデオカメラ部屋を撮影しておいて、もしストーカー部屋に侵入してるのが撮れたらそのテープもって警察に行けば良いじゃん、不法侵入してるわけだからさすがに警察も動いてくれるだろ。」

と具体的な解決策を提示してくれた、やはり持つべきは友!

これは良い案だ!と思った男は速次の日の部屋ビデオカメラを設置して録画状態のまま大学へ行った。

大学から帰ってきた男は焦った、久々部屋違和感がある、
「これは期待出来る、マジストーカー写ってるかも…」
と思いながらビデオの録画を止め、再生した。

しばらくは何も写らなかった。
しかし夕方になると、知らない女が包丁を持って部屋に入ってきたのだ。
「…!!!!!!

ビビった男はすぐに友人電話をかけた、
「ヤッベー! 写ってる写ってるストーカー写ってる!!!!」
若干奮気味に伝え、それからは録画を見ながら友人に内容を実況した。
ゴミ箱漁ってるよぉ…」「今度はの匂い嗅いでる…キメェ!!」

今までコイツは何回も来ていたのかと思うと男は背筋が凍る思い
だった。「これで警察も動いてくれるなぁ」と少しホッとしてると、画面の中の女は押入れに入った。

「うっわ…押し入れの中入ったよ、しかもなかなか出てこない……」
などと友人と喋っていると、またかが部屋に入ってきた。

男は言葉を詰まらせた。
部屋に入って来たのは自分だった。
そしてビデオの中の自分はカメラに近付き録画を止める。


そこでビデオは終わっていた。

関連項目

都市伝説の例(※が付いているものはWikipediaの都市伝説一覧exitに解説あり)

事実になった都市伝説

その他の項や各詳細、ウィキペディアの「都市伝説の一覧exit」を参照されたい。
また、ウィキペディアには、とてもおそろしくて書けないほどに詳しい人は、
是非ともニコ百で各項に詳細を記述してもらいたい。

関連商品

関連コミュニティ

外部リンク

すべてWikipediaリンク

この記事を編集する

掲示板

  • 395ななしのよっしん

    2021/05/30(日) 02:34:20 ID: 4U8OTG2vG4

    >>388
    似たようなもので1910年のハレー彗星の際の騒動があるな
    後年の小説マンガなんかを見るとまるで社会全体が恐慌状態に陥っていたかのように思うけど
    当時の新聞なんかを見たところ、大きな騒ぎにはなっていなかったっぽい
    シップ的に一部の馬鹿を取り上げただけの話が、後年の人間が、まるで社会全体がそうだったかのように勘違いしたんだろうな

  • 396ななしのよっしん

    2021/06/12(土) 19:47:07 ID: /4JhEi4f2D

    都市伝説現実マテリアルとしたフィクションだから面
    信じるかどうかは別次元の問題

  • 397ななしのよっしん

    2021/06/15(火) 00:27:12 ID: pljDU1Gg08

    やかましい!

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/19(土) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/19(土) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP