酸素単語

サンソ

1.1千文字の記事
掲示板をみる(83)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
この記事には強い冗談が含まれています。許容できる方のみ閲覧をお勧めします。
なお、正しい酸素の情報についてはwikipediaexit等をご覧ください。

酸素とは、である。

極論を言えばありすぎても、なさすぎても事故になる。

概要

柳龍光が「この地球上で最も強ガス」と言ってました。
また、トリコでも高濃度の酸素を吸って倒した例がある。

金属や食品、生活必需品といった各種物品をじわじわ化/劣化させる事も有名である。

またにもなり得る(逆もまた然り)。高圧酸素カプセルを、サッカーイングランド代表ベッカム選手が日韓共催ワールドカップに参加するために折の治療に使い、また全国高等学校野球選手権大会優勝した早稲田実業斎藤佑樹投手も、連投の疲れを癒したことで知られる。

しかし北京五輪や第90回全国高等学校野球選手権大会では、ドーピングに相当する恐れがあるとしてこのような装置の使用自粛を呼びかける事態になった。

ドーピング副作用。ほら、やっぱりだ。

もちろん、単純に酸素濃度が濃すぎる中で火をつければ大爆発である。

…もちろん人間生存に不可欠であるのも一応事実である。

は酸素と水素でできており、水中は酸素に溢れているのに呼吸ができないのも皮な話である。

低酸素環境における事故

酸素欠乏症、酸素欠乏事故とも。

酸素も空気透明臭のため、酸素が欠乏していても眼では確認できない。

作業環境によっては極端な低酸素になっている場合がある。
密閉され空気循環の全くない閉所、貯蔵庫、タンク、地下坑廃墟など。

知らずに踏み込むと急に意識を失うこともあるため
発見が遅れたり、知らずに助けに入った後続も連れにされる場合もある。
起きうる環境での作業・立ち入りに対しては十分な危機管理が必要である。

  • 低酸素でも呼吸が可な装備で臨む
  • 低酸素を警告する装置を装着し、動作を確認する
  • 低酸素環境に対し、酸素を送り込む送機(サーキュレーター)などの使用
  • 低酸素環境の危険性を知識として知っておく

関連項目

関連動画

関連商品

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/10/02(日) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2022/10/02(日) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP