今注目のニュース
【なんて読む?】今日の難読漢字「御数」
「年収500万円は低い?」武井壮の世間ズレ感覚に賛否両論
老舗出版の「創文社」、書籍販売を終了へ  20年めどに解散、惜しむ声続々

野島伸司単語

ノジマシンジ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

野島伸司とは、日本テレビドラマ脚本家作詞漫画原作者、その他のマルチライターである。

人物

1963年生まれ。新潟県出身。

としては、暴力いじめ、障者、自殺問題、近親相姦など、現代社会の暗部を独自の視点で鋭く切り取った作品を多く手がけた。またこれでもか!というほど登場人物に不幸の連鎖が襲ってくることにも定評がる。また過去にはほとんどの作品にレイプシーンがあったなど、過剰な映写も多い。

名時代に脚本を執筆した『世にも奇妙な物語「死ぬほど好き」』は知名度ほど少ないが、ラストの後味の悪さは、世にもシリーズトップ3に上がるなどファンには名作として挙げられている。

90年代の野島伸司作品は、軒並み高視聴率を獲得し、1993年の作品『ひとつ屋根の下』では最高視聴率37.8%を記録した。だが同時に『高校教師』や『人間失格〜たとえばぼくが死んだら』のような問題作を多く執筆しているので、1994年以降、野島作品テレビドラマが「子供に見せたくない番組」ワーストラキングに入るようになった。

2000年代になってからは放送規制の波もあってかやや明るい作シフトしていったが、2013年週刊少年サンデーの『NOBELU-演-』の原作を担当。当人は初めての漫画原作であるが久しぶりの問題作で相変わらずの作を発揮していた。でもこれ少年誌で掲載していいのか?

主な作品

テレビドラマ

※太字は最高視聴率30%えた作品

映画

漫画原作

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 6ななしのよっしん

    2014/06/07(土) 23:41:19 ID: a3ROubmKyl

    この人と加賀昭三(こっちもレイプネタと近親大好きの変態)は多分
    生まれるのがもう少し遅かったらエロゲライターやってたと思う。

  • 7ななしのよっしん

    2014/10/16(木) 13:18:53 ID: 9SbVpUFPb9

    言い訳を用意しつつシナリオ書くから正直嫌いだわ。

  • 8ななしのよっしん

    2018/05/25(金) 19:28:03 ID: p2Elr5G8pU

    新潟出身ということもあり劇中に新潟出身という設定の人物を入れたり本編でも新潟ロケがよく行われる実は郷土にあふれた人

急上昇ワード

最終更新:2019/12/08(日) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/08(日) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP