野月浩貴単語

ノヅキヒロタカ

1.1千文字の記事
掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

野月浩貴(のづき ひろたか)とは、将棋棋士である。1973年7月4日生まれ。北海道札幌市出身。勝浦修九段門下。棋士番号221。段位は現時点で八段。2018年度からB級1組で戦うなど、強棋士の一人。

棋歴

小学校6年生のときに小学生名人戦優勝して、奨励会入会。ちなみに同大会の3位には行方尚史ベスト8には木村一基がいた。三段リーグの頃はNHK杯記録係を長く務めた。1996年に23歳で四段昇段(プロデビュー)。

1998年し新鋭戦で久保利明を破り、優勝2005年順位戦B級1組に昇級して七段に昇段。2017年に勝数規定によって八段に昇段した。

棋風・人物

相掛かりや横歩取りなどのしい戦を好む攻め将棋。中座が初めて横歩取り8五飛したのをたまたま対局場で見て、優秀な戦法ということに気付きこの戦法が流行するきっかけをつくった。

対局の際、相手の一段に手が届くか届かないかギリギリの後ろに座る。

その他

サッカー好き棋士の一人で、サッカーの戦い方のイメージ将棋に結びつけることもあるほどである。Twitterには頻繁にサッカー話題が現れる。サッカー日本代表戦の観戦にも時折行っている模様。出身地の札幌市を本拠地とするコンサドーレ札幌サポーターである。コンサドーレ札幌創設前は、横浜市に住んでいたこともあって、日産自動車サッカー部(現・横浜F・マリノス)のサポーターであった。

サービス旺盛な解説名人の一人である。女流棋士山口恵梨子とは山口小学生の頃からの知り合いの名コンビ。また、フットワークが軽く、東京で13時から仕事がある日の午前中に横浜タイトル戦会場に顔を出したり、大盤解説を担当した第3回電王戦第3局では、3時間ちょっとの休み時間の間に解説会場から5キロほど離れた対局場まで往復し、解説会場で対局場の様子をリポートした。将棋連盟YouTube動画担当でもあり、タノシソウダネの撮を担当した。

2012年より、漫画ナリキン!』(月刊少年チャンピオン連載)の監修を務めた。また、『りゅうおうのおしごと!』のアニメ版の将棋監修も務めている。

また、AbemaTVにおける将棋番組のプロデューサーを務めており、向こうでの解説も多い。ただ、それによってニコニコ生放送での解説に来なくなったわけではない(AbemaTV将棋チャンネルニコニコ生放送将棋放送は専属契約ではない)。

英語もペラペラで、サンフランシスコにある支部の師範を務め、たびたび訪している。

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/01/27(金) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2023/01/27(金) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP