野球ガ デキテ タノシイナ♪単語

ヤキュウガデキテタノシイナ

掲示板をみる(85)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(19)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

なあに、すぐに幸せになれるさ。
なんにも自分で考えなくてよくなるからな。

さあ、すぐにとりかかろう!

し   あ   わ   せ

野球ガ デキテ タノシイナ♪とは、パワプロクンポケット7パワポケ7)のバッドエンディングの一つである。

概要

実況パワフルプロ野球サクセスモードやそのスピンアウト作品はどれもこれものあるシナリオが有名であるが、特に携帯機向けスピンアウト作品パワポケ7ノーマルバッドエンド最強トラウマエンドとしても知られている。

このアルバムの出し方は高校の助っ人として現われたヒーローズリーダーレッドが悪の秘密結社「ワルクロ団」と結託していたことを主人公が知った後、ヒーロー達を追い出すために仕掛けた7月4週の対ヒーローとの野球勝負で負けること。

負けを認められない主人公達はマスコミヒーローズとワルクロ団の癒着をバラそうとするが結託の事実を知られないために団員ごと洗脳させられ、野球以外「何も考えなくていい」存在にさせられてしまう。

EDは一枚絵で、弔鐘の音と共に明らか幼児退行精神崩壊をきたしたような一枚絵が表示される。そして極めつけに、どう見ても心身荒を思わせるグネグネとんだ「し あ わ せ」の字が表示される。このエンディングまでの「ヒーロー」の所業を知っている者からすれば決して笑えるものではなく、むしろトラウマになる内容である。

これ以外にもパワポケ7ではヒーロー達がプロ野球入りして主人公を初めとした普通人間プロから追い出す」「主人公をおうど色マスクとしてヒーロー入りさせる」などのあるBADENDが多い。トゥルENDに入るには野球勝負とミニゲームヒーローズを二度撃破し、レッドを「乗り越える」必要がある。だが両勝負とも難易度は高い。

余談だが、7を最後にパワプロクンポケットシリーズジャンルを「スポーツ・育成」から「野球バラエティ」に変更した。

こんな育成スポーツゲームがあるか!

2021年2月25日パワプロアプリに「高校編」が実装され、このバッドエンド再現された(育成自体は強制終了となるが選手登録自体は可である)。

余談

そもそもレッド芹沢央(隠し彼女ブラックの正体)を初めとしていたヒーロー達を生み出していたのは、7主人公が幼いころに書いた落書きと願いによるモノ(後のシリーズでは「具現化」と呼ばれている)。

つまりこのエンディング主人公達が自らの妄想の産物に負けてしまったという事であり、妄想現実に定義されてしまったという事を意味する見方も出来る。

だが同時に本来は甲子園へ行く実もなかった弱小野球部の高校が、それでも甲子園で立ち向かえる実を身に付けられたのはレッド達に対する反抗心のおかげであり、レッド達を乗り越えようとしたから甲子園へ向かえるようになった。

その事実に対して悩んだ主人公は協してくれた(自称)悪の科学者の博士に疑問をぶつけるが、その際に博士から「悪の反対は善、善の反対は悪じゃ。『正義』の反対は、別の『正義』あるいは『慈悲・寛容』なんじゃよ」という名言を説かれる(ちなみに野原ひろし名言ではなく博士の発言が元ネタである)。

パワポケにおける正史では主人公達はレッドを乗り越えて甲子園優勝した事になっており、「乗り越える」として立ちはだかってくれたレッドに対し主人公は「ありがとう」とも言っている。

このようにトラウマ級のバッドエンドだが正史では別になんともないという現パワポケダッシュツンデレお嬢様南雲るりかの縦読みBADENDに通じるものもある。

彼女もよくトラウマと呼ばれているが正史ではむしろ主人公に救われて結ばれた可性が高い。むしろGOODENDが存在しない人物の方がダメージは大きい。なんとかゆりさんとか。

以後のシリーズでは「悪と戦うのではなく、身近な人々を救うボランティアも活動の一つ」というアメコミヒーローに影を受けた芹沢央によってヒーロー達は率いられる事になる。

結局ジャジメントだかツナミだかと戦い続けるハメになるけどな!

以後のシリーズにおけるヒーローズ

7当時は客観的には「誤った正義」を振りかざしていたレッド達だが、ヒーロー達はDSシリーズにもサブキャラあるいは主人公(らしき人物)や攻略ヒロインとして再登場する。

パワポケ9では「さすらいの来人が商店を救うべくスーパーとの野球勝負の助っ人に参加する」というシナリオ

ここでも元居たメンバーと助っ人による対立が起きてしまい、9の主人公は7におけるレッドの立ち位置を彷彿させる。

しかし9においては7では果たされなかった「元居たメンバーと助っ人組の和解」が成立。9の主人公も勝ったからといって、7時代のレッドと違って負けた相手をし あ わ せにする等の暴利は振るっていない。

特にサイボーグ広川武美とのエンディングにある「幸せな日々」の部分は7時代でレッドが7主人公達を陥れようとした「し あ わ せ」のそれとは逆の性質と言えよう。

なおパワポケ9主人公は復活したレッドではないかという説がある。14でレッドが再登場した際に商店に対する思い入れが強いことからそれを強く匂わせる。だが公式ではノーコメントロマンだねぇ、けらけらけら。

他にも7時代に「嫌なヒーロー」の一人だったピンクだが、パワポケ12ではヘタレ化しつつも12主人公との交流や大江和那との対決を経てヒーローとして成長していった。

初登場時は「間違った正義を振るう存在」として描かれていたヒーロー達だが、後のシリーズでは彼らの成長も一つの見所となっていった事は付け加えておきたい。

まぁ、でも7の鬼畜野球鬼畜ミニゲームはなかなか擁護出来ないけどな!

関連動画

その内容を見る事が出来る動画(ネタバレ注意、数字は動画時間)

0:07~

10:41

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/07/27(火) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2021/07/27(火) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP