今注目のニュース
「そんなテク持ってたっけ?」 信じられない箇所についた浮気の証拠
「朝専用ブラックサンダー」登場
クロちゃん、南キャン山里の結婚直後に“裏切り”

野田浩司単語

ノダコウジ

掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

野田浩司(のだ ひろし1968年2月9日~)とは、熊本県出身の元プロ野球選手投手)である。現役時代は阪神タイガースオリックス・ブルーウェーブに所属した。

現役時代は類い稀なるフォークボールの使い手として知られ、オリックス時代には1試合19奪三振という日本記録も作っている。

概要

高校卒業後は社会人九州産交に進むが、同野球部が入社後に止になってしまったため特例でドラフト名対になり、1987年阪神タイガース1位名を受けて入団する。

阪神時代

1988年(1年)から即戦として一軍の試合に出場するが、当時阪神タイガース暗黒時代に突入しており、打線も守備も緩み切っていたため、野田1988年から規定投球回に達するものの、3勝13敗、防御率3.98という成績に終わっている。


1989年には臨時コーチとして来日したメジャーリーガーに導を受けてフォーク良を行いこれに成功。


その後も時に先発、時に中継ぎと起用法が不安定ながらも1991年には開幕投手名される等活躍するが、1992年オフ松永浩美とのトレードでオリックスブルーぶぇーぶに移籍することとなる。
この時ヤクルトスワローズ監督を務めていた野村克也からは「セ・リーグからフォークお化けが消えた!」と喜ばれている。

オリックス

移籍1年から先発一本で活躍。
パ・リーグにはDH制度があったため多少打ち込まれても先発を降させられず、またパの打者は初球から積極的に振ることが多かったため、野田の自慢のフォークにパの打者たちは次々空振りを喫してしまう。

特に移籍初勝利を挙げた4月21日近鉄戦では2回までに3本塁打を浴びたものの、その後開き直って9回まで投げ続けた結果15奪三振を記録する勝利を挙げ、さらに7月4日近鉄戦では1試合16奪三振を記録。
結局93年は17勝5敗、防御率2.56、209奪三振という成績を上げ最多勝・ゴールデンラブタイトルを獲得した。


1994年は前年より成績を落としたが12勝11敗、防御率4.24、213奪三振という成績を残し、8月12日近鉄戦では足立光宏野茂英雄に並ぶ1試合17奪三振を達成している。


1995年には4月21日ロッテ戦にて1試合19奪三振という日本記録(詳しくは後述)を達成、シーズンを通して10勝7敗、防御率3.08、208奪三振3年連続2桁勝利200奪三振を達成しチームの優勝にも貢献、日本シリーズではヤクルトスワローズに敗れたが、2戦登板した際は自慢のフォークヤクルト打線を7回まで失点に抑えた他、4・5戦にはリリーフ登板している。


1996年以降も2桁勝利が途切れながらも活躍していたが、フォークボーラ―の宿命か、肘の故障で98年以降は勝利を挙げられず、2000年に現役を引退した。ちなみにパ・リーグ時代は奪三振は非常に多かったが、最多奪三振タイトル野茂英雄伊良部秀輝といった強敵がおり獲得することはできなかった。

引退後

現在は解説者や臨時のコーチなどでも活動、また2005年から神戸市中央区三宮料理店「まる九」の経営なども行っている。(店の名前の由来は九州産の素材を使っているので「まるごと九州」を略して「まる九」)

1試合19奪三振

1995年4月21日オリックスロッテ戦。
この日オリックス先発であった野田は前回の登板である4月15日西武戦にて2回8失点でノックアウトされており、その辱をらすべくフォームを修正するなど気合充分でこの日の試合に向かった。

敵地であるマリンスタジアムはこの日も名物である強が吹き荒れており、試合では名手であるイチローファウルフライを落球する場面もあった。
しかしその強野田フォークに味方し、そのフォークはいつもよりさらに鋭い変化を見せ、時には捕手のミットに収まる前にベースの上にポトリと落ちるほどの落差を見せていた。

初回、2番の平野謙安打を許すものの、先頭の樋口一紀・3番堀幸一・4番フランコからいきなり空振三振を奪う。

2回は6番インカビリア安打で、8番愛甲猛失策で出塁を許すが、5番初芝清・7番平井親・9番定詰の三人は空振三振

3回には平野謙に二ゴロで初めて三振を奪い損ね、には安打を許すが、先頭の樋口・そしてフランコからはしっかり空振三振を取る。

4回、初芝インカビリアから空振三振を奪った後、平井には四球を与えるが愛甲を投ゴロに打ち取る。

5回は定詰・樋口から見逃しで三振を奪った後、平野にはそれぞれ四球安打で出塁を許すものの、フランコは空振三振

6回、初芝インカビリア平井をそれぞれレフトフライ空振三振・一ゴロで打ち取るが初めて1回に2奪三振以上を記録できなかった回となる。

7回には愛甲・定詰の代打五十嵐章人樋口代打山下徳人を見逃し・空振り・空振りで三振に仕留める。
そして8回はロッテのスタメンで三振を記録していなかった平野から自慢のフォークボールで18個三振を奪い、これで日本プロ野球史上最多となる1試合18奪三振を達成。なお続くフランコは三ゴロに終わる。

かしこのまま完封かと思われた9回、先頭の初芝安打を許すと、インカビリアは三ゴロに打ち取るが、続く平井の打球を外野の田口壮が後逸して三塁打にしてしまい土壇場で同点に追いつかれてしまう。
その後愛甲五十嵐を敬遠して満塁策をとり、守備固めに入っていた山中潔をライトフライ平野からこの試合19個となる三振を奪ってこの回を切り抜けたが、野田はここで降となり、試合も後を受けた平井正史が打たれサヨナラ負けを喫していたため、野田自身は悔しさで新記録の喜びはかった。

プレースタイル

球種としてはストレートフォークカーブを持っていたが、本人いわくカーブは「おまけ」で基本的にストレートフォークで打者を打ち取っている。
またフォークを投げる投手オーバースローで投球する選手が大半だが、野田はどちらかと言えばスリークオーター気味に腕を振るしいタイプ

特にフォークは投球の約半分を占めているが、先の加減でコース球速・落差を自在に変えることが可だったため、試合でも同じフォークを何度も投げることはせず、フォーク攻略を一層困難なものにしている。
さらには球種がばれないように投球動作の途中に中ずらしストレートの握りからフォークに変更するという達人のような技も行うことが出来る。(フォークからストレートということなら行える投手は多いが、その逆を試合で行える投手は極めて少ない。)

調子の良い日にはストレートよりもフォークの方がストライクを取れることが多く、満塁ワンストライク・スリーボールからフォークを投げたこともあった。

成績

通算投手成績

通算:12年 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
NPB 316 209 59 14 89 87 9 - .506 1614.1 561 1325 677 628 3.50

タイトル・表彰・その他

タイトル
最多勝利 1回 1993年
MVP 2回 1992年7月1993年8月
ゴールデンラブ 1回 1993年
その他
1試合19奪三振 1回 1995年4月21日日本記録
毎回奪三振 1回 1991年7月30日
オールスターゲーム出場 1回 1993年

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/23(月) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/23(月) 20:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP