今注目のニュース
竹内雄悟五段が平藤眞吾七段に勝利 午後2時から藤井聡太七段戦/将棋・棋聖戦一次予選
総合物流の山九、氷河期世代を正社員採用 3年で300人
身体は闘争を求める 無意識のうちに「AC持ち」を編み出すフォートナイト女子が現れる

釘のサンライズ隊単語

クギノサンライズタイ

掲示板をみる(72)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

釘のサンライズ隊とは、ツナ缶Pソード・ワールド2.0舞台とした卓ゲM@Sterシリーズ作品
朝までセッションしてたのに…」のプレイヤーパーティの名称である。
各話あらすじ掲示板でのネタバレを含む話題等は「朝までセッションしてたのに…」記事を参照のこと。

概要

ミラボア王国の冒険者の店「茄子亭」に所属するパーティである。

いくつもの修羅場を潜り抜け、英雄と呼ぶに相応しい実を見につけるに至った。
が、一番の得手とするのは暗殺や潜入工作の類であり、それは十二分に名を得てからも変わっていない。
複数技を並行して上げているため、冒険者レベル以上にその実と柔軟性は高い。
を行った相手は決して許さないが、たとえ蛮族でも話の通じる相手とは停戦や共闘も辞さないという二面性を持っている。

ネーミングの由来は以下の通り。

『釘』は、セッション6-2exit_nicovideoにおいて釘が活用されたことから。
詳細の言及は避けるが、男性視聴者諸氏にはたまひゅんものの展開であった。

サンライズ』は、視聴者コメントによるもの。
シリーズに「朝まで起きてたのに・・・キャラクターが登場することと、伊織デコから。

随所でサンライズ作品ネタガンダムシリーズボトムズなど)が使われることもあって、シリーズの内容に沿ったネーミングである。

特徴

卓の一番の特徴と言えるのが、知略とゲリラ戦術である。
アイドルらしからぬ拷問を駆使し営の際にはスパイク付きの落とし穴や鳴子を設置するなど序の口で、釘を使ったの尋問などゲリラ部隊じみた戦術を行い成果を上げている。
また、作品内外でその名をかせている「釘バット」は、まさに一罰を体言することとなった。
新しいセッションが始まる度に、釘の本数を確認して安堵する視聴者が後を絶たない。
とはいえ、余りにも非な相手に対してのみ用いられており、37セッションまで進んだ現在でも使用回数は4度ほど。
にも関わらずパーティー名になってしまう辺りインパクトの強さが伺える。 

近頃ではお使いののりで、敵対勢要人物の首を狩ってまわる有様であり、暗殺部隊としてのは敵味方問わず恐れられている。 近頃では拡大メテオ3000人の蛮族を消し飛ばしたり、リーゼン地方平和はサンライズ隊によって支えられていると言っても過言ではない。

プレイヤーとしては、有利不利やネタのみを追求せず、ガチとフレーバーを程よく併せ持ったスタイルである。
前のめりプレイングがされがちな卓M@Sではしく、“メンバー全員”が堅実かつ冷静な判断を行っている。
野生のSNE」と賞賛されるGMの設置したハードシナリオを知略と作戦していく様はまさにTRPGかくあるべしと評価も高い。

頻繁に往年の作品ネタを使うことから、よく参加アイドル達の年齢が疑われている。
ロールプレイにおいても基本的にはネタ発言が多いが、冷静さと堅実さも際立っている。
とはいえ決して感情的にならない訳ではなく、非な敵との戦いではその感情を爆発させ、ダイスがそれに呼応することも稀によくある

また野生のSNEと賞賛されるツナ缶PによるGMの手腕も本卓の特徴である。
具体的には、多構造的分岐を備えていたり、時間経過やダイスによって状況が変わるシナリオシステム2000経験点ごとの値の成長、英雄Pや特殊ノーブル技などのオリジナルシステム。などは他の卓に少なからぬ影を与えている。
さらにプレイヤーの要望を時にさばくマスリング大なオリジナルデーターを作成するも多くの人々に驚きを与えている。

また、パーティメンバーの中に使いがいないのも特徴的である。
特にイオミューラの二人はメイス使いであったため、旧版のいわゆるメイスワールドを彷彿とさせる。
近頃では、パーティメンバーが人族の限界である15レベルを突破し始め。当初は謀としか思えなかった野望(格化や人族蛮族共存)などに手がかかりつつある。

メンバー

イオ・リィン・ラビ

PLは水瀬伊織。 メインスカウト、コンジャラー
レガリアの軍閥貴族ラビ出身の戦士で、パーティリーダー格。優秀なスカウトでもある。
途中からコンジャラーを伸ばし、魔法戦士へと転向した。
突き抜けた突破にこそ欠けるものの、戦況に応じて近接戦闘支援・回復をこなせる万選手。
政略結婚を嫌いラビを飛び出してきたため、「デュオ・マクスウェル」の偽名を使っている。
余談だが、ラビの当コックは皆戦闘の高い化物いである。

冒険の中で、事実上第二世代の魔剣である調和のとなり、へのを踏み出した。

ミューラ・ズサ

PLは三浦あずさ。 メインライダーファイター
騎士を夢見て修行している女戦士
ライダーギルドに所属しており、騎使いとしても優秀。
自己流の騎士大原則を持ち出して暴走することもあるが、頼れるPTの役である。
その防御点の高さから、【鉄壁】ミューラexit_nicovideoというタグが付けられることも。
PLに引きずられてか、時折ラクシア以外へとジャンプすることがある。
本人はの王オーファン出身でありロードスというにも行ったことがあると述べているが、ラクシアにはそのような地名は存在しない。

 

マーチ・タスティ

PLは高槻やよいメイングラップラープリースト、エンハンサ
ミラボアグレンダール グレンダール殿に所属するドワーフの拳闘士。
パーティの特攻隊長的な役割で、立ちふさがる相手を三連魔撃でことごとく粉砕する。
蛮族との戦争家族を全て失っており、蛮族への復讐心が強かった。
蛮族の襲撃後にラビに拾われており、その縁でイオとは幼馴染である。
守銭奴 銭感覚には厳しいが、シーン殿の孤児院とグレンダール殿に寄付をしている。
戦闘時にはバーサークしたり、ドモン化したりとなかなかに過

 

ティファ・MSM10号

PLは如月千早メインシューターマギテック、(+レンジャー)
バルナッド出身のルーンフォークマギシューター
蛮族を殲滅するために製作されたティファシリーズの一体。
戦闘においては、開幕の範囲攻撃で敵集団を削る役割が立つ。
レンジャー技も高く、ハッパ 魔香でPTを支える役割を果たしている。
また、どこで仕込まれたのか、やご・・・尋問に関する造詣も深い。
マーチが絡むと痴早化・ミンゴス化する傾向がある。
セッションが進むにつれてその傾向はますます悪化しており、多数の館で出入り禁止となっている。
ちなみに、シリアルナンバーのMSM-10検索すると……。
誰だ表も裏もいって言ったは!

 

フォシル・ミキティー

PLは星井美希メイン:ソーサラー、フェアリーテイマー、セージ、(+ノーブル)
エルフ妖精魔法使い。高レベルセージで、魔法にも通じている。
基本的には気だが、決めるところでは決めるタイプである。
ティファと共に範囲攻撃で、先制を取った敵集団を一掃する役が多い。
強敵との戦いでは、プリーストマーチが前線に立つため、回復に専念したりもする。
チャボさんなる人物との親交が深く、よくわからないことを吹き込まれている。
人間蛮族の争いを終わらせる」という壮大な標を掲げている。

 

舞台とNPC(敵味方)

釘のサンライズ隊はリーゼン地方(卓m@s)に活動する冒険者達であり、リーゼン地方の代表であるミラボアアルフォート、デュボールレガリアにはそれぞれ活動の拠点となる冒険者の店を持ち、国家部とも浅からぬ付き合いをしている。またそれぞれの舞台には黒幕といえるようなボスが存在しており、4つの国家舞台としながら各黒幕の思惑や伏線が交錯しているのも特徴である。

また店店員などのモデルには、までスレキャラクターが用いられている。
公式NPC公式NPCと記載しているが、卓独自の設定が加わっているため公式とは変わっている所も多い。


サンライズ隊が活躍するリーゼン地方地図

おかげさまで地図は改善しました。感謝です。

ミラボア 魔神王封印地点
レガリア イオの故郷
③デュボール 竜騎士
アルフォート 女王
⑤ルデア山脈 ドラゴンが住み着いてる山脈
アルミラルダの本拠地
世界樹ダンディへの通じるがある

 

 

 

 

 

ミラボア

ミラボア王国ラクシアテラスティア大陸北部の内陸方面に該当するリーゼン地方北東に位置する国家リーゼン地方の4王の中で最も小さく人口は2万人程度。

このは大破局で生まれた巨大な地割れ「知識の井戸を中心に作られている。
その地割れから古代魔法文明時代の遺跡が現われ、その発掘と研究に人が集まり、やがて国家を形成するようになった。
本編では知識の井戸の遺跡の中から発見された魔神関係の遺跡が問題の中心となる。

白茄子亭

ミラボアにある冒険者の店であり、サンライズ隊の本拠地にあたる。
セッション1-1exit_nicovideoから登場。サンライズ隊結成の地でもある。
ギリワンことマツナガ。従業員として、コンビーフタラバが働いている。

ミラボアのNPC(人族サイド)

マツナガ
サンライズ隊が初めに世話になった冒険者の店であり、本拠地でもある茄子亭の店イオドズルとは冒険者時代の古い友人である。殺と爆殺には一言を持つ強面ではあるが、意外に面倒見はいい。

・イクセル公式NPC
ミラボア国王魔法文明時代の魔法王と協できるほど卓越した魔法の知識を持つ紳士

魔法ワーグナー
魔法文明時代知識の井戸のあった付近のの王。魔神の知識に造詣が深い。

フォー
アルフォートでラボを営むマギックの技師。
いつも使えるかどうかわからない様々な新製品や武器改造提供するツナ缶Pデーターのはけ口サンライズ隊のお抱えの開発研究所である。

・チャボ
多きマギテックの研究者卓越した知識をエミリオにをつけられ拘束されていた。現在フォールのラボに居候している。どこかの自由魔神に似ているという噂もあるがきっと気のせいである。

ミラボアのNPC(蛮族サイド)

魔神
魔法文明時代に知識の井戸の底に封印された魔神王。

・ネビュローザ
蛮族都市バルジドの有者であり、ブラグザバスを強に崇拝するバジリスク魔神使い。

ファルメル
ネビュローザの部下のボガードの特異体。当初はただのボガードのはずであったがサンライズ隊としのぎを削るうちに英雄レベルの密偵へと進化した。斥としての英雄であるイオとほぼ互であり、イオとの斥対決においては一重ではあるが、イオ勝利したこともある。エイギア広しといえども隠密工作の面でサンライズ隊の上をいくボガードはこいつだけであろう。

アルフォート 

リーゼン地方北部に位置する女王が治める国家。通称『妖精』。首都のドメニの人口は約5万人。
その通称にあるように、この妖精魔法の研究にを注いでいる。

縦長トマト亭

アルフォートにある冒険者の店であり、サンライズ隊の拠点。
セッション13-1exit_nicovideoから登場。
はトメート。 

アルフォートのNPC(人族サイド)

・ベランジェール女王公式NPC
厳しく冷アルフォート国王

キャビア王女
ベランジェールのアルフォート王女ガチレズ 

アルフォートのNPC(蛮族サイド)

・ハーマイン
メティシエ官。外法の実験の結果既に種族はアンデットと化している。

ベンソン
シャムロック氏族のノスフェラトゥ。ロシェ村近くの古で非実験を行なっていた。

・カナリ
シャムロック氏族のノスフェラトゥの長。 の割に小物

デュボール

南西に位置する王で、ルデア山脈のふもとに作られたこの地方では最大の国家首都デュボールの人口は約7万人。
このは複数の都市を配下に従え、大陸最強となで噂される精鋭『飛竜騎士団』を始めとして精強な軍隊を持つ事でも知られている。
本編ではアルミラルダ率いる蛮族と熾な争いを繰り広げる。

雷の鬼ババア亭

デュボールにある冒険者の店であり、サンライズ隊の拠点。
セッション14-1exit_nicovideoから登場。
ニューコンビーフ
店名はGMであるチキの個人的な意趣返しだが、本人にバレたら大変なことになると思われる。

デュボールのNPC(人族サイド)

・ベルナール公式NPC
デュボールを治める武王。蛮族との戦いにおいては未だ先を切って戦うデュボール最強竜騎士

バスティアン・ベアール侯爵公式NPC
次期国王と噂されるデュボールの有貴族、デュボールに5人しかいない竜騎士の一人。

ジャンジャックベアール公式NPC
バスティア侯爵。デュボールの若き騎士ミューラと同構成のファイターライダーで、登場時から良いライバル関係となる。

 ルデア山脈のドラゴン

デュボールの南に位置するルデア山脈にすむドラゴンたち。元々中立の立場であったが、蛮族の襲撃とマーチの可サンライズ隊の功績により、友好的関係を結ぶようになった。

・アーデルタイド公式NPC
ルデア山脈のドラゴンたちの長である古。デュボールの王と盟約を結んだ。人族に好意的なナギと人族も蛮族も毛嫌いしていたメディウスの間で調整に難儀していたが、現在はツンジジを温かいで見守る立場に落ち着いている。

メディウス
ルデア山脈のドラゴンたちの導的立場であるドラゴン。元々は人族も蛮族も毛嫌いしており不干将していたが、蛮族の非マーチの純心により、すっかり孫を見守るツンジジとして化しており、戦争においては人族に加勢するまでの孫バカと化している。

ナギ
ルデア山脈のドラゴンたちの導的立場であるドラゴン。元々人族に好意的な立場であり、人族との関係のあり方においてメディウスと対立していたが、現在は孫バカおじいちゃんを温かいで見守っている。

・チェイニー
ルデア山脈に住むレッサードラゴン。登場時は人族への敵対意識からチンピラのようなキャラであったが、色々あってミューラの乗騎となり、だんだん人族に染みつつある。

ショーゼン
ルデア山脈に住むレッサードラゴンジャンの乗騎となる予定だったが、蛮族の襲撃を受けて重傷を受ける。後に治療され、晴れジャンの乗騎となる。

ファアリエル公式NPC
ルデア山脈に住むレッサードラゴンナギと親交が深い。 

デュボールのNPC(蛮族サイド)

アルミラルダ公式NPC

ルデア山脈の南に本拠地を構える蛮族たちの長であるドレイクカウント。元々は人族との和を模索していたと言われるが、自らの夫がデュボールとの和交渉中に討たれて以来人族に対して異常な敵意を向けている。

・ミシェイル
アルミラルダの配下のドレイクバロン蛮族にしてはしく柔軟な考えを持ち、人族の強みを蛮族に取り入れようと考えるようになる。 

レガリア 

リーゼン地方南東に位置する渓谷に作られた国家。通称『鉄壁の要塞』。首都マントワーズの人口は約4万人。
5つの強固な要塞を保有する要塞国家であり、南部からの蛮族の侵攻に対する役の

松林檎亭

レガリアにある冒険者の店であり、サンライズ隊の拠点。
セッション25-1exit_nicovideoから登場。
パイン

レガリアのNPC(人族サイド)

・ドズル
レガリアの有貴族でありイオマツナガとはかつての冒険者仲間。立場上イオに厳しく当たることもあるが実は割と親バカ

ギレン
イオ伯父であり、レガリア事実上の政務を取り仕切る有貴族。冷政治家であり、縁あってフォシルの政治学の師となりフォシルの異政政存体としての覚醒に一役買う。

・ザヴィーエ公式NPC
レガリアの若き国王ギレンとは微妙バランスの中で今のところは微妙な協関係を築けている。

レガリアのNPC(蛮族サイド)

・ベリア
バルジドのドレイクトップドレイクハイカウント、バイカウントではない。
トロールガーディアンリルムと共にサンライズ隊を追い詰める。 

 ・モーロック
バルジドのトロールトップ。ブルデ砦撤退戦でドズルを追い詰める。

バルナッド共和国

ダグニア地方中央に位置する国家。名前のとおり共和制で、議会を大商人や成り上がりの冒険者が占めているため如何にを稼ぐかが行動原理となっている。技術が高く、武器の取引先としてデュボールレガリアなどと関係が深いが、ルーンフォークの酷使や、裏での蛮族への武器輸出など問題も多い。 

バルナッドのNPC(人族サイド)

ミリオ:公式NPC
リーゼン地方より東のダグニア地方バルナッド共和の死の商人。ティファの元のでありティファと同系統のルーンフォークの部隊を各地で暗躍させている。またティファの内に秘めるバイオレットについて承知している節がある。

・ミート
ティファと同系統のルーンフォーク驚きの白さ。 

バラザール
バルナッドの議員。バルナッドの議員としては較的良識

・カルーゲン
バルナッドの議員。蛮族との取引や、魔神の使役、残虐なコロシアムの経営など悪逆の限りを尽くしている。

バルナッドのNPC(蛮族サイド)

 ・ヴァイ
バルナッド共和の議員であるノスフェラトゥダンティと因縁がある。

その他の地方のNPC

ダンテ
世界樹の麓に隠れ住むティダンノスフェラトゥの始祖。

バイオレット
ティファの内に秘められた存在。
その正体は大破局時代に作られた大神級のを持つルーンフォーク、人造のである。ティファ底に潜みことあるごとにティファの誘惑を行う。

765プロ(PL達)について

本PTのアイドル達については、以下の設定が明らかになっている。

関連動画

パーティ名初出(2:00辺り)

本編マイリスト(左:シリーズ前半、右、シリーズ後半)

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/22(木) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/22(木) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP