鈴木大介 単語

195件

スズキダイスケ

1.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

鈴木大介(すずき だいすけ)とは、将棋棋士プロ雀士である。1974年7月11日生まれ。東京都町田市出身。大内延介九段門下。棋士番号219士としては日本プロ麻雀連盟所属。

概要

1986年奨励会入会
1992年に三段リーグに参加となり、4期となる1994年前期に14勝4敗でプロ入りとなった。
三段リーグ時代は結構遊んでいたようだが、4期で昇段できているあたり、才の塊と言えよう。

1999年には竜王戦藤井猛竜王への挑戦権獲得(1-4で敗退)とNHK杯優勝を達成。
2002年度のB級1組順位戦2位となり、A級順位戦に昇級して3期在籍。
2008年度にA級に復帰するも今度は1期で陥落となった。

将棋漫画ハチワンダイバー」の将棋監修を務め、ストーリーに合った実戦の棋譜を選び出したり、自身でオリジナルの棋譜の制作もしている(参考exit)。また、上記の石田流の新定跡漫画内で登場している。さらに作中の主人公師匠鈴木八段」のモデルとしても登場している。

2017年5月29日から日本将棋連盟の常務理事を務めている。
人柄とトークの旨さからか、数々のイベントで前面に出ることが多い。
2023年6月に退任予定。

2023年5月11日5月5日付での日本プロ麻雀連盟への入会が発表された。史上初のプロ棋士プロ雀士二刀流に挑戦する。将棋でも順位戦B級2組、竜王戦2組で奮闘しているさなか、これらと並行してプロリーグ鳳凰戦などもこなす模様。
さらにはMリーグ参戦にも意欲を示しており、「Mリーガー鈴木大介九段」爆誕の可性も生まれた。

2023年Mリーグドラフト会議では新規チームBEAST Japanextから名を受け、「Mリーガー鈴木大介九段」が誕生した。もちろん九段は棋士としての段位である。

人物

木村一基近藤正和とともに「将棋界のおしゃべり三羽」と呼ばれていた時代もあり、非常によく喋ることで有名。

尊敬している棋士先崎学九段を上げており、先崎九段が羽生世代に負けると悲しいと上げていた。
先崎九段がうつ病の闘病時を支えた一人でもある。

子に梶孝がおり、「カジー」と呼んでしく付き合っている。
また、永瀬拓矢ともまるで師のような関係を築いており、後輩の面倒見が良いようだ。

趣味のひとつに麻雀があり、一時雀鬼会に所属していたことがある。度々テレビ麻雀番組などでプロ雀士との対局をみせていたが、「麻雀最強2019」では遂に優勝最強位の座にいた。将棋を差し置いて本人初の大タイトル獲得である。
その後は著名人卓ではなく普通プロ雀士卓について最強戦を戦っており、2022年度は最強位決勝卓準優勝と惜しいところまで来ていたところ、将棋連盟理事退任を機に本当にプロ雀士へのを歩み始めた。

棋風

振り飛車党で、三間飛・四間飛・中飛いずれもす。相振り飛車も得意としている。
三間飛では石田流急戦の新定跡を編み出したり、中飛ではゴキゲン中飛の戦い方を発展させた一人として知られる。

タイトル・棋戦優勝歴

1996年 第15回し新鋭戦 優勝
1999年 第49回NHK杯 優勝
2019年 麻雀最強2019 優勝最強位1期

関連動画

 

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
ゴMNT[単語]

提供: ゴミニート

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/18(土) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/18(土) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP