鈴鹿御前単語

スズカゴゼン

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

鈴鹿御前(すずかごぜん)とは、三重県鈴鹿山脈に住むとされる伝説の存在である。鈴鹿権現、鈴鹿とも。

概要

鈴鹿山脈とは、三重県北部から滋賀県南東にまたがる一連の山々の事をす。古来よりこの一帯は山賊による略奪が横行しており、その被害の大きさから「が棲んでいる」として様々な説話が誕生する土台となった。これらの説話から鈴鹿御前が生み出されたと言われている。

鈴鹿御前の正体は説話によって異なり、女、女盗賊など設定が定まっていない。しかしいずれも美女という共通点を持つ。有名な物語の中に、坂上田村麻呂とのラブロマンスがある(田村将軍英雄譚)。朝廷より、鈴鹿山脈で暴れる悪「大嶽丸」の討伐を命じられた田村麻呂は現地に赴くが、大嶽丸の強さにが立たない。そこへ鈴鹿御前が現れ、三振りの宝を授けて助。このため事討伐成功、その後はめでたく結ばれた……というもの。室町時代以降の伝承は田村将軍英雄譚を基にしている事が多い。江戸時代に入るとこの物語の続きが作られた。夫婦まじく過ごし、一人を授かった田村将軍と鈴鹿御前であったが、鈴鹿御前が折。今際、夫とに三明のを託した。死別を受け入れられない田村将軍閻魔大王に直談判し、鈴鹿御前を生き返らせた。そして103歳まで生きた後は、鈴鹿山にて清権現になったという。

三重県亀山にある片山神社では信仰の対になっており、鈴鹿権現、鈴鹿明神鈴鹿女と呼称されている。東海道の守護で、往来する旅人の安全を守り、災厄を肩代わりする御利益があるとされている。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/28(火) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/28(火) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP