鉄道唱歌単語

テツドウショウカ

1.1千文字の記事
掲示板をみる(36)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

鉄道唱歌(鐡唱歌)とは、明治時代に作詞された鉄道に関する唱歌である。全6集374番から成る。

概要

明治時代の流行曲。1900年5月10日の第1集東海道篇を始め全5集が発表され、6年後に第6集に当たる北海道篇40曲が発表された。
第1集東海道篇第1番の出だし、「汽を、はや汽車は離れたり」は有名。

作詞大和田作曲は数編に分けて多稚(おおのうめわか)・上行・田村虎蔵・納所次郎・吉田新太が担当している。一人の作詞者に対し沢山の作曲者がいる原因は『読者に好きな方を選んで歌ってもらおう』という大和田の意図であったが、結局これらが作曲で選ばれることはなく、もっぱら第5集の多作曲のものが歌集などに広く掲載され、歌われている。
ネタ的に書くならば、作曲者を1人に統一しなかった作詞者の自爆である。 

鉄道唱歌は当初「地理教育唱歌」と銘打たれており、歌自体も教育の役に立つよう路線を通じて各地の名所を巡る紀行文の形式をとっている。そのため、北は小樽から南は熊本まで、ふんだんに名にまつわる全々の名産品や名勝地が歌詞に織り込まれている。
有り体に例えるならば、「桃太郎電鉄を通じて各地の名所や名物を学ぶ」という役割を、この歌が果たしていたといえよう。
また名所・名物の選定はある程度作詞者の意向が込められており、例えば東京の新大森間で4番分を、福岡太宰府天満宮に至っては大和田自ら「管公」という曲を発表したためかこれ単独で8番分を割り当てている。

また、1900年といえば明治時代。いわゆる倒幕と明治維新により急速に近代化を果たし、それまで人力くらいしかなかった明治日本に大容量の都市交通手段である蒸気機関車がもたらされ、また鉄道を含めた舶来の技術に「富強兵」への希望を託していた時代でもある。そのため、歌詞中には鉄道を含めた交通の近代化に関する礼讃が散見される。

なお、1番を歌うのに約30弱かかるため、全374番の歌詞を歌うと1時間10分以上かかる。 

車内放送について

1949年運輸省管轄だった国鉄が「日本国有鉄道」として発足すると、車内チャイムとしてこの鉄道唱歌を利用した。現在でもJRの一部(古い)優等列車オルゴール調の鉄道唱歌が使われることもあるが、車両換装の際に別のチャイムに差し替えられることもある。

関連動画

ピコカキコ

466
発車メロディについて語るスレ>>10
4407
鉄道唱歌について語るスレ>>1

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 34ななしのよっしん

    2020/08/28(金) 19:52:45 ID: NHF9KHzQvq

    高輪ゲートウェイ

  • 35ななしのよっしん

    2020/09/20(日) 00:58:14 ID: E4PasNNo1x

    そろそろ鉄道唱歌の現代版を作ろうという動きがあってもいいのだが...さすがに100年経つと色々変わるでしょ

  • 36ななしのよっしん

    2020/10/17(土) 22:51:32 ID: hbLxPvlZc3

    に始まりに終わるのが美しい
    最後『天気明日も望みあり』を繰り返すとこで泣きそうになる
    日本の鉄道未来、引いては日本国未来への言祝ぎなんだろうな…

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/23(日) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/23(日) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP