今注目のニュース
4割の人が「長時間労働していると思う」 働き方改革スタート3か月、実施後も横バイ
AI音声アシスタントで一番賢いのはどれ?GoogleとSiri、Alexaを比較してみた結果、一番賢いのはダントツで...
銘菓「ニコンようかん」、ネット販売終了 「裏の主力製品がなくなる」と惜しむ声

鉄鼠の檻単語

テツソノオリ

掲示板をみる(30)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

「拙僧が――殺めたのだ」

鉄鼠の檻とは、1996年に出版された京極夏彦小説である。百鬼夜行シリーズの四作にあたる。

あらすじ

 箱根山中にある寺「明寺」では、もともとは人寺の調という名で集まった僧達が、そのまま帰らずに日々の修行を続けていた。科学の観点から伺うという名箱根にやってきた記者の中敦子たちだったが、庭に突然現れた凍結死体をはじめとして、麓にある館も巻き込んでの連続殺人へとハッテンしていく。一方では、の中しい書物を収めた土蔵を当てに箱根を訪れていた。

サイズ

とにかく厚い、びっくりするほど厚い。

普通は1.5~3.0cmぐらいだが、鉄鼠の檻は5.5cm

そのため普通の文庫本用ブックカバーがかけられない。

その厚さ故に普通の本より厚い本が「」と呼ばれたりもしたほど。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 28ななしのよっしん

    2015/05/24(日) 14:13:59 ID: DA62Lw9QOt

    時間はかかったけれど読んで良かったと思えたよ。まさかの知識をつけることになろうとは思ってもいなかったけど。
    百鬼夜行シリーズは動機うんぬんより人の常識とか社会規範のあやうさを見せつけられた作品だな。読み返すたび関口先生にちょっとシンクロしちゃって怖くなる

  • 29ななしのよっしん

    2015/11/28(土) 20:23:34 ID: R+S1tI9A1I

    不立文字が怪しげなものじゃなく、がとても健全なものであることが分かる作品。だからといって、説明はできないけどな!

    >>27
    一緒に屋へ行きましょう。

  • 30ななしのよっしん

    2017/02/20(月) 21:54:06 ID: GrSDwlPe5U

    鉄鼠の檻マガジンエッジ4月から連載開始だゾ

急上昇ワード

最終更新:2019/08/22(木) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/22(木) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP