今注目のニュース
中谷美紀、東欧男性に全裸で囲まれてピンチ 「いろいろ見えちゃう」
武蔵小杉が騒然、タワマンで下水道がパンク……台風19号で露呈した「デベロッパーの“売り逃げ”商法」
店内で怒鳴るクレーマー男性 対応した上司の行動に、シビれる

銀河烈風バクシンガー単語

ギンガレップウバクシンガー

  • 3
  • 0
掲示板をみる(80)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

銀河烈風バクシンガーとは、1982年7月6日1983年3月29日までテレビ東京系放送された国際映画社制作アニメであり、『J9シリーズ』と呼ばれるスーパーロボットアニメの第2作である。全39話。
ちなみに第1作は『銀河旋風ブライガー』、第3作は『銀河疾風サスライガー』である。

概要

J9って知ってるかい?昔、太陽系に暴れまわったっていうぜ。
今も世の中荒れ放題、ボヤボヤしてると後ろからバッサリだ。
どっちもどっちも、どっちもどっちも!

1作ブライガーから600年、人類はカーメンカーメンの大アトゥーム計画により誕生した数多くの惑星に移住し、それらの太陽系管理機構「ドメスチック・バクーフ」によって統治されていた。しかし28世紀、外宇宙の異人との接触をきっかけにバクーフの統治体制はほころびを見せ始め、やがて内乱へと発展していった。
そんなある日、伝説J9に憧れるドン・コンドール仲間たちと共にバクーフを支持する組織「銀河烈風隊」を組織、反バクーフ勢との戦いを始めるのであった。

前作のモチーフが『必殺仕事人』、次作のモチーフが『80日間世界一周』で、それぞれの作は割と明るい方だったが、本作のモチーフは「新撰組」で、作も最初こそ明るかったが徐々に暗い方へと変わっていく。

登場人物

ロボット

主題歌

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/18(金) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/18(金) 05:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP