銀河系単語

ギンガケイ

  • 8
  • 0
掲示板をみる(18)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(8)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

銀河系想像図

銀河系とは、太陽系を含む銀河である。またの名を天の川銀河。当然ながらわれわれ人類は銀河系の中にいることになる。

概要

2000億個の恒星を含む。質量は6000億~3兆太陽質量だと推測される。数値にばらつきがあるのは質量という物理量が直接観測ではめられない数値のため科学者が適当「まあ、こんなもんだろ」となんとなく決めたからである。

ちなみに中心部分には200万太陽質量もある巨大ブラックホールがあると専らの噂だが、恒星2000億個あって銀河系の質量が太陽6000億~3兆倍なのにそのブラックホールだけで200万も使って大丈夫なの!?と言いたくなる。その辺はほとんどの恒星太陽より質量が小さいということで解決できるのでご安心ください。というか銀河系の恒星部分の質量は全体の10分の1程度しかないらすぃ

銀河系の形

直径10万光年、厚さが中心部で1万光年円盤状である。中心部以外のディスク部分は1000光年くらいの厚さしかないので円盤というよりは甘食を上下に並べた感じじゃないかと思う。

天の川

地球からは銀河系は天の川として観測できる。英語では「Milky way」という名前である。この名前の由来は女神ヘラが流れ出たという微グロな設定からきている。てかどんだけの量が多いんだよと。

天の川を見ていると明るいところに対して暗い部分があるが、そこはがないのではなく間物質がを遮っているからである。高精度画像で天の川を見ると、天の川が包まれている感じがよくわかる。

天の川といえばだが、でも天の川は観測できる。ただし、見えるのが恒星の密度が濃くて明るい中心部分なのに対し、天の川は外側なので恒星の数が少なく暗い。また、にも天の川を観測できるのが、太陽系が銀河系の外ではなくあくまで中にあるというよい拠である。

天の川を観測したい人へ

現在日本では光害のせいで天の川を観測できる場所はかなり少なくなってしまった。そもそも天の川が暗いためである。少なくとも4等が見えるところに行かなければ見ることはできないと思っていいだろう。

観測にうってつけの場所としては都会から離れた地、山の高いところ、半島の先のほうなどがオススメとのこと(人から聞いた話)。結構遠くの町のでもが大なので注意。また、以上の条件を満たす場所でも近くに民家自販機などの明かりがあると見えにくくなるのでこれもまた注意。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 16ななしのよっしん

    2020/05/08(金) 19:25:55 ID: zO/SSFo/L7

    >>14
    宇宙人が来ない理由で、最初に考えられることは、
    星間飛行する手段がないことだと思います。

  • 17ななしのよっしん

    2020/05/08(金) 19:55:56 ID: zO/SSFo/L7

    ちなみに、天の川銀河の「質量という物理量が直接観測ではめられない数値」とあるのは、ガスダストで見れないことや、銀河が明るすぎるなどが考えられると思います。赤外線観測衛星なら、けっこう観測できたりするのかな。例として、あかり(衛星)とかなのかな・・・。

  • 18ななしのよっしん

    2020/05/08(金) 20:16:32 ID: zO/SSFo/L7

    「まぁ、こんなもんだろ」と赤字で書かれているのは、ただの文章強調のためなのか、赤外線なら、そこそこ観測できるよという作者メッセージなのか、ただの気まぐれか、何か意味があるのだろうか・・・。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/01(日) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/01(日) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP