今注目のニュース
小島瑠璃子「とんでもない」“サラッサラ”ヘアに大絶賛
LINE「OpenChat」の検索機能が段階的に復活 18歳以上のユーザーからランダムに 
中谷美紀、東欧男性に全裸で囲まれてピンチ 「いろいろ見えちゃう」

単語

ヨロイ

  • 13
  • 0
掲示板をみる(25)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(13)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

(よろい)とは、敵の攻撃から身を守るために着る防具である。
ホラー漫画などでは、古びた洋館で中に動いたりする。

西洋の鎧

古代ギリシア時代の初期、ギリシア兵士10円玉素材でおなじみでできた鎧を着ていた。頭のてっぺんからつま先まで全身でかためていたのである。
しかし歩兵の彼らにとってその重すぎる鎧は不便なものであった。そこで、革やリネン(麻)でできた鎧が発明されていった。

古代ギリシアにおいて防具は全部実費でえるものだったため、最初は防具なんて高価なものを使う兵士と言ったら貴族職業だった。しかし防具がだんだん安価になっていったため民出身兵士がぞくぞくと活躍し、戦闘で活躍した民が貴族政治面での対等な発言権をめたために古代ギリシア貴族政治ら民義になっていった…というのはまた別の話。

時代は流れて中世ヨーロッパ中世初期の鎧は動物の革に製の輪っかを縫い込んだ重量15~20kgの「チェイン・アーマー」が流だった。その後鎧の軽量化大作戦が始まり、その中で14世紀あたりに全身を覆い隠す甲冑が使われ始めた。の洋館で突然動きだすアレである。甲冑は時代を追うとだんだん「身分明」みたいな形式的なものになり、第一線で活躍する兵士よりは指揮官貴族に着られるようになっていく。

しかしの登場により甲冑の立場は一変。どう足掻いても重い・(装甲が)薄い・動きにくいの三拍子の一つが必ずくっ付いてくる甲冑は機敏さを要される戦場からの撤退を余儀なくされる。
かつて武勇をふるったオスマントルコも甲冑とは行かずとも同じようなつくりの鎧を着ていたため、が登場するまでは強かった。

だって撃に耐えられるくらい装甲を厚くすれば重すぎてその場から動く事が出来なくなるし、動きやすく軽いものにすれば装甲が薄くなって一発弾が貫通するんだから仕方ないね

そんなわけで16世紀あたりで全身を包む甲冑とそのユーザーである騎士セットで衰退していった。それに代わるようにや火器で戦う歩兵の時代が訪れ、その後17世紀中盤には兜に胸あてのみの兵士が火器を持って戦場を駆け回る事になる。

中国の鎧

中国では代から防具開発を行っており、多くの民族を取り込んで来たという歴史的な理由からバリエーションに富む。
昔から戦争平和が短いサイクルで回っていた中国では、戦のたびにより強い鎧が考案されていった。

初期の鎧は皮が流で、高級品としてサイの革も使われていた。
その後戦国時代にはでできた鎧が開発されているが、やはり革の鎧は根強い人気を誇っていた。ちなみに西方ではラクダの革、付近ではサメの革、南方ではゾウの革など地域の特色が出ているものもある。

中国の鎧は西洋のように「鋳造で1枚の鉄板から作る式」ではなく「カードの様な形に切った革や鉄板を貼り合わせる式」をとっていた。その接合にはに革ひもを使用するが、それだと戦闘中に切られてしまうので、その後柔軟性が不要な部分についてはのくぎでの接合がされるようになった。

金属製の鎧については最初こそオンリーで作られていたが、紀元前5世紀あたりには全て製へ移行された。導者等の権者については権誇示の為にの鎧を着ていた。

10世紀、の時代になると中国版甲冑の様な全身鎧「歩人甲」(ほじんこう)の重装歩兵に鎧を着せた重装騎兵がぶつかりあうようになった。

が、16世紀末、明末期から清初期になると火器が登場。上の西洋の項にあるような理由で重装は衰退、軽装での銃火器合戦が流になった。

中国ではかなりくから鎧に漆を塗る事が行われていた。漆を塗るとなどにさらされても防作用で腐食しにくくなり、強度も増すことを中国人くから知っていたようだ。

日本の鎧

極東のは、鎧においても独自の進化を遂げていった。
日本で一番古い鎧とされるのは弥生時代の遺跡から発掘された「短甲」(たんこう)。革や木製である。このころの攻撃は革や木で対応できる程度の衝撃であったという。

4世紀になると大陸との交流が活発になり鎧も進化を遂げる。朝鮮半島経由で伝わった騎兵用鎧「挂甲」(けいこう)などがそれである。挂甲はカード状の素材つなぎ合わせたチャイニーズスタイルアーマーである。日本人は短甲からそれらに替えしたわけだが、しかしそれらはまだ大陸からの直輸入品に過ぎなかった。

時代が流れ「政治」の時代になると、鎧など武具は正倉院で厳重管理されることになった。正倉院には本格的軍事用として短甲が収められている。ここでも挂甲は宮廷警備員などに使われている。
「続日本書紀」によると、このあたりで材料が不足したため綿甲冑という綿製の甲冑が生まれている。そんな理由があったりしたので780年にはお上から「鎧はみんな革製にしなさい!」との命が下る。

安・鎌倉時代になると台頭してきた武士たちが使ったのが古き良き短甲・挂甲…
じゃなくて「そんな古臭いの使えねえよ」と自分たちで新しい鎧を創作した。それが「胴丸」(どうまる)と「大鎧」(おおよろい)である。もっぱら革製であったが(胴体及び左半身や頭部は鋼片で補強してある)薙刀論のこと、特に
時代劇とは違い矢に強くよほどの強を除けば十分な防御性があった。また源氏平氏をはじめとする有力武士たちが貴族文化をまねて大鎧に装飾を行ったという。
ちなみに胴丸はかつて「巻」(はらまき)と呼ばれていたが、今では右引き合わせ方式のものを胴丸、背面引き合わせ方式のものを巻というように区別がなされている。
その後大鎧と胴丸のハーフ、胴丸鎧が発明されたがこれについては絵巻物にちょろっと描かれている程度で特に記録がない。

鎌倉時代末期には小学校歴史の教科書でもおなじみの元があった。そしてそれに続くように起きた南北朝の乱。これらが鎧に大きな変化を与えたといわれているが定かではない。まあこの頃から鎧が変化し始めたのは確かである。
この頃からの熾なる攻防や戦闘の大規模化の関係で身分の高い者もより徒歩にならざるを得なくなり、戦法も訓練に時間がかかる矢より薙刀大太刀棒などを使いで押す戦法が採られるようになってきた。
つまり、鎧は一層の防御を必要としていた。対箭用、騎乗用の大鎧はれ始め、代わりに徒歩戦に向いた下級武士の鎧、胴丸が脚を浴びてきた。矢では大鎧の隙間は気にならなかったもののこの時代になると兵戦の率が増えそれらの隙間を狙われることが多くなり隙間を埋める防具(小具足)が充実していく。
室町時代になると胴丸や巻の需要がさらに増え、それらの職人の地位は向上。鍛冶師自身の名前を鎧に刻み広く流通させるなんて事があった。

16世紀半ば、南蛮からが伝わったりあの有名な3人の武将が活躍し始めると、胴丸の様式を用いてさらに防御を高めた「当世具足」(とうせいぐそく)という甲冑史上最高という鎧が生まれた。これはとにかくパーツが多かったり地域によってデザインが違ったりするのが特徴。
これに少し遅れて、西洋から「南蛮胴」(なんばんどう)なるものが輸入されてきた…が、西洋人向け商品の直輸入物だったため日本人の体形には合っていなかった。しばらくするとメイドインジャパン南蛮胴、「和製南蛮胴」が開発された。胸がラマラス盛り上がったつくりの為「鳩胸胴」(はとむねどう)とも。

江戸時代中期にもなると、同時代で世界トップレベル平和を誇る都市だけあって鎧の出番は非常に少なくなっていった。そしてそのまま幕末まで行くと、もう防具は全西洋仕様になっていた。つまり甲冑はもう用済みになったわけである。この頃から甲冑は美術・観賞用になった。

近代・現代の鎧

上述の通り、銃器の台頭と機動戦の発達により、鉄板等で身体を多い尽くす鎧は衰退し、繊維を高い密度で織り込む事で弾丸を絡げ取めるような構造とし、形は胴部を集中して防護するチョッキ状にした、いわゆる「ボディーアーマー」タイプの物に帽がスタンダードとなっていった。
これらは高性の物でも、有効射程距離からの9mmパラベラム弾や.45ACP弾等の強装拳銃弾で貫かれてしまい、小銃弾や至近距離弾の破片等はほぼ考慮していない物だったが、あるかないかでは死傷率にかなりの差があったようである。

そして、1970年代米国化学企業「デュポン社」が高強度のポリマー繊維「ケブラー」(タイヤファイバーアスベストの代用品としても使われている)を開発すると、強装の拳銃弾にも対応が可となり、80年代以降はセラミックやチタンの軽量高性防弾プレートも開発され、高性の物では30口径クラス小銃弾を止める事も可となった。

なお、ここでの「対応」「止める」とはあくまで「人体への弾丸の侵入を防ぎ、各規格の定めるレベルまで衝撃を緩和する」事であり、その威を「効化」する事は(アーマーに対し極めて低威の弾丸や遠距離で威の落ちた弾丸をで受けたような場合以外は)不可能で、着弾の衝撃はアーマーやプレートを貫き、文字通り人体を殴りつける。
この衝撃は内臓破裂や折を引き起こすのに十分なものであり、戦闘力の維持はもちろん、生命の保もされるわけではない。特に創作作品でたまにある、衣服の下に違和感ベストを着込み「カスが効かねぇんだよ(無敵)」と言うような展開はほぼ理である。
また、着弾の際に繊維系のアーマーは解け、プレートは割れてしまい急にその性を落としていく為、多数発の被弾では生存率の向上も期待できなくなってしまう。
そして、機動性確保の都合上、腕や脚を守る事は難しい。腕や脚に臓器はいが、動脈に被弾すれば失血、低血圧で即死する事もありうるし、7.62mmNATO弾クラス弾薬なら人間の手足をもぐ程の威がある。そこまで保護した強固なアーマーもくはないが、当然その分機動性は損なわれるので被弾率は上昇してしまう。

結論として、今も昔も「弾に当たったら(戦として)終わり」ではあるが、生存率の面から見れば格段に向上していると言える。
その他にも治安対策向けの防チョッキ、爆弾テロ等に使用される対爆スーツ剣道具なんかも「敵の攻撃から身を守る」事のできる立な鎧と言える。

近々未来の鎧

鎧というより装備システムだが、自衛隊が研究中の「先進個人装備システム(いわゆる自衛隊ガンダム)」等、アーマーに情報ネットワークを組み込んだ装備システムがかなり実用に近いレベルまで研究されている。

これは前線の各兵士、隊員の情報カメラバイタルセンサーGPS等によって部が管理し、を行い、前線ではその情報ヘルメットマウントされたヘッドマウントディスプレイにより受信するというシステムである。
要はFPSHUD、つまり「敵の装甲車を発見!→マップにその位置を表示→了解!」が現実になると言っても過言ではない。

現在ネックとしてその重量、バッテリーの稼働時間があり、その解決には更なる研究が必要とされている。

未来の鎧

未来光学迷彩が当たり前になる時代が来るかもしれない。
光学迷彩とは物体をで見えないようカモフラージュしたり透明化させる技術。現在マサチューセッツ工科大学東京大学などで研究が進められており、例えばプロジェクターを使って衣類に背後の風景を映し出したりするもの等が研究されている。
また「パワードスーツ」というメトロイドチックなものも開発が進められている。これは名前の通り着ればまるで首を新調した直後のアンパンのように元気(筋)倍になる代物で、米軍には軍用の外格強化パワードスーツが既にあるという。また、 日本茨城にはHAL(Hybrid Assistive Limb)という学校教材に載るほど有名なロボットスーツの量産体制が整っているという。

…前者は鎧の項で紹介するには強度不足な感が否めなくもないが。

架空の鎧

ゲームでは前項で紹介した現実、または近未来に登場するであろう鎧のほかに普通や架素材から成る鎧も鎧の機を果たしている作品が少なくない。ドラゴンクエストの布のなんかがいい例である。そして強度はともかくゾンビに接触した程度の衝撃で壊れる魔界村の鎧も鎧である。

…ここをご覧になっている皆様におきましては絶対に現実世界ビキニアーマーバニーガールコスチューム、ステテコ一丁なんかで敵と戦おうとしないでいただきますよう。

珍しい鎧

藤甲(トンチア)

名前の通り「でできた鎧」。軽いし錆びないし通気性も抜群だが100%植物まれのため当然焼けば燃える。三国志演義にも登場しているが焼かれている。

紙甲(チチア)

と布でできた鎧。17世紀まで中国で使われていた。発明当時は見たの美しさも鎧にめられていたため、金属製よりもそのような要にも応えられる造りであった。

リネン・キュラッサ

古代ギリシアで使われていた鎧。亜麻(革とも言われる)で作られており、つくりはのあたりについたひもを後ろで結び、さらに肩についた帯をわきの前で止める…つまりエプロン

馬鎧(うまよろい)

に着せる鎧。日本には4世紀末から5世紀にかけて乗技術とともに大陸から輸入された。当初は装飾的要素が強かったが、合戦でを使用するようになるとを射殺されたことによる落の危険性を回避するために防具として用いられるようになった。
首・胸・肩・背・・尾をくまなく覆う仕様になっていて、安土桃山時代にはの尾羽やや虎の皮で装飾したバージョンも出ている。
西洋では2世紀ごろにバルティア帝国(現・イラン)から使用が開始された。西洋の場合は上に乗っている騎兵と同じ装備(チェインメイルやスケール・アーマーなど)をにさせていて、ローマの一部ではカタフラクーテス(Cathaphractes ラテン語)と呼ばれていた。それから一旦鎧はローマ帝国とともに滅び、15世紀に騎士たちの上試合での攻撃からを保護するために復活した。

友達にもらって胸に入れたお守り

だいたい布製。手作りなことが多く、ヒロインからもらうことがよくある。二次元でこの鎧を左胸のあたりに仕込むと高確率生存フラグが立つ。

左胸にしまった聖書

アメリカで実際にこれで学生が助かった。その他レパートリーとしては懐中時計なんかがある。

珍しくもない鎧 

  • クロスアーマー
    中世ヨーロッパ地域において鎧の下に着こむ厚手の
  • 鎖帷子
    金属の輪っか同士のみを組み合わせて作った鎧。鎧より安く作れ体になじみやすい。
    弱点として刺突や打撃に弱い。本来は撃に強いが中世ヨーロッパ前半においては、
    粗悪な軟しか作れず、の直撃により切断されることもあった。
    アジア地域においては小札鎧や札鎧が期に発達したためそれらの補助という位置づけである。
  • 小札帷子
    布地の上に小さな金属片を爬虫類の鱗のように鋲止めした鎧。スケイルアーマーの事。
    打撃に弱いが、撃や刺突に関しては鎖帷子よりは強い。
  • ブリガンダイン
    小札帷子が表に金属片を縫い付けてるのに対しこちらは裏地に留めてある。
    これの亜種中央アジア東アジアの寒冷地では小札帷子と並び人気
  • 小札鎧
    長方形の鋼片や革片を紐でり合わせたもの。極東地域ではポピュラーであり日本の大鎧や胴丸はこれの一種。
    防御性は小札帷子よりは堅
  • プレートアーマー
    ホラー映画などのの洋館で動き出すアレの事。基本的に鍛造製である。また、有効射程内(50m以内)であれば弾にはであり、弾を防げるというのも実際は火量を減らした弱装弾で撃ったあるいは
    あとから鍛冶屋が弾に見えるようにましただけというのが相である。
  • プレーメイル
    鎖帷子の上にの防具を取り付けるタイプの鎧。
  • 皮鎧
    製造法によって防御性に開きがある。例えば革をそのまま加工したものは短等のちょっとしたものしか防げない。しかし漆や石灰などを使用し複数枚の皮を突き固めたもの(練革)の場合ならばや矢に対しそれなりの
  • 防御性を発揮することが出来た。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 23ななしのよっしん

    2016/07/29(金) 03:27:38 ID: 5JUPzV5LPS

    そのシナ映画、「飛ぶ十字」とやらでは、
    宦官の人が鎖甲を振り回してありとあらゆるものをぶった切りながら、
    主人公に立ち向かうという燃えるシーンがあるそうだが、詳細は不明

     甲を着た兵士は滅強かったので、それにぶつかった諸葛亮が、その敵兵を底へ誘いこんで上から油かけて、というのらしいが不明。

  • 24ななしのよっしん

    2016/09/18(日) 04:18:47 ID: x6EYiqxGxz

    甲自体脂を染みこませ火で
    硬化しょりをほどこしてる(うろ覚え)

  • 25ななしのよっしん

    2019/05/18(土) 08:31:20 ID: NuQxxkeo0J

    装甲を施す、防御を高める表現として「う(よろう、例文:複合装甲でわれた標)」ってのが好きなんだけどもなかなか見かけない

急上昇ワード

最終更新:2019/10/18(金) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/18(金) 09:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP