鏡音レン単語

カガミネレン

2.7千文字の記事
掲示板をみる(240)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(23)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

概要

おとこのこのおへそ

クリプトン・フューチャー・メディアから発売された音声合成ソフトとそのキャラクター
鏡音リン・レン少年の方。声優下田麻美

ピアプロキャラクターズの一人で、鏡音リンとの同一性を持ちながら対照的な存在。
CGMによるイメージアイテムは「バナナ」「ロードローラー」であることが多い。

キャラクターデザインは、初音ミクと同様にイラストレーターKEIが担当している。

2007年12月27日初音ミクに続くVOCALOID2 CVシリーズ第2弾「鏡音リン・レン」として発売され、以降もその様式が続いている。
当初はリン単独で発表されていたが、その後にサプライズとしてレンとの同時収録であることが明かされ、多くのユーザーを驚かせた。

ソフトとしての鏡音レン

初音ミクブーム」も中なこともあって当初から多くのユーザーの注を集めた。発売当日にニコニコ動画が長期のメンテナンスにより利用できなくなるというアクシデントがあったものの、多くの動画投稿され、年末年始にかけて大きな盛り上がりを見せた。
発売翌日の12月28日午前8時3分に投稿された【鏡音レン】鏡音レンに鳥の詩を歌ってもらった【ショタロイド】は、12月28日午後10時21分に、投稿からわずか14時間18分で再生数が10万回を突破し、VOCALOID殿堂入りを果たした。これは初音ミクを含めたVOCALOID動画で最速であった。以来、2011年8月1日FREELY TOMORROWexit_nicovideo殿堂入り達成まで3年8カにわたって最速記録を保持し続けていた。

特徴としては、先行して発売された初音ミク較した場合、鏡音リン・レンはクセが強く扱いが難しいとされている。
初期には、その扱いにくさに困惑するユーザーも多かったが、次第に調整方法が確立されてくるにつれて、独特の質も相まって、より豊かで多様な歌唱表現ができることがわかった。
強さや、クセの強さを生かした感情豊かな表現ができる歌は、初音ミクにはい長所である。

初音ミクは各パラメータの調整を行わなくとも、較的そつなく歌うことができるため、初心者から扱いやすい反面、個性に欠けやすく、感情表現が乏しくなりやすい。それに対し、多様な表現が可な一方で手間がかかる鏡音リン・レンは中~上級者向けであると言えるだろう。
レンの場合、当初は既存曲のカバーが多かったが、次第に幅広いジャンルオリジナル曲が発表され、高い評価を得ている。また、ソフトの性質上、鏡音リンとのデュエット曲が数多く発表されている。

クリプトン・フューチャー・メディアによる公式設定等

年齢 14歳 得意ジャンル ダンスロックポップス/歌謡曲演歌ポップ
身長 156cm 得意な曲のテンポ 70~160BPM
体重 47kg 得意な音域 D3~C5

ソフトウェアの詳しい仕組みなどについては、VOCALOIDの項を参照。

音色(歌声)について

鏡音レンの歌は多様な特徴を持っており、それぞれの特徴を活かした、いわゆるガチ曲からネタ曲キャラ曲まで幅広いコンセプトの曲が投稿されている。
の特徴としては、に以下のものが挙げられる。まず挙げられるのが、芯のある強さである。レンの歌はクセが強く、質の調整が難しいという面があるものの、強さという点では他のVOCALOIDに勝るアドバンテージを有している。クセの強さも、活かし方によっては非常に人間らしい歌わせ方をさせることができる。
一方で、透き通るような美しいきのボーイソプラノレンの強みで、多くのファンを獲得している。
また「レンの低音」と呼ばれる低音域の、変わりしたかのような太く男性的に調整された歌も、落ち着いた独特の雰囲気を持っており、一部で根強い支持を得ている。
ちなみに、レンの歌は、こもった様な、あるいは鼻が詰まったようなきになることがあり、その歌を「天使の鼻声」と呼ぶこともある。

レンの場合、女性色をつくった歌をもとにしているため、どうしても音に不安定な部分が多かった。そこで開発元のクリプトン・フューチャー・メディア社は、CV02鏡音リン・レンの再構築作業を進め、2008年7月18日鏡音リン・レンACT2を発売した。ACT2ではライブラリ化されているの音素データの見直しが行われ、音質、音量バランス、パラメーターなどの調整が実施された。これにより、ノイズつなぎでみられたうねりが軽減され、ACT1と較して歌の安定感が増した。だが一方で、滑舌を優先して音質劣化させてしまったという評価は根強く、ACT1の発売停止を惜しむは多い。

鏡音レンAppend

2010年12月27日発売の鏡音リン・レンAppendでは、レンライブラリとして、ACT1・ACT2質をベースとした"power"に加え、「ひんやりとした哀愁を漂わせるやわらかな発音」の"cold"、「くも情感に溢れた、しくシリアスウィスパーボイス」の"serious"の3つが登載されている。いずれも、滑舌や中低音の安定性などが大きく善されている。詳細は、鏡音リン・レンAppendの記事を参照。

タグ検索は、鏡音レンAppendexit_nicovideo

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目・外部リンク

キャラクター関連


動画タグ


VOCALOID関連


その他

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 238ななしのよっしん

    2020/12/22(火) 01:02:17 ID: wOd9alBY1k

    レンリン双子よりもだけどたしかにFireFlower小説版は関係なのになんで設定引っってきたんだよと思ったな

  • 239ななしのよっしん

    2020/12/24(木) 05:35:37 ID: ZLPji0ldlj

    キャラ、なんなら初期ではがくぽも含めて
    家族姉弟とかあらゆる解釈で曲やイラストが描かれてそれらが共存してきたのがボカロだから
    まあ自分で取捨選択するしかないと

    そもそも小説だって解釈の1つに過ぎないんだし気にしすぎだと思うのよね

  • 240削除しました

    削除しました ID: 3qgUDgVFVX

    削除しました

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/12/09(金) 05:00

ほめられた記事

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP